ドスパラ GALLERIA QSF960HE2 - 15.6インチゲーミングノート、ドスパラの新しいエントリークラスはCore i7搭載!

ドスパラ GALLERIA QSF960HE2
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。なんだかんだ言ってドスパラといえばゲーミングPC「GALLERIA」が看板商品ですよね。ウインタブでも何回かGALLERIAを実機レビューさせてもらっていますが、異常なくらい頑丈な筐体と高い安定性を誇る製品ばかりで、ここがドスパラの主戦場なのね、といつも感じさせられます。

スポンサーリンク

GALLERIAのノートPCはエントリークラスからハイエンドまで、多彩な製品がラインナップされています。従来だと最安値が税抜きで99,980円の「GALLERIA QHF965HE」という製品があり、ウインタブでも実機レビューしていますが、現在は在庫切れとなっており、おそらく終売なんだろうなあ、と思います。で、その直接の後継機ではないのですが、税抜きで104,980 円と、これまたGALLERIAとしては非常に低価格な新製品「GALLERIA QSF960HE2」というのが登場しました!ヘビーなゲームマニア向けではないと思いますが、初めてゲーミングノートを購入するとか、(多少騒々しいですけど)できるだけハイスペックなノートPCがほしい、という人にはおすすめできる内容になっています。

1.スペック

ドスパラ GALLERIA QSF960HE2 スペック表

クリックで拡大します

パソコンの性能はCPUだけでなく、いろいろなパーツと筐体品質などを総合して判断すべきものですが、ゲーミングノートの場合、最初に目が行くのはCPUとGPUの組み合わせ、ついでRAMやストレージ構成だろうと思います。

この製品のCPUはCore i7-6700HQと、Skylake世代のノートPC用CPUとしてはハイエンドと言っていいものです(最高性能というわけではありません)。ちなみにゲーミングノートでよく使われる型番末尾「HQ」などのハイスペックCPUはKabylake世代だとまだ製品がありません。

GPUのほうはNVIDIAのGeForce GTX960Mとなっており、最新のGTX 1000番台の製品が続々と登場する中、やや物足りない印象があります。実際、より高性能を、と考えるゲーマーには向かないかもしれません。しかし、GTX960Mでもあるとないとでは段違いの差になりますし、多くのゲームはごく快適に遊べると思います。個人的には初めてゲーミングノートを購入するならこれでも十分すぎるのでは?と思います。

RAMは8GB、ストレージは標準だと500 GB HDDとなります。ドスパラなんで当然RAMは最大32GBまで、ストレージはSSDへの換装、SSD+HDD、またSSD+SSDのデュアル構成が可能です。標準のHDDに加え、120GBのSSDを追加しても税抜きで7,680円の追加支払いですみ、OSはSSD側にインストールされる、ということなので、ここはSSDを追加しておいたほうがいいだろうと思います。

ディスプレイは15.6インチ、ノングレア(非光沢)のFHD解像度と、このサイズのゲーミングノートとしては標準的な内容、またWi-Fiはa/ac規格に対応しています。入出力ポートに関してはこの製品に限らず、GALLERIAの場合、実用上ほぼ不満が出ないくらいには充実しています。

重量は2.75 kgですね。これだと余計なことを考えず、半据え置き型で使う、ということで諦めがつくでしょうw

2.筐体

ドスパラ GALLERIA QSF960HE2 筺体
型番末尾に「2」がついていることからわかる通り、この製品は既存モデルであった「GALLERIA QSF960HE」の後継モデルという位置づけで、現行製品だと「GALLERIA QSF965HE」と同じシリーズである、と言えます。そのため、筐体に関してはQSF965HEとほぼ同じと思われます。QSF965HEに関してはウインタブで実機レビューをしていますので、参考にしていただければ、と思います。
ドスパラ GALLERIA QSF965HE - 期待通りの高性能!ドスパラらしく頑丈でちょい派手な15.6インチゲーミングノート(実機レビュー)

スポンサーリンク

ドスパラ GALLERIA QSF960HE2 天板
天板はカラーリングはシンプルですがかなり立体的な造形で、いわば筋肉質、という感じです。

ドスパラ GALLERIA QSF960HE2 キーボード
キーボードは赤いバックライトがついていて、ゲーム中によく使う「W,A,S,D」キーと方向キーがハイライトされています。見た目も派手ですが、とにかく頑丈なつくりになっていて、「強打上等」仕様です。

ドスパラ GALLERIA QSF960HE2 ポート類1
ドスパラ GALLERIA QSF960HE2 ポート類2
ポート類は筐体の背面と右側面に配置されます。しかし、後ろから見るとタダもんじゃない感満点ですよね!

3.価格など

ドスパラ GALLERIA QSF960HE2はドスパラ公式サイトで販売中で、ベースモデルの価格は税抜き104,980円(税込み113,378円)です。この記事を書いている12月15日現在だと、ドスパラで販売中のGALLERIAノートとしては最安値です。

ゲーミングノートはウインタブが扱っている製品群の中でも最も高価格なジャンルになります。「最低でも10万円以上」ですし、買い替えを考えているゲーマーであれば20万円以上の製品が購入候補になるのかもしれません。GALLERIA QSF960HE2はスペックから見て割安なことは間違いがありませんが、その一方でより高価格の製品のほうがより高性能、というのも当然です。ただ、これからオンラインゲームをやってみようか、とか初めてゲーミングノートを買う、ということなら、この製品は十分満足できますし、お財布的にもかなり優しいといえます。

また、従来GPU非搭載のパソコンを使っていて、GPU搭載機に買い替えたい、というニーズの非ゲーマーであれば、この製品は十二分に期待に応えてくれるのではないか、と思います。

過去の経験上、ドスパラでこのような低価格ゲーミングノートを販売する場合、「短期間で売り切っておしまい」というケースが多いです。GTX960MというGPUは、GTX1000シリーズが出てきている以上、今後もバリバリに市場に出回るものでもないと思いますので、その意味でも比較的短期間で在庫切れ(イコール終売)となる可能性がありそうです。購入検討している人はお早めに。

4.関連リンク

GALLERIA QSF960HE2

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    ゲーム用途以外にも、デスクトップは置けない(置きたくない)けどハイスペックPCは欲しいという場合に、ゲーミングノートは選択肢に入りますね。

    さすがにYouTubeの為にGPU搭載機は買いませんがW

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。おっしゃる通り、自宅内でジプシー状態だとノートが必要ですよね。持ち運びをしないのであればゲーミングノートは有力な選択肢になると私も思います。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest セール


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑