Lenovo YOGA 710 - 単なる派生モデルにあらず!11.6インチキーボード非分離型2 in 1が登場!

公開日: : Lenovo , ,

Lenovo YOGA 710
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。Lenovoのキーボード非分離型11.6インチ2 in 1には「YOGA 700」というのがあり、この製品はウインタブで実機レビューをしています。YOGA 700は10万円を大きく下回る価格(8万円台、セールになると7万円台後半)ながら、バランスがいいミドルスペックの製品でした。そして、Lenovoは新しく「YOGA 710」という上位モデルを発売しました。

スポンサーリンク

型番だけ見ると、「パーツを使いまわした派生モデルでしょ?」と思いがちですが、実際はそうではなく、使いまわしもあるのかもしれませんが筐体は別もの、内部の構成も別ものになっていました。

1.スペック

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Core m5-6Y54
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 11.6インチIPS(1,920 x 1,080)
カメラ: インのみWebカメラ
入出力: USB3.0、microHDMI、オーディオ
ワイヤレス: 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0
バッテリー: 約11時間
サイズ: 281 x 195 x 14.9 mm / 重量 1.04 kg

補足します。YOGA 700を比較対象とします。CPUはCore m5で、YOGA 700のCore m3-6Y30よりもワンランク上、RAMは8GB、ストレージも256GBと、YOGA 700の4GB、128GBよりもレベルアップしています。この時点で処理性能が格段に向上していることが期待できますね。

ディスプレイ解像度は1,920 × 1,080と、11.6インチ、タッチパネル搭載の2 in 1としては標準的なもので、これはYOGA 700と同じです。またWi-Fiも5GHz帯に対応しています。バッテリーの稼働時間も11時間と、YOGA 700の9時間から大きく伸びています。

筐体については後述しますが、スペック表を見て良くも悪くもYOGA 700とは大きく異なっていることがわかりました。まず、サイズは若干ですが、小さく、軽くなっています。

YOGA 710: 281 x 195 x 14.9 mm / 重量 1.04 kg
YOGA 700: 290 x 197 x 15.8 mm / 重量 1.1 kg

この時点でYOGA 700は単なる派生モデルではなく、新筐体が使われていることが分かります。重量についても大きくは違いませんが、モバイルマシンなので若干でも軽くなることは大歓迎ですね。

しかし、いいことばかりではない、というか、Lenovoなりの考えがあってのことだと思うのですが、入出力ポートが大幅に減らされています。YOGA 700にはUSB 3.0が1つとUSB 2.0が2つ装備されていましたが、YOGA 710にはなんとUSB 3.0が1つだけです。しかもUSB Type-Cにもなっていないんです。また、SDスロットもついていません!うーん、どうなんだろう…。一応DC-INがあるので充電によってUSBポートがふさがれることはないですけど、常識的にハブは用意しておいたほうがいいかも…。

2.筐体

Lenovo YOGA 710 ラップトップ
Lenovo YOGA 710 テントモード
ちょっと見た感じ、YOGA 700とほとんど一緒に見えますが、筐体色がシルバーになってますね。キーボード非分離型2 in 1なのでタブレットモードやテントモードへの変形も、もちろん可能です。

Lenovo YOGA 710 天板
天板はこんな感じ。メーカーの製品ページを見ると「狭額縁ですっきりとした画面、ダイヤモンドカットによる美しいエッジデザイン、アルミアルマイトによる美しいプラチナシルバーのカラーを採用しました。」という説明があり、どうやらアルミ筐体が採用されているようです。ちなみにYOGA 700はホワイトのプラスティック筐体です。見た目の高級感はかなりアップしていると思われます。

スポンサーリンク

Lenovo YOGA 710 キーボード
キーボードもYOGA 700とはかなり異なるデザインです。ちなみにこの画像だと英語配列になっていますが、スペック表では「JIS配列」となっているので、日本向け製品は異なるレイアウトになると思われます。

Lenovo YOGA 700 キーボード
これがYOGA 700のキーボードです。これと比較すると、個々のキーが少し大きくなっているようです。パームレストもYOGA 710のほうが小さく見えますよね。

Lenovo YOGA 710 側面
側面の画像です。たしかに全然ポート類がない、というか少ないですね。ここが唯一好みの分かれるところでしょう。ちなみに私はノートPCではマウスを使い、Bluetooth接続があまり好きではないので、USBポートにはマウス用の無線ドングルが常に刺さっていますし、季節要因としてUSB扇風機を常用しているので、これだと足りませんw あと、デジカメの画像転送にもUSBポートは使いますしね。

YOGA 710は入出力ポートが貧弱、というのがたまにキズですが、筐体はかなりレベルアップしていますし、CPU、RAM、ストレージといった性能面でも大きく進歩しています。なので、YOGA 700との価格差が気になるところです。

3.価格など

Lenovo YOGA 710はLenovoの直販サイト限定での販売となっており、価格は

製品版Officeなし:129,900円(税込み)
製品版officeあり:151,200(税込み)

というのが定価ですが、いつも書いているようにLenovoの直販サイトじゃあ定価では買ってはいけませんよ、と…。この記事を書いている7月23日時点で適用される週末クーポンを使うと、

製品版Officeなし:99,792円(税込み、23%オフ)
製品版officeあり:116,424円(税込み、23%オフ)

となります。お、10万円を切ってますね。ちなみに同じ7月23日のYOGA 700のクーポン価格は、

製品版Officeなし:78,980円(税込み、29%オフ)
製品版officeあり:92,988円(税込み、30%オフ)

なので、「うーん、価格差2万円かあ」ということです。予算次第ではありますが、筐体が新しくなり、CPU、RAM、ストレージともレベルアップしていることを考えると、この価格差は妥当というか、むしろやや割安な印象もあります。記事の冒頭でも書きましたが、YOGA 700の試用をしてみて、パッケージングとバランスが非常にいい製品だと評価しているので、YOGA 700にせよ710にせよ、購入検討する価値は高いと思います。

4.関連リンク

【レノボ・ショッピング限定販売】 Lenovo YOGA 710:Lenovo直販サイト
【レノボ・ショッピング限定販売】Lenovo YOGA 700 (11.6型):Lenovo直販サイト

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest promotion-teclast-carnival-sale-special promotion


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑