CUBE Thinker - 13.5インチモバイルノート、これがCubeのハイエンド機となるか?

公開日: : 輸入製品 ,

Cube Thinker
こんにちは、ウイン豚(@WTab8)です。中国メーカーの中でもCubeは「i7シリーズ」と「Mix Plus」という、デジタイザー搭載のCore mタブレットを作っていて、非Atom機でも健闘しているイメージがあります。Mix Plusについては、300ドル強で購入できるというコスパのよさもあり、日本でも人気が出ていると思われます。

スポンサーリンク

そのCubeが、おそらく直近のフラッグシップモデルと言ってよさそうな、ハイスペックのクラムシェルノート「Thinker」を発売します。Cubeではこの製品にかなり力を入れていて、専用ドメインの特設サイトを開設しており、「4月10日10:00予約開始」とのことです。またGearbestでは早くも製品ページができていました。

1.スペック

OS: Windows 10
CPU: Intel Core m3-7Y30(Kabylake)
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB
ディスプレイ: 13.5インチIPS(3,000 × 2,000)
ネットワーク:  802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
カメラ: インのみ2MP
入出力: USB 3.0 × 2、USB Type-C、オーディオ、DC-IN
バッテリー: 5,000mAh
サイズ: 312.3 x 238 x 15.45 mm / 1.5 kg

スペックはかなりのものです。CPUはKabylake世代のCore m3、RAMは8GB、ストレージは256GB SSD、そしてディスプレイは13.5インチでなんと解像度3,000 × 2,000(Surface Bookと同じですね)です。このスペックであればビジネスモバイルとしても十分すぎるくらいの性能を発揮してくれるでしょう。いっそCPUをCore i5とかi7に、という気もしないではないですが、Core mとCore iだと基板系の設計も異なると思われ、i7やMix plusでノウハウのあるCore mを選んだ、ということかもしれませんし、省電力(ファンレスかどうかはわかりません)性を意識したのかもしれません。

また、中華製品にありがちな「貧弱なWi-Fi」というのもこの製品には当てはまりません。ちゃんとa/ac規格にも対応しています。あと、入出力系に関してはフルサイズ(Type-A)USB 3.0ポートを2つ装備するほか、USB Type-Cもついていますが、「そのかわり」HDMIはありません。また、どうやらSDスロットもありませんね。

サイズについては、厚さ15.45 mmは素晴らしいとして、重量1.5 kgというのはイマイチかな、と思います。「盛ってなければ」これでもいいんですけど、モバイルノートなのでもう少し軽いとさらに好評価でしたね。

2.筺体

Cube Thinker
筺体は「全金属(オールメタル)」です。また、ウインタブ読者から評価の低かった天板の「かなり目立つ」簡体字中国語ロゴがなくなり、ごらんのようにシンプルなものになっています。このほうが日本人受けはすると思います。

スポンサーリンク

Cube Thinker
指紋認証(Windows Hello)にも対応しています。タッチパッド左上に指紋センサーがついていますね。

Cube Thinker 筺体
これ、写真の撮りかただと思うんですが、アスペクト比が3:2ということもあり、少し縦に長く見えますね。

Cube Thinker ベゼル
この画像を見るとベゼル幅も比較的細めと思われます。あと、キーボードが英語配列なのは当然として、キー数がちょっと少なめ(78キー)ですかね…。

3.価格など

Cube Thinkerは中国の通販サイト「Gearbest」で「Arrival Notice」のステイタスになっています。記事の冒頭に書いたとおり、Cubeの公式サイトでも「4月10日10:00予約開始」となっているので、プレセールもそのくらいの時期に開始されると思います。Gearbestでの参考価格は873.79ドル(100,203円)となっていますが、Arrival Noticeの価格というのはあまり参考にはなりません。また、Cubeの公式サイトでは3,999元(約65,000円)となっているので、Gearbestなどの通販サイトでもそれに近い価格か、若干高めの価格になると思います。また、セール価格だとさらに安くなりそうですね。

CubeはCore m機をリリースするのは初めてではなく、ヒット製品も作ったノウハウがあるので、この製品の品質やパフォーマンスも期待はできると思います。あとは競合しそうな日本製品と価格比較をして、並行輸入品であることのリスクを考慮しても割安なら買い、ということになると思います。

この水準になると「深センメーカーの中華タブ」でイメージする「性能が高くて激安だけど、多少の不具合は覚悟」というのが当てはまりませんね。また、この製品が売れるようだとCubeという企業のブランドイメージも一段上がる、ということになりそうです。

4.関連リンク

Thinker:Cube特設サイト
CUBE Thinker:Gearbest

Comment

  1. 画像にペンがあるという事はタッチ対応でしょうか。

    • wintab より:

      PYUさん、こんにちは、コメントありがとうございます。Cubeの中国語サイトに「电容触摸屏」と書いてあり、翻訳してみたら「静電容量式タッチスクリーン」という意味でしたw

  2. T9 より:

    しつれいながら冒頭のあいさつで笑ってしまいました。
    これはシャレオツな感じでいいですね!
    キーボード配列を我慢してでも…という気にさせてくれます

    • wintab より:

      T9さん、こんにちは、コメントありがとうございます。Thinkerなんですけど、Core i5(旧Core m5のほう)搭載モデルもあるようです。また、iWork 3X、iWork 5xというCore m系モデルも発表されたようです。現状記事にするだけの情報がないので、分かり次第記事を書きますね。

  3. 匿名 より:

    ちょっと高いな。すぐ400ドル台になるかな?

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。勝手な予想だとセール価格でそのくらいまではいくか、と。

  4. 匿名 より:

    「ウイン豚(@WTab8)」って、お名前を変えたのですか

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。気づいていただき、ありがとうございました!

  5. 匿名 より:

    興味はありますが、たけえええ…

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。今のところ中国向けでも6万円台なので、たしかに私達の感覚からすると絶対的には高いですよね。少し待てばもう少し安くなると思うけどなあ。

  6. かぜ より:

    製品名と天板のロゴがそれとなくThinkpadぽいのがちょっとアレですが
    このスペックはウイン豚さんの興奮っぷりも頷けますねぇ

    • wintab より:

      かぜさん、こんにちは、コメントありがとうございます。このクラスになると筺体品質が悪かった場合は顧客の反感を買うことになると思うんで、Cubeとしても正念場かな、と思います。予想外に筺体品質が良ければCubeのイメージもぐんと上がりますね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest セール


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑