Lenovo ideapad 520 - 早くも第8世代のCore i5 / i7を搭載!しかも安い!Lenovoの15.6インチ上級スタンダードノート

Lenovo ideapad 520
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。つい先日、acerがドイツで発表した「Switch 7 Black Edition」の紹介記事を書いたのですが、その際、この製品が第8世代のCore i7と最新の外部GPU「NVIDIA GeForce MX150」を搭載していて、「今年の年末商戦に間に合うかな」なんてことも書きました。でも、Lenovoから国内向けに出ちゃったんですよ、「第8世代Core i5/i7とGeForce MX150搭載のノートPC」が!

スポンサーリンク

これ、めちゃめちゃ早くないですか?しかも予約販売じゃなくて、いま注文すると9月上旬から中旬に届くらしいです。製品はLenovo直販サイト限定モデルの「ideapad 520」で、当初はKabylake(第7世代)のCore iプロセッサーを搭載していたのですが、ウインタブではまだ紹介記事にしていませんので、この機会に最新モデルとして紹介したいと思います。

1.スペック

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Core i5-8250U/i7-8550U
GPU: Intel UHD Graphics 620 / NVIDIA GeForce MX150
RAM: 8GB
ストレージ: 1TB HDD / 256GB SSD
光学ドライブ: DVDスーパーマルチ
ディスプレイ: 15.6インチIPS(1,920 × 1,080)
トワーク: 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
入出力: USB 3.0 × 2、USB 3.0 Type-C、HDMI、オーディオ、SDカードリーダー、LAN(RJ45)
バッテリー: 約6時間
サイズ: 378 x 260 x 22 mm / 2.2 kg

この製品は直販モデルですが、かなりのワイドバリエーションになっています。BTO要素はない一方で、モデル数が非常に多いので、好みの構成を選ぶことができます。ちなみに最下位の構成だと「Core i5/Intel UHD Graphics(CPU内蔵)/RAM8GB/1TB HDD」で、最上位だと「Core i7/GeForce MX150/RAM8GB/256GB SSD」となります。

ここで興味が湧くのが「Core i7-8550U + GeForce MX150」のパフォーマンスですが、当然ウインタブではまだレビューできていませんし、ベンチマークスコアなども出回っていませんので、現状はなんとも言えません。でも、「Core i7-7500U + GeForce 940MX」からの正常進化、と言えるくらいの実力はあるでしょうね。

ディスプレイは15.6インチIPS液晶で解像度はFHDです。ここで、「IPS」と明記されているところに安心感があります。ウインタブ読者はタッチ対応のタブレットや2 in 1(ほぼ全てIPS液晶です)を使っている人も多いと思うので、ノートPCといえども、できればTN液晶ではなく、視野角の広いIPS液晶にしたいところですよね。

スタンダードノートなので、当然光学ドライブもついています。DVDスーパーマルチですからBlu-rayは使えませんけど、レンタルDVDの視聴なんかの際に便利だと思いますよ。

入出力ポートはUSBが合計3つ、HDMI、有線LANがついていますが、D-subはないです。15.6インチなのでUSBポートがもう一つくらいあればなおよかったかな…。光学ドライブを内蔵しているので、配置上難しいかもしれませんけどね。

サイズは結構スリムだと思います。厚さ22 mmというのはスタンダードノートとしては薄いほうで、6時間稼働のバッテリーとあわせ、たまに外出先に持ち出すくらいの気にはなれるでしょう。ちょっと重いですけどね。

2.筐体

Lenovo ideapad 520 筐体正面
わりとトラディショナルなデザインですが、シンプルで美しいです。ThinkPadシリーズの反対、という感じがします。また、この画像、筐体の下部にスピーカーが見えますが、「Harman製ステレオスピーカー」が搭載されているので、音質にも期待できそうです。

スポンサーリンク

Lenovo ideapad 520
天板もシンプル。筐体色が「アイアングレー」というそうで、メタリック感のあるグレーだそうです。筐体素材は不明ですが、おそらくプラスティック製だと思います(なお、バリエーションは少ないですが「ゴールデン」という筐体色もあります)。

Lenovo ideapad 520
キーボードです。画像は英語配列ですが、日本向けモデルは日本語配列(84キー)となります。キーの下部がラウンドしていますね。英語配列を見る限り「Deleteキーが小さいかな」くらいの印象で、特にクセは感じません。15.6インチなんで使いやすいと思います。

Lenovo ideapad 520
あと、細かい話なんですけど、この製品はヒンジが180度開きます。どうしてもないと困る機能ではありませんが、私の経験上、クラムシェルノートでも180度開口できるほうが(打ち合わせのときなど)何かと便利です。

3.価格など

Lenovo ideapad 520はLenovo直販サイトで販売中です。で、価格なんですけど、Lenovoの直販サイトは週末になるとクーポンセールをやるので、平日の価格はあまり参考になりません。なので、この記事では9月2日(土曜日、つまり週末)時点の価格を掲載します。

Core i5/Intel UHD Graphics/RAM8GB/1TB HDD:64,800円
Core i5/Intel UHD Graphics/RAM8GB/256GB SSD:83,570円
Core i5/GeForce MX150/RAM8GB/256GB SSD:88,695円
Core i7/GeForce MX150/RAM8GB/256GB SSD:100,127円
※税込価格
※第7世代のCPUを搭載するモデルも併売されていますので、ご注意下さい

なんか、最新スペックの製品なんですけど、すでにクーポン割引が開始されていて、かなり割安感があります。Core i7+GeForceだと10万円を越えちゃいますけど、逆に言えば10万円そこそこでこれだけの製品が買える、というのは驚異的だと思います。

ある程度予算が確保されていて、しかも新しいもの好き、という人には最高の製品かもしれませんね。また、新しいもの好きではなくとも、CPUに関してはできるだけ新しいモデルにしたい、という人も多いでしょうから、先行者利益って言うんでしょうか、かなり人気が出そうな気がします。

4.関連リンク(Lenovo)

【レノボ・ショッピング限定販売】Lenovo ideapad 520

スポンサーリンク

Comment

  1. グラボを搭載してもしなくても重量は変わらないのでしょうか?

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑