ついに個人向けOffice365が日本で販売開始!その名はOffice365 Solo

公開日: : 最終更新日:2014/10/27 デスクトップアプリ ,

Office365近日発売
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。日本では法人向けしかなかったOffice365がついに個人向けにも販売されることになりました。販売開始は2014年10月17日です。

スポンサーリンク

1.Office365とは

いまやビジネスを中心に空気みたいにあるのが当たり前になったMicrosoft Officeですが、従来はPCを購入するときにバンドルされている(その分PCの値段は高くなる)か、製品パッケージを購入するかのどちらかの方法で入手し、一度入手すれば永続的に使うことができる、要するに「ソフトを買う」という使い方をしていました。

これに対しOffice365は購入時に数万円を支払うのではなく、月額、年額で利用料を支払い、「支払った期間だけ」使用するタイプのソフトウェアです。クラウドベースで、クライアントソフトのインストールをしておけば常に最新版のOfficeにアップデートされるのでバージョンアップとかを気にする必要はありません。まあ、リース契約みたいなもんですね。

製品版のOfficeにはいろいろとバージョンがあり、最も安いものでOffice Personal(Excel,Word,Outlook、PC2台までインストール可)が約32,000円、最も高いものでOffice Professional(Excel,Word,PowerPoint,Outlook,OneNote,Publisher,Access、PC2台までインストール可)が約64,500円です。これに対し、下の方で詳しく説明しますが、Office365は全てのOffice製品が利用でき、年間利用料が12,744円(2台まで利用可)です。単純に言ってしまえばOffice365を5年使えば製品版のOffice Professionalの価格に近くなります。なんとなく「自分のものにならない」という点でOffice365のほうが損しそうに思えますよね。そのあたりの考え方をこれから説明したいと思います。

2.Office365 soloの概要

Office365 Solo
ウインタブで海外モデルのタブレットを紹介するとき、ほとんどの製品が「Office365とOneDrive1TBの1年間無料利用権つき」となっていることにお気づきの人も多いでしょう。ごく最近の製品はそれに加えて「Skype60分無料通話」もついています。

最初にオマケの話からで恐縮なのですが、Office365 Soloは海外モデルのタブレットと同じオマケがついてきます。つまりOneDrive1TBとSkype月間60分無料通話(日本国内は固定電話むけ通話のみ)がサブスクリプション(契約期間)内であれば使える、ということです。

1TBのクラウドストレージが必要な人がどれほどいるのかわかりませんが、OneDriveの有料容量は100GBで月間190円、200GBで月間380円であることを理解しておきましょう。ちなみにGoogleDriveの有料プランに1TBというのがあって、月間9.99ドルとなっています。ということで、仮に有料でクラウド・ストレージを使う場合、安く見ても1TBなら1000円以下にはならないと思っていいです。

また、Skypeの無料通話60分ぶん、というのは世界中の国に電話することができ、日本国内のみ固定電話とのみ通話可、という内容なのですが、これはSkypeの料金プランにはないものなので、価値換算ができませんが、日本国内の固定電話向け料金プランで60分89セント/月というのがありましたので、「100円くらいにはなるだろう」と思います。

比較表

スポンサーリンク

次に「主役」のOfficeです。インストールというか利用できるのは2台の「端末」です。WindowsでもMacでもタブレットでもiPadでもiPhoneでも構いません。使えるOfficeソフトは製品版でいうProfessionalに含まれるもの、つまり全てのソフトです。また、クラウドで管理しているので、常に最新バージョンを使うことができます。

料金の方ですが、オマケがついて2台まで使える利用権が年間で12,744円(税込み)、月間に換算すると1,062円ですね。

安いの?高いの?ということで言えば、月間1,062円というのはOneDrive1TBの月間利用料として妥当な金額だよ、と斜め上からの回答になります。「OneDriveなんていらねえよ!」という人に対してはまた別の見方になると思いますが、私は家族の動画を保存するクラウド・ストレージを探していたので、ある意味「渡りに船」かなと思ってます。

3.Office Premiumも同時に登場

Office Premium
Office365と同時に「Office Premium」という新製品も登場します。昔はOffice Premiumという名称のパッケージがありましたが、今度のPremiumはちょっと考え方が異なります。Personal,Home&Business,Professionalそれぞれの製品シリーズについて、製品名の末尾に「Premium」がつくんです。例えば「Office Personal Premium」という具合です。

なにがPremiumかというと、上に書いたオマケ、OneDrive1TBとSkypeの60分無料通話がPremiumの正体です。価格の方は不明なのですが、従来のOffice製品版は2ライセンス(2台までインストール可)だったものがPremiumでは1ライセンスのみになっていることから、売価の方は従来製品の半額強になると思います。これはこれで安くていいですよね。

OfficePremiumの一覧
この方によれば、Premiumを購入した人はオマケ部分を2年目以降も使うことができ、その価格は年額で6,264円、月額換算すると522円となります。やっぱオマケはいらない、という人は支払う必要がありません。

PremiumシリーズはPCのプレインストール版なんかに使われそうですね。

4.低価格タブレットのバンドルはOffice365に変更されそう

だれでも気付くとは思いますが、この先年末商戦で発売されるWindowsタブレットにはOffice365 Soloがバンドルされるようになるでしょうね。タブレットバンドル版のOfficeについては従来からMicrosoftが価格を優遇しているんだろうと言われていましたが、当然Office365でもダンピングをしてくると思います。そうなると、本当に日本でも99ドルタブレットというか、1万円そこそこの低価格Windowsタブレットが登場するかもしれません。

ちなみに私はこのOffice365 Soloを大歓迎します。前回の記事でWindows10 テクニカルプレビュー版を使うために「2 in 1買おうかなあ」と書きましたが、Office365 Soloを購入するつもりなので、買うかもしれない2 in 1についてはOfficeのバンドル有無を気にしなくていい、いやバンドルされてないほうがいいということになります。なんならヤフオクでOfficeが抜かれた新古品を買うのもアリですね(Officeを抜いて、Officeだけ転売するのは違法じゃないですけどMicrosoftの規約違反になるので、おすすめしません。でもOfficeが抜かれたPCやタブレットを購入することは違法でも違反でもありません)。それと、動画の保存先をクラウドにしようと思っていて、これがまた100GB以上は余裕でありそうなので、OneDrive1TBというのもそれなりに使うと思います。

これらのことから、私にとってOffice365 Soloの月額換算1,062円というのは十分支払う価値のあるものだと思っています。

5.関連リンク

2014.10.17 Office が生まれ変わります。:Microsoft(日本)

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑