ASUS TransBook T100TAM - 大人気の2 in 1 PCにハイグレードモデルが追加されました

公開日: : 最終更新日:2014/10/27 ASUS , ,

ASUS TransBook T100TAM
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ASUSのTransBookといえば、値頃感のある2 in 1 PCとしておそらく人気No.1だと思います。価格.comのタブレット売れ筋ランキングを見ても10月10日現在での人気No.1はTransBookです。2013年に初代モデルが登場し、2014年8月にはCPUがパワーアップしたモデルが追加されています。

スポンサーリンク

ASUS TransBook T100TA - CPUがパワーアップしてカラフルになったよ!

このTransBookに上位モデルが追加されました。名称は「TransBook T100TAM」で、現行モデルが「TransBook T100TA」なので、末尾に「M」が追加されたということですね。発売開始は11月上旬から、となっています。

1.スペックのほとんどは変更なし

上位モデルなんですが、ハードウェアとしてのスペックはほとんど変更がありません。
最初にT100TA(現行モデル)のスペック表を掲載します。

比較用 T100TAスペック表

※クリックで拡大します

T100TAM(新型)では赤枠で囲んだ3カ所が変更になりました。

・タブレット本体に内蔵されているストレージがT100TAの32GBから64GBに倍増
・バッテリーの稼働時間がT100TAの11.1時間(キーボードドック接続時は8.1時間)から9.6時間(キーボードドック接続時は7.2時間)に短縮(悪化)
・重量がT100TAの本体550g、キーボードドック583g、合計で1.13kgから本体570g、キーボードドック600g、合計で1.17kgに重量化(悪化)

ストレージ32GBというのは現行TransBookの唯一と言っていいウイークポイントでしたが、それが解消され、64GBとなっています。もともとTransBookはキーボードドック側に500GBのハードディスクを搭載していますし、このご時世OneDriveなどクラウド・ストレージも活用できますから、内蔵ストレージの容量が気になるのはWindowsストアアプリ、特にゲーム類をたくさんインストールする場合、あるいはデスクトップソフトウェアで内蔵ストレージにしかインストール出来ないものをたくさんインストールする場合に限られると思います。でもまあ、プライマリのストレージにデータがたくさん入る、というのは少なくとも悪い話ではないので、64GBを選べることを素直に喜ぶべきでしょうね。

スポンサーリンク

バッテリーの稼働時間が短くなってしまったことは残念ですが、おそらく内蔵ストレージの増量が影響しているのだろうと思います。また、重量がわずかに重くなったのは表面素材の変更によるところが大きいのでしょう。詳しくは以下の項で。

2.天板が樹脂から金属製に変更

TransBook T100TAM 天板
現行モデルT100TAは外板が樹脂製だったのに対し、T100TAMはヘアライン加工を施した金属製となっています。重量がわずかに重くなったのはそのせいだと考えられますが、金属製になったことにより、耐久性・堅牢性が向上していることは言うまでもありません。もちろん見た目の高級感もグッと高まり、よりノートPCっぽい外観になっていますね。

3.実売価格

この記事の参考としたサイトの1つ、engadget日本版によれば、「予想実売価格は税別5万9800円。T100TA の予想実売は税別5万5370円なので、差額は約4500円です。」となっています。でもT100TAの実売価格は4万円台後半に下がっているのが現状で、10月10日現在、Amazonでは46,303円(税込)、価格.comでの最安値が45,985円(税込)です。engadget日本版の言う「差額は約4500円」ということであれば、予想される実売価格は5万円強となりそうです。

T100TAとT100TAM、ストレージが32GB増量し、天板が金属化したということの差額が約5,000円以内ということであれば、非常にリーズナブルなものだと言えそうです。タブレットの場合、あとで内蔵ストレージを大きくするということがほぼ不可能なので、どうせ買うなら新型のT100TAMでしょうね。

それと、T100TAMを購入すると「microSDXC カード 64GB が絶対もらえるキャンペーン(2015年1月18日まで)」の恩恵を受けられるようです。こちらはキャンペーンサイト(11月1日オープン予定)にアクセスすれば詳細情報を得ることができるようです。上の差額の話に戻りますけど、microSDの64GBというだけで4,500円くらいならほぼ埋められますね。なので、キャンペーンを考慮する場合はT100TAMで決まりでしょう。

4.関連リンク

ASUS TransBook T100TAM 発表。メタル天板採用、64GB eMMC 搭載の分離合体Windows タブレット/ノート:engadget日本版
ASUS、メタル天板の10.1型 Windows タブレット「TransBook T100TAM」– キーボード付属で、実売5万9,800円:インターネットコム
ASUS TransBook T100TAMイベントページ(11月1日公開予定)

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑