Teclast TBook 16 Power - 11.6インチのSurfaceタイプ 2 in 1、RAM8GB搭載でAtom機最高スペックか?

公開日: : 輸入製品 ,

Teclast TBook 16 Power
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)中国メーカー「Teclast」は、Windows タブレットとして、実は世界最多なんじゃないか、と思うくらい多くのディスプレイサイズを揃えています。11.6インチサイズのTBook 16だと、最近では「TBook 16 S」と「TBook 16 Pro」という2つの新機種が発売されていまして、ほぼ同スペックながら前者はSurfaceタイプの2 in 1、後者はヒンジつきのキーボードを用意した、日本で言うとTransBook T100系に近いコンセプトの2 in 1です。後者はウインタブでも実機レビューをしていますし、日本でもかなり人気がある製品だと思うのですが、前者のほうはほとんど話題にもならずにいます。また、最近だとTBook 16 SのほうはGearbestには在庫があるものの専用キーボードは販売されておらず、Banggoodとgeekbuyingだと本体は在庫切れ、専用キーボードのみ販売されているというチグハグな状態になっていて、「このまま終売なのかな」とも思えます。

スポンサーリンク

しかし、先日、geekbuyingで「TBook 16 Power」という、「TBook 16 S」とほぼ同じ外観の製品のプレセールが開始されました。スペックを確認してみると、なかなかの高性能マシンのようです。

1.スペック

OS: Windows 10 + Android 6.0
CPU: Intel Atom X7-Z8750
RAM: 8GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 11.6インチIPS(1,920 x 1,080)
ネットワーク:  802.11 b/g/n/、Bluetooth
カメラ: イン2MP / アウト5MP
入出力: USB 3.0、USB Type-C、microHDMI、microSD、オーディオ、DC-IN
バッテリー: 8,500mAh
サイズ: 303 x 179.5 x 10.1 mm / 887.1 g

スペックはかなり新しいです。OSですが、これまでの中国製品のデュアルブートはWindows 10とAndroid 5.1(もしくはAndroid 5.1ベースのRemix OS 2.0)というケースがほとんどでしたが、この製品はAndroid 6.0になっています。また、CPUはAtomの中でも最上位のx7-Z8750なので、一般的に使われているZ8300よりは数段高性能です。これに組み合わせれるRAMも8GBあり、「そこまで必要か?」と思えるくらいです。Z8750であればCeleron N3150(3160)あたりと比較しても勝るとも劣らないパフォーマンスが出るはずなので、RAM8GBを有効に使いこなせるのかもしれません。この製品のスペックは「Atom機で最高」といってもいいと思います。

それ以外はおおむねTBook 16 Sと同じですが、入出力ポートがレベルアップしていて、フルサイズUSB 3.0とUSB Type-Cが装備されます。このクラスのSurfaceタイプとしてはかなり優秀な方ですね。

あと、この製品はスタイラスペンがオプションで用意されますが、筆圧対応しているのかどうか、現時点でははっきりしたことがわかりません。ちなみにTbook 16 Sは専用のスタイラスペンで筆圧対応の入力が可能でした。

また、製品画像を見るとTBook 16 S用と思われる専用キーボード(Surfaceでいうタイプカバー)が装着されており、おそらくTBook 16 Sのものがそのまま使いまわせると思われますが、メーカーからもgeekbuyingからも説明がなく、別途問い合わせる必要がありそうです。ちなみに筺体サイズはTBook 16 Sにかなり近いのですが、ミリ単位での相違があります。

スポンサーリンク

2.筺体

Teclast TBook 16 Power 筺体
筺体はTBook 16 Sと見分けがつきません。もっというと、メーカーは大部分TBook 16 Sと同じ製品画像を使いまわしているようです。とはいえ「TBook 16 Sなんて知らねえよ!」という人もいると思うので、一応説明します。

上の画像の通り、TBook 16 Powerは本体にキックスタンドを備えたタブレットで、見た目はほぼSurfaceそのものです。

Teclast TBook 16 Power キックスタンド
Surfaceタイプの製品は日本国内でもたくさん販売されていて、たいていの場合、キックスタンドの形状が異なるなど、独自性のあるデザインとなっていますが、TBook 16 Powerの場合、キックスタンドもSurfaceそっくりで、ちょっと見ただけだとSurfaceそのものに見えてしまいます。

Teclast TBook 16 Power キックスタンド調整
上の画像を見るとキックスタンドは無段階もしくは無段階に近いレベルの多段階で角度調整が可能なので、かなり使い勝手はいいと思います。また、筺体はCNC加工の金属製(おそらくアルミ合金)で、フレーム部分はマグナリウム(マグネシウムとアルミニウムの合金化合物)製ということが公表されています。Teclast製品は一般に筺体の質感がよく、この製品に関しても少なくとも見た目はSurfaceに大きく劣らないくらいの質感を備えていると思われます。

実際、TBook 16 Proの実機レビューでは筺体品質が極めて高いことが確認できています(ただし、キーボードに僅かな歪みがありました)ので、Teclast製品ならば価格以上の品質は保てていると考えてもいいでしょう。

3.価格など

Teclast TBook 16 Powerは中国の通販サイト「geekbuying」でプレセール中で、プレセール終了は11月30日頃となっていますので、配送は12月に入ってから開始されると思います。価格はキーボードを含まずに349.99ドル(約37,000円)です。この価格は中国のAtom機としては高額な部類に入り、キーボードをつけると日本円で4万円以上となります。

しかし、CPUがZ8750であること、またRAMが8GB搭載されていることを考慮すれば割高とは言えません。簡単に言うとCPUが2ランクアップしてRAMが倍増されて1万円強の価格アップ、みたいな話なので、個人的には妥当かな、と思います。

4.関連リンク

Teclast Tbook 16 Power Tablet PC:geekbuying

Comment

  1. 匿名 より:

    Tbook16 Proのレビューは見たことあるけどTbook16 Sのレビューは見たこと無い。だからどんなものかイマイチわからない。(なぜレビュー無いのかも気になる)
    特にキックスタンドとキーボードがProとSでは違うので出来が非常に気になる。
    後はストレージが64GBのeMMCなのでせっかく8GBのメモリ積んでも拡張性が無く遅い。
    8GBの処理させるには正直使いにくいと思う。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。そうですよね、8GB使いこなす場面って日常利用だと少ないですしね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest Easter promotion

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑