Windowsの次期アップデート(Creators Update)についてまとめてみました(ふんぼ)

Windowsの次期アップデートについて1

画像出所:ZDNet


どうも、ふんぼです。とうとう春がやってきましたね。といいつつも私はどうしても朝、布団から抜け出せません。Windows10の大型アップデート「Creators Update」のリリースが迫ってきましたので、どんな機能が追加されるのかをまとめてみました。今回のアップデートはその名の通り、Windowsを使って創作活動をしている人向けのアップデートです。

スポンサーリンク

また、以前書いた記事にある通り、ゲーム関連の機能も強化されるので、ゲーマーの人にとっても重要なアップデートになると思われます。私自身趣味で3Dゲームとかを作ったりするので今回のアップデートには期待大です。なお、この記事は海外ニュースサイトZDNetの「What to expect from the Windows 10 Creators Update」という記事を引用元としています。

1.Windows Update関連

Windows10が登場した際に「有無を言わさぬ強制アップグレード」とともに物議をかもしたWindows Updateの仕様変更ですが、今回のアップデートで改善されることになりました。現在の仕様では放っておくと勝手にアップデートがインストールされ、再起動が行われてしまいます。一応アクティブ時間というのを設定しておけばその時間は勝手に再起動はされませんが、アクティブ時間外になると作業途中であっても容赦なく再起動が行われます。私自身、作業途中に再起動が行われ80%ぐらい進んでいた作業が全部パーになってしまったという苦い経験があるので、今回の改善はありがたいです。

具体的には、アップデートが利用できるようになると以下のようなメッセージが表示されてこちら側の準備が整うまでアップデートを待ってくれます。

Windowsの次期アップデートについて 警告メッセージ
ただし、デフォルトではこの機能はオフになっているらしいので注意が必要です。

2.Microsoft Edge

Windowsの次期アップデートについて Edge
満を持して登場したけれども、なんかいまいちパッとしないEdgeですが、今回のアップデートではデフォルトでFlashコンテンツをブロックする機能が追加されるようです。

スポンサーリンク

以前、海外のPC雑誌で「Flashを停止するとどのようなメリットがあるのか?」という内容の記事を読んだことがありますが、それによると、セキュリティの向上やPCへの負荷の軽減などのメリットがあるようです。個人的にEdgeは機能が貧弱な上カスタマイズ性も低いと思っており、「Firefox・Opera使い」となっています。そのため、私には使う意味がなさそうで、興味もないんですけどね。

3.スタートメニューが進化!

現在のスタートメニューのタイル機能はWindows 8の頃からあまり変わっておらず、カテゴリ分けはできるもの、フォルダにしてひとまとめにすることができず、結果的に画面の小さいWindowsタブレットでは一度に表示できるタイルの数が少なくなってしまっていました。

Windowsの次期アップデートについて1
しかし、今回のアップデートではAndroidやiOSのようにタイルをフォルダにまとめて管理ができるようになるので、操作性が良くなりそうです。

4.Windows Defenderが進化

皆さんはセキュリティソフトは何を使っていますか?私はお金がないのでWindows Defenderを使っています。ウイルスの検出率も悪くないのでメインPC以外はアンチウイルスソフト入れてないんですよね。「いやいや、セキュリティソフトはノートンかカスペでしょw」という人は読み飛ばしても構いませんが、たぶん多くの人がWindows Defenderを利用しているのでないでしょうか?

Windowsの次期アップデートについて1
今回のアップデートでは、Windows Defenderは「Windows Defender Security Center」に生まれ変わり、インターフェイスが一新されシステムの状態がパッと見てわかるようになっています。また、「デバイスのパフォーマンスと正常性」という項目でなんとWindowsのクリーンインストールができてしまいます!もはや、”ただの”付属のセキュリティソフトではななくなっていますね。

5.まとめ

このまま順調に行くとUpdateが降ってくるのは4月の上旬とのことで、ほんとにもうすぐです。次回のアップデートは大型アップデートといっても使い勝手が劇的に変化するようなことはなさそうです。

次期Windowsには、この記事で紹介したものの他にも細かい機能追加や修正がたくさん加えられています。今回紹介したものは比較的細かい内容でしたが、個人的には「かゆいところに手が届く」アップデートで嬉しく思います。

また、毎度のことですがWindowsの大型アップデートは容量が大きいので今のうちからディスク容量を開けておくことをおすすめしますw

6.引用元サイト

What to expect from the Windows 10 Creators Update:ZDNet

Comment

  1. NIA より:

    デスクトップ持ちには待望の・タブレット持ちには憂鬱なアップデートの季節がやって来ましたね。運よくWindows10のアップデートが出来たデスクトップですが被害は甚大wでHDDが数台が戻らぬ人(?)になりました。(ハブが原因っていうのもあったかな?)3D強化、タブレットに恩恵ある・・・のかな?アップデート後の容量・タブレット32GBで重々ギリギリになっちゃうんでしょうか。一番の心配です。一番最初に人柱PCになるのは・・・PIPOX7・・・かな?(チキンですね)

  2. 匿名 より:

    恐怖のアップデート来ちゃった

  3. 匿名 より:

    Insiderのほうでかなり良くなってるから期待大

  4. ふんぼ より:

    >NIAさん、匿名さん
    やはり皆さんもアプデは大変そうですねw私も
    大型アップデートのせいでPCが使いたいときに使えなくなって(勝手に始まるんですもの・・・)イラッときた思い出があります。
    それと、3D強化と言ってもPaint3Dが追加されるぐらいなような気もしなくはないですが・・・・。

    >匿名さん
    私はInsiderには参加していないので詳しくはわかりませんが、噂では結構良くなっているらしいですね。私も正式リリースに期待大です。

  5. 匿名 より:

    Edgeは金銭が絡むサイトのログインに使ってる。
    拡張も入れないプレーンな状態で。
    その他、用途ごとに5種類のブラウザを使い分けていて、常時3種類のブラウザは起動しっぱなし。
    それぞれのブラウザはタブグループやツリー型タブでまとめられている。

  6. 匿名 より:

    セキュリティソフトは、これ見てから標準のDefenderに切り替えた。

    「Microsoft以外のウイルス対策ソフトは害悪なので入れるべきではない」とMozillaの元開発者が告白
    http://gigazine.net/news/20170131-stop-using-antivirus/

  7. かぜ より:

    早く安心してメインで使えるOSに育ってほしいです

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest promotion-teclast-carnival-sale-special promotion


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑