Lenovo ideapad MIIX 700 - ターゲットはSurface!Lenovoのハイスペック2 in 1、日本発売

公開日: : Lenovo , ,

Lenovo ideapad MIIX 700
LenovoのMIIXといえば、Windows タブレットではビッグネームだと思います。2014年に「艦これタブレット」として大ヒットしたWindows タブレットですが、中心的な位置づけだったのが8インチWindows タブレット「Miix 2 8」でしたよね。その後もMIIXブランドは10インチや11インチで新しい製品が登場し続けています。

スポンサーリンク

今回紹介する「ideapad MIIX 700」はMIIXシリーズのハイエンドと言える製品です。この製品は2015年9月に米国で発表され、ウインタブでも記事にしたことがあります。
Lenovo MIIX 700 - 第6世代のCore m7を搭載した12インチ2 in 1が登場!

それからかなり時間が経過したように思われますが、いよいよ日本でもMIIX 700が販売されることになりました!

1.スペック

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Core m3-6Y30 / Core m5-6Y54
RAM: 4GB / 8GB
ストレージ: 128GB / 256GB SSD
ディスプレイ: 12インチIPS(2,160 × 1,440)※アスペクト比3:2
入出力: USB3.0、USB2.0、microHDMI、microSD、オーディオジャック
カメラ: イン/アウトとも5MP
ネットワーク: 802.11 ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.1
バッテリー稼働時間: 7.5時間 / 7.7時間
サイズ:
(タブレット本体): 292 × 210 × 9 mm / 750g
(キーボード込み): 293 x 224 x 14.5 mm / 1.08kg
※直販モデルを記載
※フォリオキーボード付属

補足します。この製品はCore m機ですね。Skylake世代のCore m3、Core m5を搭載していますが、上記型番であるCore m7やCore iの設定はありません。RAMはCore m3には4GB、Core m5には8GBがセットとなります。ストレージCore m5モデルには256GBが、Core m3モデルには128GB / 256GB双方の設定があります。

ディスプレイはSurface Pro 4の「2,736 x 1,824」には及ばないものの十分に高解像度で、アスペクト比も3:2と、Surface Pro 4と同じです。

筐体については後述しますが、Surface Pro 4の下位モデルを強く意識した構成になっていると思われます。また、この製品は「キーボードが付属」します。つまり、Surface Pro 4がキーボード(タイプカバー)別売りで、キーボードのために1.7万円が必要になるのに対し、この製品は本体価格のみでキーボードも入手できる、ということなので、価格比較の際は注意が必要です。

2.筐体

Lenovo ideapad MIIX 700 2色展開
筐体色は「エボニーブラック」と「シャンパンゴールド」の2色で、直販モデルはエボニーブラックのみ、量販店モデルのみシャンパンゴールドも選べます。

Lenovo ideapad MIIX 700 背面
タブレット本体の背面画像です。キックスタンドがついていて、ヒンジはYOGAシリーズに使われていた「ウォッチバンドヒンジ」ですね。

Lenovo ideapad MIIX 700 背面2
このヒンジの採用により、キックスタンドは「無段階で角度を調整」できるということです。

スポンサーリンク

Lenovo ideapad MIIX 700 上下面
12インチサイズとしては十分に薄型ですね。筐体の下部にはキーボード接続用のコネクターが見えます。

Lenovo ideapad MIIX 700 側面
こちらが側面です。ウオッチバンド・ヒンジはここでもデザイン上のアクセントになっています。また、USBはフルサイズのものが2つ(うちUSB3.0が1つ)ついていますが、充電ポートも兼ねているようで専用のDC-INは見当たりません。

Lenovo ideapad MIIX 700 キーボード
これがフォリオキーボードです。ただ、Surface Pro 4のタイプカバーのように詳細な製品説明がなく、実際の使い勝手がどのくらいなものなのかは不明です。

Lenovo ideapad MIIX 700
ヒンジの形状といい、ディスプレイのアスペクト比といい、この製品は「Surfaceクローン」と言っていいのではないでしょうか?Surfaceの場合は主力モデルがCore iプロセッサーを搭載したモデルになっていると思われますが、この製品はSurfaceのやや下側のレンジをターゲットにしていると言えるでしょう。

3.価格と発売時期

Lenovo ideapad MIIX 700は2月12日から量販店で、2月16日からLenovo直販サイトで販売が開始されます。ビックカメラでは「Core m3、RAM4GB、ストレージ256GB、製品版Officeつき(量販店モデルはこのタイプのみ)」が税抜き159,800円(税込み172,584円、ポイント10%つき」で予約を受け付けています。

このことから、直販モデルの場合、OfficeなしのCore m3、ストレージ128GBだと15万円弱、Core m5モデルだとOfficeなしで17万円程度、Office付きで20万円弱くらいになるのではないか、と思われます。Surface Pro 4のCore m3、RAM4GB、ストレージ128GBモデルがタイプカバーなしで税込み134,784円ですから、実質的には最下位構成だといい勝負か、ややMIIXのほうが低価格、ということになるでしょうか。

また、これまで書いてきた通り、この製品はSurface Pro 4のライバルになりそうなのですが、スペック上ガチ競合しそうなのは最下位構成のみで、それ以外はスペック上競合しないため、予算に合わせて好きなほうを選べる、ということになるでしょう。

しかし、12インチのハイスペック2 in 1というのは今年も大人気になりそうですね。

4.関連リンク

ideapad MIIX 700:Lenovo公式サイト
Lenovo ideapad MIIX 700 シャンパンゴールド:ビックカメラ
icon

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑