Office 365が半額になる? - 海外ニュースから

Office 365が半額に?
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。リリースされたばかりのOffice 2016ですが、今のところアップグレードの恩恵を受けられているのはOffice 365 Soloのユーザーと、おそらくはPCにOffice Premiumがバンドルされているユーザーだけだと思います。私はすでにOffice 2016にアップグレード済みですが、自分の環境に特段変化はありません。ここ2、3世代のOffice(2010とか2013とか)を使っている人にとっては、そんなに焦るようなものでもないんだろうと思います。しかし、Office 365っていうのは便利ですね。常に最新バージョンのオフィスが使えるし、容量を気にせずにOneDriveも使えるし。

スポンサーリンク

日本でのOffice 365の利用料金は年間契約で12,744円、1カ月単位の契約だと1,274円/月です。Officeだけで見ると、2、3年も使えば製品版のOfficeが買えるような料金体系ですね。もちろんOneDrive 1TBもついてくるので、クラウドストレージ1TBの利用料金まで含めれば決して高いともいえないんですけど。

日本の場合、ソフトウェアは買い切りが普通なので、いくら便利だとはいえ、Officeのために毎年しかるべき出費をするのはいかがないものか、というのは理解できますし、別に最新バージョンのOfficeでなくとも、毎日の仕事に支障がでることもないですからね。特にWindowsタブレットには多くの場合Office 2013が付属していることが多いので、新しいバージョンがあろうとなかろうと、この先数年は不自由しそうにありません。

スポンサーリンク

でも、Office 365について、Microsoftがすごく興味深いオファーを用意しています。この記事を書いている時点で米国のユーザーに限定されているのですが、近日中に日本のOffice 365 Soloにも適用される可能性はあると思います。なんと、Office 365の利用料金が1年間半額になる、というものです。半額になるための条件は

「すでにOffice 2010以前のバージョンとWindows 10を使っていること」

です。具体的には上記の条件を満たしつつ、Windows 10にインストールされている「Get Office(おそらく日本版だと『新しいOfficeを始めよう』)」アプリから申し込むと1年間利用料金が半額になる、とのことです。

Word 2016のメニュー

Word 2016のメニュー

私が確認した限り、現時点で「新しいOfficeを始めよう」には変化がみられませんでした。というか、私はすでにOffice 2016のユーザーなので、「お使いのOfficeは最新です」というメッセージしか見られません…。

ということで、このサービスが日本でも適用されるのかは明らかではないのですが、Office 2010以前のバージョンを使っている人はもうしばらくの間、注意しておきましょう。

関連リンク

Office 2016 for Windows 10:Microsoft公式サイト Windows Blogs(英語)

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑