OMEN by HP ー 15.6インチと17.3インチのゲーミングノート、リニューアルしてかなり「強そう!」

公開日: : HP , ,

OMEN by HP
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。HPのゲーミングライン「OMEN」が揃ってリニューアルしました。OMEN(オーメン)というと日本では古いホラー映画で有名ですが、もともとの意味は「兆し、前兆」という意味だそうです。私は外人がこの単語を使っているのを聞いたことはないですね。日本人には若干ホラーなニュアンスに感じられる「OMEN」ですが、HP的にはハイスペックなゲーミングPCを意味します。

スポンサーリンク

1.スペック

OMEN by HP 15

OMEN by HP 15 スペック表

クリックで拡大します

OMEN by HP 17

OMEN by HP 17 スペック表

クリックで拡大します

ノートPCとしてのOMENはもともと15.6インチと17.3インチの2サイズがありましたが、最新モデルでもそれは変わりません。CPUとRAMは両モデル共通で、Core i7-7700HQ/16GBとなります。この辺は他社の中上位クラスのゲーミングノートと同じといえます。GPUですが、15.6インチのほうはGTX1060(6GB)、17.3インチのほうはGTX1060(6GB)もしくはGTX1070(8GB)となります。また、15.6インチは「With Max-Q」となっていて、Max-QというのはNVIDIAのゲーミングノート向けのデザイン(設計)ガイドラインです。

それと、この製品、OSはWindows 10 Proが主力ですね。15.6インチはOSの違いのみで2グレードに分かれており、17.3インチはすべてPro版のOSとなります。ストレージは15.6インチが256GB SSD + 1TB HDD、17.3インチが512GB SSD + 1TB HDDとなります。またHDDは7,200rpmと高速なものが採用されています。

ディスプレイはサイズは異なりますがともにFHD解像度のIPS液晶となります。ポート類もUSB Type-Cを含み、すべて3.1規格のUSBポートが合計4つ、HDMI、MiniDisplayPort、有線LANと、一通りのものが揃っています。

筐体サイズはさすがに重量級ですが、15.6インチのほうは厚さ24.8(最薄部)- 28.5(最厚部)mm、重量2.63 kgとなっているのに対し、17.3インチの方は厚さ33(最薄部)- 36.5(最厚部)mm、重量3.61 kgとまさにヘビー級となります。でも、意外に健闘しているのがバッテリー稼働時間で、15.6インチが約5時間、17.3インチは5時間45分です。ただし、ゲームをやり始めたらそんなに持たないと思いますけどね。

2.筐体

OMEN by HP
ゲーミングノートの「らしさ」は筐体デザインにも現れます。特に外資メーカーのゲーミングノートは「ブラックのベースカラーにレッドのアクセント」というのをよく見かけます。OMENは従来モデルからこのカラーリングですね。筐体は一新されており、この画像だとヒンジの形状にそれが現れています。上級のゲーミングノートはこのように中央部分に巨大なヒンジ、というデザインが増えていますね。

なお、筐体細部が異なりますが、パッと見た感じだと15.6インチと17.3インチはほぼ同じデザインに見えます。ちなみにこの画像は15.6インチのものです。

OMEN by HP
天板は少し鋭角的な造形に変わりました。ひと目でゲーミングノートだとわかりますね。ロゴも通常のHPのものとは異なり、OMEN専用のものが使われます。HPによれば、新しいOMENのデザインコンセプトは「ステルス戦闘機から着想を得た、三角形を多用し、直線的に仕上げた近未来的なデザイン」とのこと。

スポンサーリンク

OMEN by HP
OMEN by HP
キーボードです。上の画像が15.6インチ、下が17.3インチです。筐体サイズが異なることもあり、17.3インチのほうは左端にマクロキー(ユーザーが動作を割り当てることのできるキー)が装備されます。それ以外のキー配列は同じもののようです。W,A,S,Dキー(ゲームでよく使います)がこんなに派手なのは初めて見ました…。また、外資メーカーのキーボード画像は英語配列のものが使われることが多いのですが、この製品はちゃんと日本語配列のものが使われてますね。また、ゲーミングPCらしくNキー(26キー)ロールオーバー対応です。

OMEN by HP
ゲーミングノートは全般に「後ろから見ると迫力がある」のですが、この製品も巨大な通気口があり、タダモノじゃない感抜群です。あと、OMENのロゴがアメ車みたいでカッコいいですね!

OMEN by HP 15 ポート類

クリックで拡大します


OMEN by HP 17 ポート類

クリックで拡大します

画像上が15.6インチ、下が17.3インチです。基本的にポート類の配置は同じですが、SDスロットの位置が異なりますね。また、15.6インチのほうはスピーカーの説明がありますが、17.3インチにはありません。製品ページを確認してみましたが、どうやら17.3インチのほうは前面下側にスピーカーがあるようです。

もちろんスピーカーはHPお得意のBang & Olufsenなので、音質はノートPCとしては抜群だと思います。

3.価格など

OMEN by HPはHPの直販サイト「HP Directplus」で販売中で、価格は下記のとおりです。

15.6インチ:
 パフォーマンス: 194,184円
 プロフェッショナル: 202,824円
※税込価格
※パフォーマンスはOSがWindows 10 Home、プロフェッショナルはWindows 10 Pro
※OS以外の構成は同じ

17.3インチ
 スタンダード: 237,384円
 パフォーマンス: 269,784円
※税込価格
※スタンダードはGTX1060、パフォーマンスはGTX1070
※GPU以外の構成は同じ

ゲーミングノートの場合、CPUとGPUの構成で製品の「格」というか、価格のイメージがだいたい掴めます。しかし、製品の持つ雰囲気というのも重要で、特にDELL、HP、LenovoなどはゲーミングPCの専用ブランドAlienware(DELL)、OMEN(HP)、LEGION(Lenovo)を使っていて、イメージ戦略にも力が入っています。

このくらいの「格」になると、あっちが3千円安い、とかよりも、全体的な製品イメージまで考えて製品選択をすることになると思います。従来型のOMENは私から見て少しおとなしい雰囲気に感じられましたが、最新モデルはそれとは打って変わって、一気に「強そう!」な雰囲気になりました!

4.関連リンク(HP)

OMEN by HP 15 製品詳細
icon
OMEN by HP 17 製品詳細
icon

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑