USBメモリーにRemix OSをインストールしてみた(その2: この記事を書きました)

公開日: : 最終更新日:2016/07/31 デスクトップアプリ

Remix OS
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。先日、USBメモリーに「Remix OS」をインストールした話を記事にしましたが、今回はもう少し先に進みまして、「この記事をRemix OS環境下で書く」ということをしています。結論として、USBメモリーにインストールしたOSで作業は完結できたが、挙動が遅くてかなり厳しかった」ということです。

スポンサーリンク

1.インストール後の状況

前回の記事では、「ネットワークアダプターを認識しない」ということと「Google Playでアプリがダウンロードできない」という、2つの不具合が発生していることを書きました。現状、依然としてネットワークアダプターは認識せず、有線接続でインターネットを使っています。でも、もともと私が今使っているPIPO W9Sは技適マークがなく、有線接続をしていますので、個人的には特に問題はありません。Android環境下でデバイスを認識させる方法というのを私は知らないので、ライターのかのあゆさんとmiyukiさんに助けてもらおうかな、と思っています。

次にGoogle Playですが、こちらは無事にアプリのダウンロードが可能になりました。「開発者向けオプション」という(隠し)機能を導入することによって解決です。設定メニューから「タブレット情報」を選び、そこで「ビルド番号」を連打することによって開発者オプションを有効化できます。私の場合は、これだけでGoogle Playが利用可能になりました。

Remix OS メニュー
通知センター
UIはWindowsにそっくりで、通知センターもあります。

Remix OS ウインドウ
マウスオーバーするとタイトルバーも出てきます。一番左の矢印がウインドウの開閉に割り当てられているなど、操作性は若干異なりますが、ほとんど戸惑うことはないです。少なくともRemix OSは外観に関してWindowsユーザーには非常に優しいですね。

2.インストールしたアプリ

ウインタブの記事を書くために必要なツールは下記のとおりです。

・WordPressを操作するためのブラウザー
・画像加工ソフト
・Excel

これらのツールのうち、ブラウザーについてはプリインストールされていたChromeが使えました。

Remix OSでExcel
また、Excelも特に難しいことはしないので、Google PlayにあるAndroid版のExcelで十分です。

スポンサーリンク

Remix OSでGIMP
問題なのは画像加工ソフトで、Andoroid用の画像加工ソフトはほぼ100%がスマホ用になっていて、マウスとキーボードを使い、PCのフルスクリーンで表示させる前提になっているものが非常に少ない、というか「Gimp Inkscape」くらいしか見当たりません。これ、エミュレーターアプリなのでGIMPのフル機能を使えるものの、たまにフリーズするなど安定性を欠きますし、挙動はもっさりしています。以前も試してみたことがありますし、他に選択肢も見当たらないので、これを使いました。

Remix OSでAVAST
最後に、これも大事なことだと思うのですが、一応PCで使うということでAVAST(アンチウイルスソフト)をインストールしました。どのくらい効果があるのかわからず、気休めかもしれないんですが、丸裸で使うよりはいいかな、と。

あ、そうそう、忘れてました!Google日本語入力は最初にインストールする必要があります。でないと日本語入力も、日本語キーボードも使えません。

3.かなり時間が…

実際、大したことを書いていないこの記事ですが、めちゃめちゃ時間がかかっています。ブラウザーでの文字入力は特に問題はなく、サクサクこなせます。躓いたのがやはり画像加工で、GIMP Inkscapeは挙動が安定せず、反応速度もかなり鈍かった、要するに使いにくかった、というのが大きな要因ですが、その他に難敵だったのは「ファイル構造が異常にわかりにくい」ため、作業に大きなロスが発生した、ということです。これは以前AndroidタブレットをPCとして使う、という取り組みをした際にも感じていたことなのですが、Windowsユーザーには本当にわかりにくいです。例えば「スクリーンショット」のフォルダーは

/storage/emulated/0/pictures/screenshots

というパスなのですが、この階層構造は良く言えば新鮮、悪く言えば意地悪、という感じで、最初探すのに苦労しました。基本的にユーザーが使うフォルダーは「/strage/emulated/0」以下にあるようなので、慣れてしまえば大丈夫かな、とは思いますけど。

今回はRemix OSのシステム要件を満たさないAtom搭載機で、かつUSBメモリーからの起動そして運用ということなので、やむを得ないと思いますが、全体的に動作は遅く、「10年前のパソコンで今のソフトを動かしているようなもの」という感じでした。その中でも負荷の小さいテキスト入力は快適、ということで、GIMPのようなエミュレーターアプリはやっぱ苦しいです。

正直なところ、USBメモリーにインストールされたRemix OSで今後ウインタブの記事を書く気にはなれません。もし継続利用するのなら内蔵ストレージへのインストールは必須かな、と思います。また、CPU性能の高いPCを使えばUSB起動でももう少し快適になるのかもしれません。しかし、「USBメモリーに全部入っちゃう」というのはかなりのメリットですね。初期設定と必要なアプリを一通りインストールして、緊急用に常備しておく、ということなら利用価値はすごく高いと思います。

興味のある人は試してみてください。

4.関連リンク

USBメモリーにRemix OSをインストールしてみた(その1)

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest promotion-teclast-carnival-sale-special promotion


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑