Jumper EZbook 3 Plus - 14インチ、Core m搭載のハイスペック中華ノート、Jumperがんばってるじゃん!

公開日: : 輸入製品 ,

Jumper EZBook 3 Plus
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中国メーカー「Jumper(中柏)」のEZBookといえば日本でも中華製品に関心のある人の間で有名だと思います。昨年は「EZBook 2」が、今年は「EZBook 3」と「EZBook 3 Pro」が軽量で格安、そして「使えるスペック」の中華ノートとして人気となっています。

スポンサーリンク

ただ、このEZBookシリーズ、めちゃめちゃ派生モデルが多いですし、ほんの少し型番が変わるだけで全然別物になってしまう(ちなみにEZBook 3は14.1インチ、EZBook 3 Proは13.3インチ)上、見た目はよく似ているので、かなり混乱してしまいます。

今回紹介する「EZBook 3 Plus」は「14インチ」です。本当にそうなのかはわかりませんが、EZBook 3の14.1インチとは「0.1インチ」サイズが異なりますw そして見た目も少し異なりますし、何よりもシステム構成が全然違います。価格次第では日本でめちゃめちゃ売れそうなスペックですよ!

1.スペック

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core m3-7Y30
RAM: 8GB
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 14インチ(1,920 x 1,080)
ネットワーク:  802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
カメラ: インのみ2MP
入出力: USB 3.0 × 2、microHDMI、オーディオ、microSD、DC-IN
バッテリー: 9,600mAh
サイズ: 332 x 222 x 13.7 mm / 1.3 kg

この製品はCPUにApollo LakeのCeleronではなく、Kabylake世代のCore m3を搭載します。またRAMは8GBありますし、ストレージはeMMCではなくSSDで128GBあります。つまり、EZBook 3とは完全に別世界の性能を発揮できるスペックになっています。

また、このへんから少し情報が錯綜するのですが、ストレージについてはAliexpressのJumper Official Store(メーカー直販サイトと思われます)に「SSD can be replaced with the one of larger capacity by customer themselves. Max to 512GB. (Compatible type: 2242 M.2 SATA)」という記載がありました。つまり、DIYによってSSDの「換装」ができるということになります。しかし、Gearbestにもgeekbuyingにもその記載はなく、現時点でこの説明の意味するところを素直に受け取らないほうが安全のような気がします。EZBook 3 Proのように製造ロットによってハードウェアの構造が異なるケースもありましたし。

ディスプレイは14インチのFHD解像度ですが、IPSという表記はどこにも見当たりませんでした。製品の「格」を考えればIPSであろうと思いますが、中華の世界は奥が深いので、少し待って情報を得ておく必要がありそうです(一応geekbuyingには問い合わせておきます)。

また、ポート類ではもともとEZBook 3の頃からUSBポートは2つだったのですが、USB 2.0というのがなくなり、USB 3.0 × 2という構成になりました。これもポートの数と製品のスペックから見て当然の改善と言えるでしょう。

Jumper EZBook 3 Plus 特徴
この製品のセールスポイントはこのようにまとめられます。ここまで書いてこなかったのですが、筐体は「オールアルミ」になりました。直近ではEZBook 3 Proが13.3インチながらオールアルミの筐体で、質感も非常に高かったのですが、おそらくそれと同じイメージになっていると思われます。

2.筐体

Jumper EZBook 3 Plus 筐体
筐体が持つ雰囲気は「EZBookシリーズそのもの」です。ということは「MacBookにインスパイアされました、ええ、とても」というデザインになります。筐体素材は上に記載の通りオールアルミです。また、筐体の薄型化が進んでまして、厚さわずか13.7 mmとなっています(重量は1.3 kg)。

スポンサーリンク

Jumper EZBook 3 Plus 天板
天板もいつもどおりのJumperですね。筐体のエッジ部分にはダイヤモンドカット加工が施されているようです。

Jumper EZBook 3 Plus キーボード
ただし、キー配列は大きく変わりました。

Jumper EZBooK 3 キーボード
参考としてEZBook 3のキーボード画像も掲載します。すぐに気づく違いとして、「Enterキーの右側に一列追加」と「タッチパッドが大型化」というのがあります。EZBook 3は私が実機レビューした際、打鍵感が少し安っぽいものの、不足しているキーも見当たらず、価格なりによくできたキーボードだと評価したのですが、EZBook 3 Plusはどんな感じになるんでしょうかね?

Jumper EZBook 3 Plus
展開図です。この画像が物議をかもしそうな気がします。底面にスロットのようなものがありますよね。Chuwi LapBook 12.3によく似ていて、Chuwiの場合はこれがSSD増設スロットだったのですが、この製品は「SSD換装用のメンテナンス用開口部」ということになるのかもしれません。ただ、この画像もAliexpressのJumper Official Storeにしか掲載されておらず、現時点で詳しい情報はありません。

3.価格など

Jumper EZBook 3 Plusは中国の通販サイト「geekbuying」と「Gearbest」に製品ページがあり、geekbuyingは「Arrival Notice(まだ発売前)」というステイタスで参考価格が579.99ドル(65,657円)、Gearbestはプレセール中で価格が439.99ドル(48,833円)となっています。Gearbestのプレセールは8月10日に終了することになっていますが、直販サイトと思われるAliexpressのJumper Official Storeでさえ「8月28日から出荷可能」になっていますので、Gearbestのスケジューリングは正直あまり信用できないです

そして、私が知る限りJumper製品に関してはgeekbuyingのほうが(価格面とは別に)新製品の入荷が早いことが多いです。そのgeekbuyingでプレセールすら開始していない状態でGearbestが出荷できるとは思えません。

また、この製品については「SSDの換装」と「ディスプレイ品質」についてもう少し情報を入手する必要があると思っています。実際「EZBook 3 Pro」のM.2 スロットについてはウインタブとして提供した情報が二転三転してしまい、読者にご迷惑をおかけしましたし。

Gearbestによればこのスペックで5万円を切る価格で購入できるということなので、読者のみなさんにとっても注目製品になるでしょう。なので、この先積極的に情報を入手し、いち早く最新情報をお届けできるようにしたいと思っています。

4.関連リンク

Jumper EZbook 3 Plus:Aliexpress
Jumper EZbook 3 Plus:geekbuying
Jumper EZbook 3 Plus:Gearbest

Comment

  1. 匿名 より:

    core m欲しいけどcore mになると値段跳ね上がるのが悩ましいですね。また省電力モバイルノートはtype-cで充電出来るかどうかもアダプタ持ち運ばないで済むので自分としては気になるところです。(特に中華は電源の形違うので変換機も持ち運ぶ事になるし)

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。遅レスすみません。Core mとかCore i搭載機になると絶対的な価格が上がってしまうので、もはや中華、中華、と言って気軽に買うのが難しくなりますよね。あと、Type-Cの仕様については、私も「使ってみないとわからない」感じです。

  2. 匿名2 より:

    core m , Windows , ファンレス で 4k / 60Hz で外部ディスプレイに接続できるものをご存知ありませんか。(ミニPC、ノートPC、タブレット、なんでも構いません)

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。すみません、ウインタブでは外部ディスプレイ接続をレビューでテストしておらず、またレビュー機をずっと手元に置くことも少ないため、お役に立てるご回答ができません。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑