HP Spectre x360 - 13.3インチ、プレミアムラインの2 in 1がリニューアル!一段とかっこよくなったよ!

公開日: : HP , ,

HP Spectre x360
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。HPのプレミアムライン「Spectre」シリーズのキーボード非分離型2 in 1「Spectre X360」がリニューアルされました。新しいSpectre X360については昨年10月には米国で発表されており、ウインタブでも紹介記事を書いていますので、そちらもあわせてご覧ください。
HP Spectre x360 - 米国でKabylakeを搭載してリニューアル!デザインも一般ウケする?

スポンサーリンク

また、従来型のSpectre X360は実機レビューをした経験もあり、HPのプレミアムラインの質感と、製品そのもののパッケージングの素晴らしさはよく覚えています。

1.スペック

HP Spectre x360 スペック表

クリックで拡大します

新しいSpectre X360は「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の3グレードになっていて、CPUとRAM、ストレージ、そしてディスプレイが異なります。

ベーシック:Core i5、8GB、256GB、FHDディスプレイ
スタンダード:Core i7、16GB、512GB、FHDディスプレイ
プレミアム:Core i7、16GB、1TB、UHD(3,840 × 2,160)ディスプレイ
※プレミアムのみアクティブペンが同梱される

となっており、それ以外の構成は共通です。まあ、ベーシックでも十分ハイスペックだと思いますけどね。共通部分として、入出力ポートはUSB 3.1 Gen1のフルサイズUSB(Type-A)がひとつ、Thunderbolt 3対応のUSB Type-Cがふたつ装備されており、「薄さ優先」の製品の割にしっかりしています。ただし、HDMIなど独立した映像系ポートや有線LANポートはないので、USB Type-Cからの拡張に頼ることになります。また、従来型にも採用されていたBang & Olufsenのスピーカーは新型でも健在です。これ、モバイルPCとは思えないくらいの音質なんですよね。

あと、サイズです。

従来型:326 × 219 × 15.5 - 17.0 mm / 1.45 kg
新型:307 × 219 × 13.9 - 14.9 mm / 1.31 kg

個人的には「ひとまわり小さくなったよね」と思います。比較対象となる従来型が大きくて重い製品なのであればいざしらず、従来から薄型・軽量の2 in 1だったわけですから、ここからのサイズダウンは立派だと思います。

2.筺体

HP Spectre x360 筺体
こうして筺体画像をチラッと見ると、「キープコンセプトね」と感じます。確かにキープコンセプトではあるんですが、

HP Spectre x360
サイズダウンしてディスプレイサイズが同じ、ということは「挟ベゼル化」されたということです。この画像を見ると特に左右のベゼル幅が非常に細くなっていることがわかります。ただし、上下ベゼルはそれほど補足はなく、Webカメラもオーソドックスな位置に装備されています。

HP Spectre x360
Spectreといえば「黒金」のツートーン筺体でおなじみですが、この配色はどうしても好き嫌いがわかれるはずです。ちなみに私はあまりこの配色が好きではありません。しかし、新型には「ナチュラルシルバー」という、「普通のパソコンの色」が追加されました。無難なデザインを好む人には歓迎されそうです。もちろん従来の黒金(アッシュブラックといいます)も健在なのでご安心下さい。

スポンサーリンク

HP Spectre x360 キーボード
キーボードです。一応従来型と比較してみましょう。

HP Spectre 13 x360 Limited Edition キーボード
うーん、従来型のキーボードは実機レビューの際に非常にとっつきやすい、素直な配列と良好な打鍵感だと思ったのですが、新型はEnterキーの右に1列ありますね。最近この配列が流行してるんでしょうか?よく見かけるような気が…。試用してみないと何とも言えませんが、これはちょっとなあ…。

HP Spectre x360
側面のポート類の配置です。番号が7から始まっていますが、「7.USB3.1 Gen1、8.オーディオ / マイク、9.排気口、10.電源ボタン、11.音量ボタン、12.USB Type-C 3.1(Thunderbolt 3) ×2」となります。USBポートが合計3つ、というのは悪くないと思いますが、ビジネス利用などで映像出力するような場合は多機能ハブが必要になるでしょう。

HP Spectre x360
なお、Spectre X360の最上位「パフォーマンス」モデルのみ、1,024段階の筆圧に対応するアクティブペンが付属します。なお、このアクティブペンはオプション品としては販売されず、パフォーマンスモデル専用の付属品、という扱いになっています。電池式で「HP Pen Control」という独自のソフトウェアで使うものです。

3.価格など

HP Spectre X360はHPの直販サイト「HP Directplus」で販売中で、「ベーシック」と「スタンダード」は2月末に配送開始、「パフォーマンス」のみ3月末に配送開始、となっています。価格は下記のとおりです。

ベーシック:150,984円
スタンダード:172,584円
パフォーマンス:194,184円
※税込価格

なお、2月28日までの期間「先行予約特典」として、「Microsoft Office Personal Premium(パフォーマンスモデルはHome & Business)」もしくは「3年間引き取り修理サービス」のいずれかが無料となります。製品版のOfficeは税込みだと2万円~3万円の価格になるので、実質的には大きな値引きが受けられることになりますね。

HPのプレミアムラインはこれまでSpectre 13(クラムシェルノート)と従来型のSpectre X360を試用したことがありますが、プレミアムの名にふさわしい質感と性能を備えていると実感していますし、価格も決して割高ではないと思います。個人的にはCore i5搭載のベーシックモデルでも十分な実力があると思っていてこのモデルを無料特典つきで購入できるのならむしろ割安とすら感じます。

4.関連リンク(HP公式サイト)

HP Spectre x360 製品詳細
icon
HP Spectre x360 13-ac000 ベーシックモデル
icon
HP Spectre x360 13-ac000 スタンダードモデル
icon
HP Spectre x360 13-ac000 パフォーマンスモデル
icon

Comment

  1. miz より:

    acerとかはずっとこのキー配列ですが,私の周りではあまり良い評価は聞きませんね
    以前使ったとき慣れなくて個人的には非常に嫌いな配列です
    これがなければ質感良くて狭ベゼルでポートも最低限あるので良い選択肢になったんですが

  2. 匿名 より:

    HPのビジネスラインではこの配列でしたよ。最近減ってしまいましたが。
    home end pgup pgdnが独立していて欲しいので、
    私はこれだけで買う理由になりますね(笑)

  3. wintab より:

    mizさん、匿名さん、コメントありがとうございます。キーボードの配列に関しては、ご経験と知識をお持ちであればあるほど譲れないものが出てきますね。ちなみに私は中華タブなどを散々試用させてもらってるので、かなり適応力が出てきましたw

  4. 牽牛星 より:

    1.「上下ベゼルはそれほど補足はなく」の「補足」は「細く」(狭く)の誤りではありませんか。
    2.「試用してみないと」「試用したことが」の「試用」は「使用」の誤りではありませんか。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest Easter promotion


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑