画像梱包 ― シンプルこそ便利、画像ファイルをPDFにお手軽変換(natsuki)

公開日: : 最終更新日:2017/08/13 デスクトップアプリ ,

画像梱包
こんにちは、natsukiです。タブレットを使用するようになると、PDFファイルの使用頻度が今まで以上に上がってきますよね。特に、スキャンした画像ファイルをPDF化するという機会が、何かと多くなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

今回紹介する「画像梱包」は、そんなときに役立つ、画像ファイルとPDFファイルの相互変換を最小限の操作でこなせるソフトです。できることはただそれだけ、機能も操作もとにかくシンプル。

1.入手と導入

画像梱包 Vectorのダウンロードページ

入手は、Vectorのこちらから。トップ > ダウンロード > WindowsMe/98/95用ソフト > 文書作成 > PDF とたどっていってもいけます。「WindowsMe/98/95用ソフト」にカテゴライズされていることからも分かるように、2009年最終更新の枯れきったソフトです。Vectorのページでは、対応はXPまでとなっていますが、シンプルなソフトですので、私が知る限り、Vista以降でもこいつがうまく動作しなかったことはありません。ちなみに、一応、寄付募集なのですが、作者さんのホームページもとっくにない状態なんですよね……

画像梱包 ダウンロード
で、ダウンロードしたら解凍。中身は、exeファイル(ソフト本体)とhtmファイルのマニュアルのみ。で、exeファイルを実行するだけです。

2.使い方

画像 → PDF

画像梱包 設定
かなり色々設定項目がありますが、気をつけるのは「表示」くらいでしょう。ここは、PDF化した時の表示が、横幅に合わせるのか、画面サイズに合わせるのか等の設定なので、毎回チェックした方がいいです。あとは、必要に応じて「形式」(見開き表示にできたりする)とパスワードを設定するくらいかな? なお、「タイトル」「サブタイトル」は「ファイル名」ではないので、必要無ければ空欄で構いません。その他の細かい設定は、付属のhtmマニュアルを見てください。通常の使用では、特に気にすることはなく、デフォルトのままで問題ないかと思います。

スポンサーリンク

画像梱包 ドラッグ&ドロップ
対応する画像ファイルは、JPG,BMP,PNG,TIFF,WMF,EMFです。使い方は極限まで簡単。PDF化したい画像を選択して、ドラッグ&ドロップ。すると、おなじみの保存ダイアログが表示されるので、ファイル名を入力して保存。以上です。

PDF → 画像

さてこのソフト、「梱包」との名の通り、PDF化した画像は無劣化です。まさにPDFとして「梱包」しただけであって、簡単に元の画像ファイルに戻せます。

画像梱包 操作
これも方法は簡単。右側の「開梱」タブを選び、開梱したいPDFファイルをドラッグ&ドロップするだけ。すると、自動でファイル名のフォルダが生成されて、その中に画像ファイルが開梱されます。PDFから画像ファイルへの変換をうたうソフトやWEBサービスの中には、実はキャプチャーしてJPGファイルにしている(=画像が劣化している)ものも多いので、「そのまんま取り出せる」ことは案外希少です。

ちなみに、このソフトで作ったものではないPDFファイルも、けっこういけます。こればっかりは「ものによる」としか言えませんが。個人的に、この機能のおかげで助かるのは、やはりIMSLPからダウンロードしたPDF楽譜の画像化ですね。画像の質が悪いのを加工をかけて補ったり、書き込みを消したり、画像を取りだした上で適当な画像処理ソフトでTIFに変換してFinaleに取り込んだりと、非常にお世話になってます。まあ、うまく取り出せないファイルもありますが、ともかく手軽なので、まずはこの「画像梱包」を試し、それでダメならもっと高度なPDF加工ソフトを使っています。

3.まとめ

ひとつの目的に特化したソフトなんで、使わない人はまったく不要、使う人はめちゃめちゃお世話になるソフトです。で、私の場合は仕事に趣味(特に楽譜)に大活躍してもらっています。

たいていのスキャナには、スキャンした画像をそのままPDFに変換する機能が付いています。また、その際に簡単な加工ができるものも多いでしょう。それでも、いったん画像ファイルにしてからPDF化した方が便利なこともあります。例えば、コントラストやトリミング、JPG縮率などを自分で調整したい、元の書類にあった書き込みを消してからPDF化したい、あるいは、いつでも画像ファイルに戻せるようにしておきたい、などなど。もちろん、すでにある画像ファイルを、整理したり、他人に送ったり、複数画像を冊子印刷したりと、様々な事情でPDF化したい場合にも便利です。

シンプルゆえに高い汎用性を持つソフト。サイズも、古いソフトだけあって362KBと非常に軽いので、とりあえずオンラインストレージにでも放り込んでおくと何かと便利だと思いますよ。

Comment

  1. クロエ より:

    画像梱包…懐かしい!
    楽譜や自炊の物があるときは助かりますよね。

    • natsuki より:

      コメントありがとうございます。
      こういうツール系のって、新しいのはあんまり見かけないんですよね。
      仮想プリンタやワープロソフトなどの「pdfで保存」機能を使うと、画像は劣化するし、不可逆変換だし。
      他にありそうでない、貴重なソフトです。

  2. あるえふ より:

    何年も前には確かに使ったことがあるソフトでした。すっかり忘れてた(汗)
    今はひとまとめにせずにDropboxあたりのクラウドに上げてしまうので。

    そうか、自炊でPDF化には重宝して使えるか。
    自炊分はkobo用にePub形式で造ってたから気付かなかった。

    • natsuki より:

      コメントありがとうございます。
      自分だけで、デジタルでしか見ないなら、ePubの方が操作性が高いと思いますが、物理的に印刷する必要があったり、他人とやりとりしたりする時には、やっぱりpdfの方が便利ですからね。この辺は、用途による使い分けだと思います。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑