Chuwi Hi Box - タブレットのChuwiもミニPCに参入!デュアルブートというのが新しい!

公開日: : 輸入製品 ,

Chuwi Hi Box
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ここのところミニPC(TV Box)にも注目しています。最近になって複数のミニPCの実機レビューをしていますが、中でも「Beelink BT7」という製品が印象に残っています。BT7は、CPUこそAtomですが、Z8700と高性能なものを搭載しており、VESAマウンターも付属するという、本格的にデスクトップPCとして使いたくなるようなものでした。

スポンサーリンク

今回紹介する「Chuwi Hi Box」はBeelinkとは別な意味で、いろいろと興味深い製品です。Chuwiというのは基本的にはタブレットメーカーで、タブレット以外だとモバイルバッテリーやカーチャージャーなどの周辺機器を多少取り扱っている程度なので、専業メーカーと言っていいと思います。ちなみにBeelinkというのはその反対で、TV BoxやミニPCの専業メーカーといってよく、タブレット製品は作っていません。VOYOなどタブレットとミニPC(TV Box)を両方扱っている会社もありますが、どちらかと言うとこの2つの領域は相容れないというか、それぞれメーカーによる棲み分けができているように思っていました。

それがここにきてChuwiからミニPCのリリースです。この先タブレット市場、ミニPC市場とも相互参入が増えてくるような気もしないではありません。また、個人的にはミニPCメーカーよりもタブレットメーカーの製品を多く試用してきているので、Chuwi製品というのはちょっと信頼感が高まりますw

1.スペック

OS: Windows 10 + Android 5.1
CPU: Intel Atom x5-Z8350
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: なし
ネットワーク:  802.11 b/g/n、Bluetooth
入出力: USB 3.0、USB 2.0 × 2、HDMI、LAN(RJ45)、オーディオ、microSD
バッテリー: なし
サイズ: 120 x 120 x 25 mm / 200 g

まず、この製品はミニPCとしてはかなり珍しくWindowsとAndroid 5.1のデュアルブート機です。ミニPCをデュアルブートにしてしまうあたりがタブレットメーカーらしいところですね。CPUはAtom Z8300のリファイン版であるZ8350、RAMは4GB、ストレージは64GBなので、中国の10インチタブレットと同等のスペックになります。

ミニPCなので拡張性はしっかり確保されていて、私が画像を元に「確実にこれだけは言える」というのが上に書いたポート類です。有線LANもありますね。

また、画像が見あたらなかったのですが、Gearbestの製品ページの付属品のところに「1 × Bracket、4 × Screw」という表記がありましたので、Beelink BT7と同様、VESAマウンターが付属するものと思われます。マウンター自体はそんなに高価なものではないかもしれませんが、これはChuwiがこの製品をはっきりとミニPCと位置づけていることの証拠でもあり、私達ユーザーもそれを認識できる証明のようなものだと思います。

スポンサーリンク

2.筺体

Chuwi Hi Box 筺体
筺体はブラックで、画像を見た限りプラスティック製かな、と思います(本当のところはわかりませんけど)。また、デザインは良くも悪くもシンプルで、特にコメントできるようなことがありません。

Chuwi Hi Box 筺体2
この画像と一つ上の画像で入出力ポートの配置を確認しました。デザインはそっけないですが、デスクトップPCとして使うならあまりファンシーなデザインでも困るので、まあこれでいいか、と改めて思います。

Chuwi Hi Box 内部
筺体内部の画像です。これを見ると大型のヒートシンクがついていますが、ファンレス構造のようですね。ChuwiはタブレットメーカーとしてAtomの扱いには慣れていると思うので、その上での判断なのであれば、これでもいいのかな、と思います。

Chuwi Hi Box エアマウス
おそらく製品に同梱されると思われる(付属品だということは書いていませんでした)「エアマウス」です。AndroidのTV Boxとは異なり、チャンネルボタンなどはついていないもので、TV Box用のリモコンとは明確に用途が異なりますね。ただ私、この類のポインティングデバイスを使ったことがないので、使用感とかはちょっとイメージできないっす。

3.価格など

Chuwi Hi Boxは中国の通販サイト「Gearbest」でプレセール中で、プレセール終了は12月5日の予定になっています。また価格は160.86ドル(16,711円)です。

先日実機レビューしたBeelink BT 7はかなり本格的なPCと位置づけられますが、Chuwi Hi Boxはそれとは少し性格が異なります。タブレットに使われているパーツを組み直してミニPC化し、お得意のデュアルブートを採用してパソコンとしてもエンタメマシンとしても使える守備範囲の広い製品、という位置づけになると思います。

純然たるパソコンとしてはBeelink BT 7、またVOYO V1のほうが高性能ですが、タブレット的に、そう、中国タブ的になんでもそこそこできちゃう、便利なエアマウスもついてる(繰り返しますが付属するという確証はありません)みたいなところに特徴があります。ということで、今後のミニPCの「一つの方向性になる」かもしれませんね。

4.関連リンク

CHUWI HiBox Mini PC:Gearbest

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest Easter promotion

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑