Thinkfree office NEO - 新登場のOfficeスイート、高い互換性と低価格が魅力?

Thinkfree office NEO
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ソースネクストが新たにOfficeスイート(Microsoft Officeに代表される、文書作成や表計算などオフィスワークに使用するソフトウェア・パッケージ)「Thinkfree office NEO」を発売しました。このジャンルのソフトウェアでは何と言ってもMicrosoft Officeがデファクト・スタンダードになっており、自分の好みであるか否かに関わらず、仕事で他の人とコミュニケーションしようとすれば必ずMicrosoft Officeが必要になる、というのが現実だと思います。従って、Microsoft Office以外のソフトウェアを使う場合でも、Microsoft Officeとの互換性を考慮しなくてはなりません。メーカーによれば「Thinkfree office NEO」はMicrosoft Officeとの「高い互換性」そして「近い操作感」を持たせてあり、価格は本家の「8分の1」である、というのがセールスポイントになっています。

スポンサーリンク

「Thinkfree office」というのは全くの新製品ではなく、従来から存在していた低価格なOffice互換スイートです。同種の製品としては「WPS Office(旧Kingsoft Office)」というのがあり、こちらはASUSやHPなどのPCにプリインストール・ソフトウェアとして使われることもあります。

また、Office互換スイートには無料のものも存在し、有名なところでは「OpenOffice」と「LibreOffice」があります。

これらの互換スイートは単体で使用する場合の品質は決して悪くないと思いますが、問題なのは冒頭に書いたとおり「本家との互換性」がどの程度か、ということだと思います。

1.Cell

Thinkfree office Calc

クリックで拡大します

「Thinkfree office NEO」の製品紹介を見て、並々ならぬ気合を感じるのは、いちいち本家のMicrosoft Officeとと並べたスクリーンショットを掲載しているところです。つまり、「本家にそっくりですよー」というのが最大のセールスポイントなんですね。Cellに対応する本家は「Excel」ですね。

また、マクロにも対応し、xlsやxlsx,xlsmといったExcel形式のファイルの編集や保存が可能になっています。

2.Word

Thinkfree office Word

クリックで拡大します

本家のWordに対応するのは同名の「Word」です(この名称だと単語が一般的すぎて商標が取れなかったんですかね?)。こちらもCellと同様にUIが本家そっくりになっており、もちろんdocやdocxといった本家のWord形式でファイルの編集や保存が可能です。

スポンサーリンク

3.Show

Thinkfree office Show

クリックで拡大します

続いてPowerPointに対応する「Show」です。これも本家そっくりのUIに加え、テンプレートも各種用意されているとのこと。もちろんpptやpptx形式のファイルを編集、保存可能です。

Thinkfree office NEOの主要ソフトウェアはこの3つ、つまりExcel、Word、PowerPointですね。なのでOutlookとかを置いとけば、Office Home & Businessに相当する構成だと言えます。

4.PDFファイルの編集

Thinkfree office PDFファイルの編集

クリックで拡大します

Thinkfree office NEOはMicrosoft Officeと同様、作成したファイルをPDF形式でエクスポートできますが、PDFファイルの開閉、編集も可能です。私はMicrosoft Officeを使っていて、PDFファイルを開こうとしたことが何度もありますけど、表示が崩れまくりで使い物にならない、というのが正直な感想です。なので、Thinkfree office NEOが上の画像のようにほぼ完璧なレイアウトでPDFファイルを開けるのだとしたらすごいと思いますね。

5.結局試用しないとわからない

Thinkfree office NEOはソースネクスト eShopで販売中で、ダウンロード版の標準価格は税込み4,298円ですが、eShop価格は25%オフの税込み3,218円となっています。また、パッケージ版も用意されますが、こちらは3月3日の発売となります。

Microsoft Office互換といっても、もともと異なるメーカーが異なる技術で作ったソフトウェアなので、完璧な互換性を求めるには無理があります。個人的にはビジネスで顧客とコミュニケーションするなら、結局は本家のOfficeを使うしかないと思っています。

そうなると、私達ユーザーとしてはいろいろな互換ソフトを試してみて、各自が自分にとって最も使いやすく、自分の使用する範囲で本家との互換性が高いものを選択する、ということになりますよね。

無料の「OpenOffice」とか「LibreOffice」であれば自由にダウンロードし、試用することが可能です。また「WPS Office」は有料ですが体験版をダウンロードして試用できます。しかし、Thinkfree office NEOは現状それができません。体験版を提供することは決して義務ではありませんが、いくら低価格だとはいっても、Officeスイートの場合は性質上、試用できないと厳しいかな、と思います。

6.関連リンク

Thinkfree office NEO:ソースネクスト

Comment

  1. 匿名 より:

    VBA使えなきゃGoogleドキュメントが無料でシェア出来て最強に感じる。

  2. 匿名 より:

    PC買い換えてOffice抜いちゃった旧PC用とか、仕事は会社のPCでやるけど、家のプライベートPCでも補助用に使いたいとか…
    そんな感じですね。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。マジレスすると「そのとおりだ!」となります。

  3. 匿名 より:

    とりあえず、LibreOffice WriterのWordとの互換性は酷い。
    適当なWebページをコピペしてdocx形式で保存すると強制終了。

  4. ふんぼ より:

    ThinkFreeは結構評判が良くないらしいです。互換性がイマイチらしいです。
    互換性で選ぶなら、KingSoftが最強だと思います。
    ファイヤーウォールソフトで通信をカットして使ってます。
    使い勝手もそこそこいいですよ!しかも、軽い・・・。

  5. 匿名 より:

    体験版はここにあるよ。
    http://www.thinkfree.com/desktop
    ちゃんと日本語になります。

    WPS Officeと両方入れて検証してるけど微妙に一長一短で面白い。
    メニューバーとリボンを組み合わせたようなUIは独創的だと思ったよ。

    本家のドキュメントの再現率は自分で確かめてとしか言えないが。

  6. イムラユタカ より:

    同一家庭内で3台まで使えると書いてあったので購入しました Windows10はインストールでき正常に動作しています がWindows7 はエクセルのみが立ち上がらずなにか いい方法があるでしょうかもしありましたら教えてください

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest セール


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑