Kindle Cloud Reader - WindowsタブレットでもKindleが使えるようになったよ!

公開日: : 最終更新日:2014/10/27 デスクトップアプリ , ,

Kindle Cloud Reader
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。大ニュース!と言ってもいいでしょう、AmazonのKindleがついにWindowsタブレットでも使えるようになりました。

スポンサーリンク

といっても、Kindleが日本のWindowsストアアプリになったわけではありません。ブラウザからアクセスする「ブラウザアプリケーション」という形態です。対応しているブラウザはInternet Explorer、Firefox、Safari、Chromeで、もちろんモダンUIスタイルのInternet Explorerにも対応しています。

では早速使ってみましょう。タブレットでの利用を念頭に記事を書き進めますが、もちろんPCからでも使えます。

1.使い方

まずはブラウザアプリケーションのURLにアクセスします。タブレットの場合、モダンUIのInternet Explorerからアクセスしましょう。理由は後ほど・・・。

http://www.amazon.co.jp/cloudreader

Kindle Cloud Reader ログイン
リンク先のURLにアクセスするとログイン画面が出ます。この色使い、本物のKindleですねえ。

Kindle Cloud Reader 設定
ログインが完了すると、このようなダイアログが出ます。Windowsタブレットで使う場合、ダウンロードできたほうがはるかに便利(これも後ほど理由を説明します)なので、画面下のプロンプトの「はい」を押し、「今すぐ始める」を押します。

Kindle Cloud Reader ライブラリ
これが「ライブラリ」画面です。本棚ですね。私、以前Bluestacksの記事を書いた際に、無料本をKindleに入れていたので、初期状態からライブラリに本があります。

BlueStacks - AndroidのアプリをWindows タブレットで使う(2)

なお、本の購入は、ライブラリ画面の右上にある「Kindleストア」ボタンを押してAmazonに飛びます。この際、新しいタブではなく、Kindle Cloud Readerが開いているタブがAmazonに飛んでしまうので、すぐに読書を再開する場合は、ブラウザの「戻る(←印)」ボタンで再びKindle Cloud Readerの画面に戻らなくてはなりません。慣れればどうということはないのですが、最初は結構もたつくというか焦ります。Kindleストアには無料の本もたくさんありますので、適当な無料コミックを1つ購入してみてください(無料のものを購入、というのも変な日本語ですけど、Amazonではこういう表現になります)。

ライブラリにある本を長押し(右クリック)すると、上の画像のように「本を開く」と「本をダウンロードして保存する」というメニューが出るので、ダウンロードします。Amazonのクラウド上に本のデータを置いたままオンラインで読むこともできますが、通信環境が良い場合でもページめくりがもたつきますし、通信環境が悪ければ最悪の読書になってしまいますので、ダウンロードして読むことをおすすめします。

スポンサーリンク

Kindle Cloud Reader 読書
「本を読む」画面が上の画像です。上下にバー(帯)が出ていますが、上のバーはメニュー、下のバーはその本における現在位置の表示となっています。下のバーをスライドさせるとページの早送りや巻き戻しができます。もちろん上下のバーは簡単に消せます。そして、通常のページ送りは画面の左右にタッチすればできます。

2.モダンUIのタイルに

ブラウザからアクセスするとはいえ、かなりアプリらしいというか、ストアアプリ的な快適さのKindle Cloud Readerですが、タブレットでの使い勝手をさらに良くするために、モダンUIのスタート画面にタイル化して登録しておきましょう。記事の最初のほうで「モダンUIのInternet Explorerからアクセスしましょう」と書いたのは、この「タイル化」を念頭に置いてのものです。

Kindle Cloud Reader タイルに登録1
まず、Kindle Cloud Readerを開いているところで、画面を下から上にスワイプし、タブを出します。で、右下の星印にタッチします。

Kindle Cloud Reader タイル登録2
タブが「お気に入り」の画面に変わるので、右上にあるピンのボタンにタッチします。そうすると、上の画像のようにタイルが出てくるので、「スタート画面にピン留めする」にタッチします。

Kindle Cloud Reader タイル登録3
はい、これでタイルに登録できました。

Kindle Cloud Readerはブラウザアプリケーションと言いながらも、本のダウンロードも出来ますし、読みかけの本の再開位置もちゃんと覚えてくれていますし、ストアアプリに劣らない機能があります。さらにタイルに登録すれば、もうWindowsストアアプリに遜色のない、タブレットのお供、と言えますね。

3.要注意点

実はKindle Cloud Readerは全ての本に対応しているわけではありません。Amazon側の説明では「コミックや雑誌」となっていますが、要するに「文字を拡大したり縮小したりできる本」は読むことができません。小説や新書のほとんどはこの拡大機能があるので、事実上これらの本は読めません。上の画像を見てもらうと「黒田如水」という本がライブラリにありますけど、これは小説なんで、Kindle Cloud Readerでは読めないんです。これ、めちゃめちゃ残念なところです。

また、上のほうで本はダウンロードしなさい的なことを書きましたが、ダウンロードせずにオンラインで読む場合、かなり読み込みが遅いです。同様に、ダウンロードも決して高速とはいえません。私はモバイルルーターと自宅の固定回線の両方で試してみましたが、自宅の固定回線でさえも結構な待ち時間となりました。リリースされたばかりなので、この先運用が安定したら高速化するかもしれませんが、現状、出先で、モバイルルーターでダウンロードする気にはなれません。

せっかくタブレットでKindleを楽しめるようになったので、この2点、特に前者はなんとか改善してもらいたい、と思います。メニューに「文字の拡大縮小」らしきアイコンがついている(今のところタッチしても何も起きない)ので、今後に期待できるとは思います。

4.関連リンク

Kindle Cloud Reader

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)


Gearbestセール

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑