Windows 10 preview build 10547 - 絶えず進化するWindows 10、最新プレビュー版リリース

Windows 10は進化を続ける

ただのイメージ画像です。本文とは関係ありません。

こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。Windows 10は「Windows as a Service」というビジョンのもと、WindowUpdateを通じて絶えず進化していく、ということになっています。Windows 10の正式版がリリースされてからも「Insider Preview」は継続していて、常に改善の試みがなされています。9月18日に、最新のPreview版である「ビルド10547」がリリースされました。もちろんPreview版で実践されている改善(の一部)は現在私たちが使っているWindows 10にも取り入れられるはずなので、関心はありますよね?海外のニュースサイトの多くが「ビルド10547」について記事にしているので、それらを参考に新機能の説明をしていきます。

スポンサーリンク

1.スタート画面のタイル

スタート画面のタイルを4列に
上の画像は英語表記なのでわかりにくいですが、「すべての設定」→「パーソナル設定」→「スタート」の画面です。ここに新しい項目が設定されていて、「タイルの数を増やす(Show more tiles)」と書いてあります。これをオンにすると

スタートメニューのタイルが増える
スタート画面(スタートメニュー)の「1列あたりの幅」が大きくなり、「中サイズ(正方形)」のタイルを4つ(「横長サイズ」なら2つ)を1列に表示することができるようになります。現状だと「中サイズのタイルが3つ」までなので、中サイズひとつ分幅広になります。

中サイズのタイルを4つ、あるいは横長のタイルを2つ、というのはユーザーの要望として大きかったということで対応したようですが、タブレットで使う場合はもちろんこのほうが便利です。ちなみにスタート画面(スタートメニュー)に表示できるタイルの数も512から2,048に増えるということです。いかにも16進数のコンピューターらしい数字ですが、「512でも十分です」というのはあります。

2.タブレットモードの改善

タスクビューからのスナップ
タブレットモードの改善もあります。一言でいうと「タスクビューからのスナップが可能に」ということなんですけど、もう少し詳しく説明しますね。

スポンサーリンク

タスクビュー
タブレットモードであるか否かに関わらず、Windows 10では画面を左端から右にスワイプ、あるいはタスクバーのアイコンをクリックすることによって、上の画像のように「起動しているアプリの一覧」を表示させることができます。これをタスクビューと言います。タスクビューではどれか一つのアプリをクリックもしくはタップすると、そのアプリが最大化されますが、逆にいうとそれ以外の操作はできません。スナップでアプリを画面の半分に表示させたりするには、いったん最大化する必要があります。詳しくは下記の記事を参照してください。
ゼロから始めるWindows 10 - タブレットモードを使う

「ビルド10547」ではこれが改善され、タスクビューから直接スナップ操作が可能になるということです。同様に画面右、あるいは左に表示されているアプリの切り替えや開いているアプリを閉じる(画面上から下にスワイプ)する操作もタスクビューから可能になるということです。こう書くと地味に思われますが、タブレットモードの操作性を大きく向上させる改善だと思います。

3.その他

タッチキーボードの改善

タブレットモードでは便利なタッチキーボード(ソフトキーボード)ですが、これ、非タブレットモードで自動的に表示されるのがうっとおしいですね。私が使っているacer Aspire Switch 10だとたまにこれが発生します。「ビルド10547」ではタッチキーボードの挙動が改善され、非タブレットモードでは自動的にタッチキーボードが出てくることがなくなりました。

9月19日追記:引用した記事の原文では「Text Input Panel」となっているため、タッチキーボード全体のことではなく、「手書きパッド」に限定された話なのかもしれません。今のところ詳細がよくわかりません。どうかご了承下さい。

ストアアプリの改善

Windows 10に標準インストールされているマイクロソフト製のストアアプリの多くが改善されたそうです。詳細は不明ですが、「フォト」「Xbox」「Groove」「メール」「カレンダー」「マップ」などです。ちなみに私はこれらのアプリはほとんど使ってないんですけどね。

Edgeの改善

Windows 10の標準ブラウザー「Edge」も改善されています。リアルタイムの音声通話やビデオチャットがプラグインなしで動作するとのことです。うーん、まだEdgeもあんまり使ってないんだよなあ…。そろそろ使い始めなくちゃ。

4.少しづつ変わっていくWindows 10

ここまで、「ビルド10547」による変更点を紹介してきました。ひとつひとつの改善点は小さなものに思われますが、このペースでWindows 10が進歩していくと、1年後くらいにはめちゃめちゃ使いやすくなりそうですよね。個人的には次のWindows Updateでタブレットモードがどのくらい使いやすくなるのかすごく興味があります。

5.関連リンク

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 10547:Windows Blog(英語)
Windows 10 preview build 10547 deploys to Insiders, with Start menu tweaks and more:PC World(英語)

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest セール


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑