VORKE V5 - ミニPC用のベアボーンキット、自作初心者にもいいかもしれません

公開日: : 輸入製品 ,

VORKE V5
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中国メーカーのVORKEはウインタブではおなじみの中国通販「geekbuying」と同系列の会社で、WindowsのミニPCなどを作っています。geekbuyingと同系列ということなので、ウインタブでも過去にミニPC「VORKE V1 Plus」の実機レビューをしたことがあります。また、VORKEはベアボーンキットも手がけています。ベアボーンキットというのはPCの自作の際に使われる、「ケースとマザーボード、電源がセットになっているもの」で、そのままではPCとしては使えません。ものによってCPUやRAMがあらかじめ取り付けられていたりもして、スクラッチでPCを自作するよりも容易に組み立てができます。

スポンサーリンク

今回紹介する「VORKE V5」もベアボーンで、あらかじめCPUが取り付けられています。もっと言うと、「RAMとストレージ、そしてOSを別途調達すればPCとして使える」、半完成品のPCということができます。

1.スペック

VORKE V5 スペック表
ご覧のようにズラッと「なし」が並んでしまっています。完成品のPCを基準にして書くと、「OSとRAM、ストレージが足りない」ということになります。CPUはKabylake世代のCeleron 3865Uで、Passmarkが公開しているベンチマークスコアを見てみると、

Celeron 3865U: 1,852
Celeron N3450: 1,789
Celeron N3350: 1,124
Core i3-7100U: 3,786
※12月14日現在のPassmark公表値
※数値が大きいほど高性能

こんな感じです。ウインタブではおなじみのApollo Lake世代のCeleron N3450といい勝負、N3350よりはずっと高性能ですが、Core i3には遠く及びません。したがってこの製品の実力は「パソコンとしてエントリークラス」と捉えることができると思います。しかし、Atom Z8350とか、日本のエントリークラスのノートPCによく使われているCeleron N3350よりは高い実力がある、ということはできます。

OSとRAMとストレージは別途用意する必要がありますが、OSはLinuxでも大丈夫です。また、CPU性能から考えて、当初RAMは4GB、ストレージは128GBくらいで手を打っておくとして、これらをAmazonで購入する場合、RAMは7千円くらい、SSDは1万円くらいで手に入ります(もちろんピンキリです)ので、ざっと2万円弱くらいの追加支払いが発生します。これにパッケージ版のWindows 10を加えると3万5千円~4万円弱くらいが必要ですね。

この製品の12月14日時点での価格は169.99ドル(19,884円)ですから、手持ちのPCパーツがないと仮定した場合、完動品にするためにはトータルで5万円~6万円くらいの出費になります。個人的にはこのくらいまで支払うのであれば最初から完成品のPCを購入したほうが経済的だと思います。なので、この製品は「自作マインド」のある人向けだと考えるべきでしょう。

ただ、ベアボーンなのでマザーボードは組み込まれています。そのため、入出力ポートはすでに備わっており、USBポートが合計で4つ、HDMIやDisplayPort、有線LANなど、ミニPCとしては充実したポート類を装備します。

スポンサーリンク

サイズ感も悪くない、というかミニPCらしくコンパクトサイズですね。だいたい13センチ四方、って感じです。自作用のミニPCベアボーンキットはドスパラなどでも販売されていて、最近は結構人気があるようです。
ベアボーンキット:ドスパラ

2.筐体

VORKE V5 筐体
なんかVORKEらしい、といいますか、V1 Plusに似た「丸みのある正方形」です。ただ、画像を見る限り側面は金属素材が使われているようなので、V1 Plusよりはしっかりしているんだろうと思います。

VORKE V5 上面
VORKE V5 左側面
入出力ポートの配置です。天板にあるロゴマークを基準にして上面(上の画像)と左側面(下の画像)にポート類があり、それ以外の面には何もありません。

VORKE V5 底面
底面です。メンテナンスはここを開口して行うのでしょう。この製品は筐体を開口しないと話になりませんからね。

3.価格など

VORKE V5は中国の通販サイトgeekbuyingでプレオーダー(予約販売)中で、12月14日現在の価格は169.99ドル(19,884円)です。

記事中にも書きましたが、この製品を完成品PCと同じ感覚で捉えてしまうとかなり割高となります。ほぼ互角のCPU性能となるCelron J3455を搭載し、OSもRAMもストレージもセットされるV1 Plusが同価格ですから。

ただ、以前ドスパラのスタッフの方に「価格を重視するなら自作なんてしませんよ。自作PCは自作を楽しみたい人が買うものです。」と言われたことがあります。なので、この製品の価格が高いと連呼するのは妥当ではないと思います。PCの自作経験のある人ならパッケージ版のWindowsは持ってるんでしょうし、RAMやストレージについても規格が合えば古いPCから使い回せばいいですし、この機会にパーツを購入したとしても、それらのパーツは「この製品止まり」じゃないでしょうから、単に一度の自作だけを前提にすると高くついても、その後また長くいろいろな楽しみ方ができるでしょう。

4.関連リンク

VORKE V5:geekbuying

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑