DELL XPS 13 2-in-1 - あの名機に2 in 1タイプが登場!日本発売が待ち遠しい!

公開日: : DELL , ,

DELL XPS 13 2 in 1
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。遅ればせながらCES 2017(The International Consumer Electronics Show、2017年1月5日から米国ラスベガスで開催の国際展示会)ネタをスタートさせます。年末年始はずっと実機レビューやってた気がします…。大手の情報サイトだとスタッフを現地に派遣してタイムリーに記事を書けているわけですが、ウインタブの場合はその予算もなく、そもそも派遣するスタッフもいない状況なのでw 情報が遅いぶん、しっかり調べて記事を書こうと思います。

スポンサーリンク

今回はDELLの名機「XPS 13」に追加された2 in 1タイプ「XPS 13 2 in 1」を紹介します。XPS 13は「ベゼルレス」のスタリッシュでコンパクトな筺体をもつ13.3インチサイズのモバイルノートで、「予算があれば買いたい」製品の一つに違いないと思いますが、そのXPSが2 in 1に、ということなので、思わず色めき立ってしまいます。

1.スペック

OS: Windows 10 Home / Pro
CPU: Intel Core i5-7Y54 / i7-7Y75
RAM: 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ: 128GB / 256GB / 512GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチ(1,920 × 1,080)/(3,200 x 1,800)
ネットワーク: 802.11ac、Bluetooth 4.1
カメラ:  ワイドスクリーンHD(720 p)Webカメラ
ポート: 
 USB 3.1(PowerShare仕様) x2(うち1つはThunderbolt 3)
 microSDスロット、オーディオジャック、Noble Lockスロット
バッテリー稼働時間: 13時間(ビジネスアプリ)~15時間(動画視聴)
サイズ: 304 × 199 × (8 -13.7) mm / 1.24 kg

従来からあるクラムシェルのXPS 13はCore i機ですが、この製品のCore i5とかi7というのは「Kabylake世代のCore m」というべきもので、Core i5-7200Uとかi7-7500Uなどとは別のものです。処理性能がどのくらいなのかは未知数ですが、私の数少ないKabylake試用経験に照らすと、SkylakeのCore mよりはかなりパフォーマンスが向上しているとは思います。

CPUのほか、OS、RAM、ストレージについて細かく選べるものの、BTO的なものではなく、レディメードです。米国でのバリエーションは

Home版OS、Core i5、4GB、128GB、FHD: 999.99ドル(約117,000円)
Pro版OS、Core i5、8GB、256GB、FHD: 1,249.99ドル(約146,300円)
Pro版OS、Core i7、8GB、256GB、FHD: 1,349.99ドル(約158,000円)
Pro版OS、Core i7、16GB、256GB、FHD: 1,449.99ドル(約160,700円)
Pro版OS、Core i7、8GB、512GB、QHD+: 1,749.99ドル(約204,800円)
Pro版OS、Core i7、16GB、512GB、QHD+: 1,849.99ドル(約216,500円)
※左からOS、CPU、RAM、ストレージ、ディスプレイ解像度の順で表記しています

の6つです。特に名前はついていませんが、日本だと「スタンダード」とか「プレミアム」とか「プラチナ」なんていうグレード名になると思います。

また、この製品はクラムシェルのXPS 13をキーボード非分離型の2 in 1にしたものですが、サイズは若干変更されています。普通だとこのように筺体を2 in 1化すると重くなるのですが、この製品の場合若干薄型となり、重量も50 gくらいですが軽量化しています。つまり、よく似た筺体ではあるものの、ヒンジ以外の部分についても新設計、ということです。

クラムシェルのXPSと比較して、ちょっとマイナス、というところもあります。入出力ポートが減り(USBポートがひとつ減り、カードリーダーがフルサイズのSDからmicroSDになりました)、バッテリー稼働時間が若干短くなっています。ただし、バッテリー稼働時間に関しては日本では異なる表記になるかもしれませんね。

2.筺体

DELL XPS 13 2 in 1 筺体
2 in 1になってもXPS 13の持ち味である「InfinityEdge(極細ベゼル)」はそのままです。そして、2 in 1化したことにより、全モデルがタッチ操作可能となりました。

スポンサーリンク

DELL XPS 13 2 in 1 筺体の変形
いわゆる「4つのスタイル」ですね。ベゼルがないに等しいデザインなのでタブレットモードやテントモードにしてもかなりスタイリッシュで存在感があります。

また、この製品は専用のスタイラスペンを使用すれば2,048段階の筆圧対応の手書き入力が可能になっています。なので、テントモードやタブレットモードの出番も多いかもしれませんね。

DELL XPS 13 2 in 1 正面と側面
正面、そして側面から見ると、クラムシェルのXPSとそっくりです。ただ、カメラがロゴマーク下に移動されています。クラムシェルの方もベゼルが極細なので、ディスプレイ面の左下にカメラがあるんですけどね。

DELL XPS 13 2 in 1 各部名称
各部名称です「1.スピーカー(両側面にあります)、2.電源ボタン、3.MicroSDスロット、4.USB Type-C 3.1、5. Noble Lockスロット、6. Thunderbolt 3、7.オーディオジャック、8.LEDインジケーター」となります。

なお、筺体素材はクラムシェルのXPSと同様にCNC加工のアルミとカーボンファイバー(キーボード面)製です。ガラスはゴリラガラスですね。クラムシェルの方は実機レビューをした経験があり、非常に質感が高かったことを覚えていますが、2 in 1のほうもそれと同等の、高級感あふれるものと思われます。

3.価格と発売時期

DELL XPS 13 2 in 1は米国ではすでに発売されており、バリエーションと価格は上に書いたとおりです。一応再掲しますね。

Home版OS、Core i5、4GB、128GB、FHD: 999.99ドル(約117,000円)
Pro版OS、Core i5、8GB、256GB、FHD: 1,249.99ドル(約146,300円)
Pro版OS、Core i7、8GB、256GB、FHD: 1,349.99ドル(約158,000円)
Pro版OS、Core i7、16GB、256GB、FHD: 1,449.99ドル(約160,700円)
Pro版OS、Core i7、8GB、512GB、QHD+: 1,749.99ドル(約204,800円)
Pro版OS、Core i7、16GB、512GB、QHD+: 1,849.99ドル(約216,500円)
※左からOS、CPU、RAM、ストレージ、ディスプレイ解像度の順で表記しています

うーん、4Kディスプレイは魅力なんですけど、最下位の構成でも十分に使えるスペックなんだよなあ…。この製品は極細ベゼルにせよ、アルミ&カーボン素材にせよ、筺体の品質が抜群ですから、個人的には一番安いのでもいいのかな、と思ってしまいます。

日本での発売時期は未定ですが、どう考えても日本発売はあり、と思います。CPUのスペックが異なるので、絶対的な処理性能はクラムシェルのXPS 13のほうが上だと思いますが。サイズ感がほぼ同じな上、筆圧対応の手書き入力も可能、ということもありますので、こっちのほうが人気が出るかもしれませんね!

4.関連リンク

New XPS 13 2-in-1:米国DELL 製品ページ

Comment

  1. kinji sumimori より:

    これ買うなら、価格的に米Razer社のblade Stealthまで考えちゃう。
    外付けグラボRazer coreって、ガジェットとして萌えませんか?

    • wintab より:

      kinji sumimoriさん、こんにちは、コメントありがとうございます。確かにそうですね。グラボの他にも、とにかく合体したり変形したりといった、ロボットっぽいギミックに惹かれてしまいます。

    • miz より:

      Razer CoreはTB3載ってれば使える可能性は大いにありますよ
      http://blog.livedoor.jp/wisteriear/archives/1059916230.html
      現状だとTB3のちっぶはほぼIntel製なのでドライバさえ手に入れてしまえばよさそう
      ただ結局高くて買えない気がしますが

  2. ゴシックスノウ より:

    前々から思っていたんですが、解像度3200×1800を4Kと表記するのは如何なものかと?
    4Kとは4000のことなので、3200×1800であれば、QHD+(DELL公式はこの表記)とか、3Kと表記するのが正しいかと。
    一般的には、4Kといえば、3840×2160のことを指すと思われます。

    • wintab より:

      ゴシックスノウさん、こんにちは、コメントありがとうございます。ご指摘に基づき、次回以降「~K」という表記はしないことにします。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑