Jumper EZPad 6 - 11.6インチ、キーボード分離型2 in 1、かなりノートPCっぽいデザイン

公開日: : 輸入製品 ,

Jumper EZpad 6
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中国タブレットは、明らかに専用キーボードとセットで使うことを想定している製品でも、ほとんどの場合「別売り」です。ただ別売りならいいんですけど、タブレットが先に発売されて、その後かなり時間が経ってからキーボードが追加で販売されるケースも多く、「なんだかなあ」と思うこともしばしばです。

スポンサーリンク

読者のみなさんはどう考えるかわかりませんけど、私ならキーボードセットで使うことが当然のようにして販売されているなら、キーボードが一緒に手に入らないという時点で買うのをやめちゃいますね。最低でもキーボードがいつ発売されるのか、くらいの情報はほしいところです。

今回紹介するJumper EZPad 6についても、製品ページは結構前から存在しているのを知ってたんですけど、キーボードの情報が全然取れないんで記事にしてませんでした。スペックが特殊だったりすると「早く記事にしなくちゃ!」って思うんですけどね。

1.スペック

OS: Windows 10 64ビット
CPU: Intel Atom X5-Z8350
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB eMMC
ディスプレイ: 11.6インチIPS(1,920 × 1,080)
ネットワーク:  802.11b/g/n、Bluetooth
カメラ: インのみ2MP
入出力: microUSB、microHDMI、DC-IN、オーディオ、microSD
(キーボード側にUSB 2.0 × 2)
バッテリー: 7,000mAh、5時間
サイズ: 
(タブレット)290 x 180 x 10 mm / 重量 700 g
(キーボード)サイズ不明 / 重量670 g

OSはJumperらしくWindowsのみのシングルブートです。デュアルブートを期待する人も多いと思いますが、逆に中国製品の購入経験がある人だとシングルブート機のほうが好み、というケースも多いかもしれません。

CPU、RAM、ストレージは「中華のお約束」という感じですね。最近は中国製品でもAtomではなく、Apollo Lake世代のCeleronやPentiumを搭載した製品が登場し始めているので、少し新鮮味がないかも。とはいえ、Z8300のリファイン版であるZ8350ですし、「お約束」といいながら、決して不満が出るようなものでもありません。

ディスプレイはタブレットとしては少し大きめですね。解像度もFHDですし、この製品の場合はノートPC形態で使う頻度が高いと思われるので、ちょうどいいサイズと言えるかもしれません。11.6インチあればキーボード入力がかなり快適になりますから。

ポート類はタブレット本体だとかなり不足気味です。11.6インチと大型なので、もう少し頑張ってフルサイズのUSBポートを一つくらいは装備してほしかったところです。しかし、キーボード側にUSBポートが2つあり、キーボード込みでの拡張性や使い勝手は合格点をあげられると思います。

あと、サイズですが、キーボード込みで1.4 kg弱となっており、モバイル性は確保されていると思いますが、11.6インチとしてはちょっと重いですね。

スポンサーリンク

2.筺体

Jumper EZpad 6 筺体
トップ画像を見て、「いやこれEZPadじゃなくてEZBookじゃないの?」と思いました。それくらいJumperのEZBook 2によく似ています。また、この画像を見るとキーボードは物理接続であることがわかります。

Jumper EZpad 6 キーボード
すいません、geekbuyingのロゴが入っていて少し見にくいですね。しかし、6列キーボードなので、キー数はしっかり確保されていると思いますし、キーのサイズも悪くなさそうな気がします。

Jumper EZpad 6 正面と側面
タブレット本体前面と側面です。前面にはWindowsボタンはありません。また、側面を見てもポート類がかなり少ないことがわかります。

キーボードをセットしたときのデザインは結構いい感じかな、と思います。シルバーの筺体でJumperのEZBook 2そっくりの、クラムシェルノートっぽく見えますよね。

3.価格と発売時期

Jumper EZPad 6は中国の通販サイト「Gearbest」および「geekubuying」で販売中です。この記事を書いている12月13日時点ではGearbestの価格が179.99ドル(18,698円)、geekbuyingが199.99ドル(約23,000円)と、Gearbestのほうが安いことは安いんですが、Gearbestではキーボードを販売しておらず、geekbuyingのみでキーボードが販売されている(51.79ドル、約5,980円)という状況です。

個人的にはJumper製品はいろんな意味で「中華らしい」と思っています。ベンチマークテストをやると概して好成績な反面、筺体の仕上げがイマイチだったりして、なんか憎めないです。しかし、そうはいっても徐々に品質を向上させているのも事実、この製品も従来のJumperより確実に高品質なんだろうなあ、と勝手に思ったりしていますが、それはそれで少し寂しいかな、とw

4.関連リンク

Jumper EZpad 6:Gearbest
Jumper EZpad 6:geekbuying
Original Jumper EZpad 6 Magnetic Docking Keyboard:geekbuying

Comment

  1. kinji sumimori より:

    あれ? どこにもデジタイザについての記載がないですね。
    このEZPadシリーズからデジタイザ取ったら、ただのタブレットですよ。魅力半減どころの騒ぎじゃないです。製品歩留まりの悪さとかで仕様から外されちゃったんでしょうか。5SEユーザとしては、Core m版かapollolake版の後継機種を期待していただけに残念です。

    • wintab より:

      kinji sumimoriさん、こんにちは、コメントありがとうございます。中華の場合、筆圧に関する言及がほとんどなくて、5SEのときも実機レビューでデジタイザーがついてるのをはじめて知った、というくらいです。なので、この製品がどうなるのかよくわかりません。

  2. 匿名 より:

    前モデルも5Sと5SEがあって5SEがデジタイザ対応だったので後から6E出るのかな?
    ノートPCとはいえLGが15.6インチで930gのもの出してきているのでタブレットもうちょい軽くして欲しい。
    最初JUMPER見たとき激安すげーって思ったけど人間はどんどん贅沢になってると感じるこの頃。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。Jumperの場合、独特の中華らしさがあって、ある意味「味がある」という気もします。6のデジタイザー、実際どうなんですかね?あるいはご想像のとおりになるのか?

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest セール


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑