Jumper EZBook i7 ー 14.1インチモバイルノートにCore i7を搭載!大丈夫なのか?Jumper

公開日: : 輸入製品 ,

Jumper Ezbook i7
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回紹介する「Jumper Ezbook i7」については製品紹介より先にセール情報記事などで取り上げたことがあります。ただ、「EZBookにCore i7ってどうなのよ?」という、若干ネガティブな印象があり、紹介記事そのものは書いていませんでした。しかし、私の主観はどうでもいいことですし、日本にはJumper製品を愛用している人も多いと思うので、できる限り詳細を確認してみたいと思います。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Windows 10
CPU: Intel Core i7-4500U
RAM: 4GB
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 14インチIPS(1,920 × 1,080)
ネットワーク:  802.11 a/b/g、Bluetooth 4.0
カメラ: インのみ0.3MP
入出力: USB 3.0、USB 2.0、miniHDMI、SDスロット、LAN(RJ45)、オーディオ、DC-IN
バッテリー: 4,000mAh
サイズ:  346.5 x 229.5 x 24 mm / 1.44 kg

この製品は4月14日現在、中国の通販サイト「geekbuying」と「Gearbest」に製品ページが存在し、Jumperの直販サイトと思われるJD.comの「中柏 Jumper旗舰店」にもページがあります。geekbuyingとGearbestに掲載されているスペック表は全く同じものなので、Jumperから提供されたスペック表を使用していると思われます。ただ、JD.comにあるスペック表とは若干の差異がありますので、その点についても説明していきます。

まず、OSですが、geekbuyingやGearbestで販売されるものについてはWindows 10 Homeとなりますが、中国国内向けのプリインストールOSはUbuntuのようです。ただ、geekbuyingやGearbestで購入する場合は確実にWindowsが入っているはず(もしOSが違うということになれば信用問題っすね)なので、これは心配いらないと思います。

CPUはCore i7ですが、世代はHaswell(最新のKabylakeの3世代前)であることに注意が必要です。もちろん品質という点ではHaswellであっても何ら問題はありませんが、「2017年時点でのCore i7として期待されるパフォーマンス」が発揮できるか、ということについては少し心配になりますよね。Passmarkが公表しているベンチマークスコアだとこんな感じです。

Core i7-4500U(これです): 3,784
Core i7-6500U(Skylake): 4,400
Core i7-7500U(Kabylake): 5,245
Core i5-7200U(Kabylake): 4,713
Core i3-7100U(Kabylake): 3,850
※4月14日現在のPassmark公表値。数値が大きい方が高性能

PassmarkのスコアでCPU性能が完全に説明できるわけではありませんので、参考として考えて下さい。公表値によれば、この製品に搭載されているCore i7はKabylake世代のCore iだと「Core i3クラス」ということになります。そのため、AtomやCeleronよりもずっと高性能であることは間違いないと思いますが、2017年の新製品としてはCore i7という名称から期待される性能ではない、という可能性が高いです。

RAMは4GBでストレージは128 GBですが、eMMCではなくSSDです。そのため、ストレージへのアクセスはかなり快適です。また、ディスプレイですが、geekbuyingとGearbestでは「14.1インチ」JD.comでは「14.0インチ」と表記されていました。これって表記ルールの違い(つまり、中国国内向けと国外向けで異なる表記ルールになっている)なのかな、と思いましたが、詳しい事情は不明です。ただ、個人的にはどっちでもいいですねw 解像度はFHDですから、標準的というか、このクラスの水準はクリアできていると思います。

次にWi-Fiですが、geekbuyingとGearbestでは802.11 a/b/g、JD.comでは802.11 b/g/nとなっていました。これも真相は不明ですが、「b/g/n」じゃないかな、と思いますし、購入される場合は「Wi-Fiは2.4GHz帯のみ」と考えておいたほうが安全だと思います。

サイズ等、他のポイントについてはこのあと説明します。

2.筺体

Jumper Ezbook i7 筺体
この製品の筺体画像ですが、私にしてみれば「この画像が誤解のもと」になってました。つまり、見た目がAtom機である「EZBook 2」やApollo Lake機である「EZBook 3」にそっくりなんで、 エントリークラスの筺体を使ってCPUを載せ替えただけ、みたいな印象を持ってしまったんです。

スポンサーリンク

Jumper Ezbook i7 筺体2
しかし、「ん?なんかキーボード面が立体的じゃね?」と思いませんか?

Jumper Ezbook i7 キーボード
中国語なのでよく理解できませんが、キーはフラットなタイプではなく、エルゴノミクス(キートップにくぼみがある)タイプです。当然他のEZBookとは異なる、凝った仕上げと言えます。

Jumper Ezbook i7 各部名称
入出力ポートもビジネスを意識したものに変更されています。まず、有線LANポート(RJ45)がつきました。またSDカードはmicro規格ではなく、フル規格です。特にRJ45を装備してきた、というのはすごいというか、単にEZBook 2のCPU載せ替えだけじゃない、ということがわかります。

Jumper Ezbook i7 展開図
筺体サイズについてはgeekbuying & Gearbestの数値とJD.comの数値は異なります。

JD.com: 350 × 234 × 24 mm / 1.6 kg
geekbuying: 346.5 x 229.5 x 17.6 mm / 1.6 kg

特に厚みに大きな差がありますが、私が画像を見て想像するに、JD.comの数値のほうが正しいと思います。明らかに厚みがありますよね。また、Core i7搭載ということで冷却ファンが必須のはずですから、Atom機のように簡単には薄型にできないはずです。

Jumper Ezbook i7 背面
これが底面の画像なんですけど、通気口がないです。大丈夫なのかなあ…。キーボードといい、入出力ポートといい、他のEZBookシリーズよりも明らかに凝った内容になっているので、大丈夫だとは思いますけどね。

3.価格など

Jumper EZBook i7は中国の通販サイトgeekbuyingとGearbestで販売中(Gearbestは4月21日までプレセール)で、価格はgeekbuyingが圧倒的に安くなっています。また、geekbuyingでは4月30日まで有効のクーポン「UMPEBI7」を使用すると449.99ドル(約49,000円)まで安くなります。

Core i7搭載のモバイルノートで5万円を下回る、というのは間違いなく激安価格と言えますが、スペックのところで説明したとおり、Core i7-4500UというCPUは2017年水準ではやや性能が劣り、最新のCore i7-7500UやSkylake世代のCore i7-6500Uなどと同等の性能にはならない、ということに注意しましょう。ただ、筺体品質は確実に向上しており、単に格安ノートのCPU換装版ではないということもあって、かなりコスパがよさそう、とは感じます。

4.関連リンク

Jumper Ezbook i7:geekbuying
クーポンコード「UMPEBI7」(4月30日まで)

Comment

  1. なんでこんな古いCPUを載せてるのか意図が理解できないです。在庫のあるパーツを流用した感じ?

    • wintab より:

      PYUさん、こんにちは、コメントありがとうございます。多分そうか、あるいは調達が安くできたか、ということか、と。

  2. NIA より:

    いや、エイプリールフールは終わったんですが?どうしたJumper w

    • wintab より:

      NIAさん、こんにちは、コメントありがとうございます。いやこれエイプリルフールじゃなくて本当に発売されてるから…。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest セール


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑