BBen MN10 - ついに出た!Apollo Lake搭載のスティックPC!いろいろ大丈夫か?

公開日: : 輸入製品 ,

BBen MN10
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。スティックPCに関してはドスパラが圧倒的にコストパフォーマンスが高く、もはや中華製品を紹介する余地はない、なんて考えてまして、実際ここしばらくは中華のスティックPCの紹介記事を書いていません。しかし、やっぱり出ました!Apollo Lake搭載のスティックPCが!「BBeen MN10」という製品なのですが、「BBen」というメーカーの製品をウインタブで取り上げるのはこれが初めてです。公式サイトおよびAliexpressの直販ストアを確認してみると、深センに本拠を置き、ゲーミングPCなどを手掛けている会社のようです。

スポンサーリンク

1.スペック

BBen MN10 スペック表
CPUはApollo Lake世代のCeleonでも下位に位置するN3350でRAMは3GB、ストレージは64GBです。ジャンルは異なりますが、ここまでは13.3インチの低価格モバイルノート、Jumper EZBook 3 SEと同じ構成ですね。

スティックPCの場合、スペック表で見るべきところはそれほど多くはなく、あとは入出力ポートくらいです。この製品はフルサイズのUSB 3.0ポートが2つあり、独立したDC-INも備えています。スティックPCはバッテリーを内蔵しておらず、常時給電が必要になりますが、DC-INではなくmicroUSBポートを使って給電するのが一般的です。なので、どっちがいいかは別として、ちょっと変わってる、と思いますね。

BBen MN10 サイズ感
また、この製品はスティックPCとしてはかなり大きめです。私が知る限り、最も大きいスティックPCはドスパラの「Diginnos Stick DG-STK4D」だと思うのですが、ちょっとサイズを比較してみましょう。

DG-STK4D: 123 × 59 × 22 mm / 95 g
BBen MN10: 116 x 45.5 x 13.8 mm 70 g

おお、DG-STK4Dよりはかなり小さいんですね。実際のところ、スティックPCって、ミリ単位でサイズの小ささを競うような製品ジャンルではないし、少し大きめだからといって実用上困ることもないんですけどね。

スポンサーリンク

2.筐体

BBen MN10 底面
トップ画像はごくシンプルなものですが、底面は通気口があり、ちょっとメカっぽい感じがします。筐体は金属製で、冷却ファンもしっかり内蔵します。実際のところ、冷却性能については実機を試してみないと何とも言えませんが、「ファン付きの金属筐体、大きな通気口あり」ということなので、少なくとも設計上は発熱対策がしっかり施されていると思います。

BBen MN10 各部名称
各部名称です。スティックPCの泣き所の一つに、ポートの数(特にUSB)が少ない、というのがありますが、この製品は給電にUSBポートを使用せず、フルサイズのUSB 3.0ポートが2つありますので、「いくぶんまし」です。ただ、スティックPCはキーボード(マウスも)の接続が必須なので、Bluetoothキーボードやマウスを使用しないとすぐにUSBポートがいっぱいになっちゃいます。たぶん、ハブは必要でしょうね。

3.価格など

BBen MN10は中国の通販サイト「Banggood」で「Alert Me on Arrival」というステイタスになっており、近日中にプレオーダーが開始されるものと思われます。現時点では参考程度ですが、価格は179.99ドル(20,958円)となっています。また、Gearbestではすでに販売中、というステータスですが、発送は11月15日から、となっていて、価格は197.42ドル(22,458円)です。

この製品はいいよ、おすすめだよ!ということは今回は言えないですね。まず、BBenという会社のことがよくわかりませんので、先日のT-baoのように、「Windowsがボリュームライセンスだった」なんてことも、「いや大丈夫だろ」とは思いますが少し心配。また、Apollo Lakeを搭載するスティックPCがどのくらい安定して動作するのかも未知数です。これもまあ、「いや大丈夫だろ」とは思うんですけどね。

とりあえず、読者のみなさんに「Apollo LakeのスティックPCが出たよ!」ということをお知らせしたい、と思いました。おそらくこの先にApollo Lakeを搭載するスティックPCは他社からも出てくるんだろうと思いますし、あるいはドスパラも製品を出してくるかもしれませんね!

4.関連リンク

BBen MN10:Banggood
BBen MN10

Comment

  1. 匿名 より:

    最近はこのようなApollo Lakeクラスの消費電力でもUSB給電対応できる
    USB Type-C付きモニタがあるとはいえまだまだ高値
    この商品の価格を考えれば無難にDCにして正解だと思います

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑