Microsoftストアアプリ - OneDrive タブレットユーザー歓喜!ついにユニバーサルアプリ化!

OneDriveがユニバーサルアプリに
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。朗報です!特にタブレットユーザーには大歓迎の話題ですね。OneDriveがユニバーサルアプリになりました!Windows 10になってからOneDriveのストアアプリがなくなってしまい、すごく残念に思っていたのですが、これでもう安心ですね。もちろん無料でアプリサイズは25.5MBです。なお、Windows 10 Mobile(Windows スマホ)を使っている人はほっておいてもアップデートされる、もしくはすでにアップデートされていると思いますので、なんにもしなくてOKです。

スポンサーリンク

OneDrive UWP版
アプリを起動すると、Microsoft製のアプリのお約束、簡単なアプリ案内があります。

OneDrive UWP版 ホーム画面
それが終わるとこんな画面に。操作系のアイコンは左側と右上にあります。左側には「ファイル一覧」「写真」「最近のドキュメント」「共有」「ゴミ箱」「アカウント設定」のアイコンがあり、

スポンサーリンク

OneDrive UWP版 複数アカウント
「アカウント設定」からは複数アカウントの登録が可能になっています。私はウインタブで使っているメインのアカウントのほか、実機試用の際に使うサブアカウントがあるので、これはすごく便利です。

OneDrive UWP版 サムネイルビュー
画面右上には「(ファイルの)追加」「(ファイルやフォルダの)選択」「並べ替え」「新規フォルダー」のアイコンがあり、さらに「・・・」アイコンをタップすると、「ビュー」を切り替えることもできます。上の画像は「サムネイルビュー」で表示したもので、フォルダーやファイルのアイコンが大きめのサムネイルになるので、タッチ操作時に便利です。

私はOneDriveユーザーで、これがないと仕事にならない、というくらいよく使っています。ですが、タブレットやPCとの同期設定はしておらず、必ずブラウザーからOneDriveにアクセスしています。OneDriveとPCを同期させてしまうと、同期対象のファイルがPCやタブレットの内蔵ストレージに作られてしまい、容量節約にならないからです。また、同期によって外出時などに意図しない通信が発生してしまいます。私が使っている2 in 1はストレージ容量が64GBしかなく、個人データはほとんどOneDriveに保存しているのですが、下手に同期してしまうとOneDriveのクラウドストレージとしてのメリットがなくなっちゃうんですよね。

ユニバーサルアプリのOneDriveは、操作系アイコンの配置などは別として、見た目も機能もブラウザーで使うOneDriveとよく似ています。PCとの同期もありません。これがうれしいです。

一方、Windows 8.1アプリでは対応していた「フォルダごとのアップロード」はまだ対応されていないようで、この先もう少し機能追加してくれるともっとうれしいなあ、と思いました。

とりあえず今回は速報、ということで記事にしていますが、もう少し詳しく調べてみて、改めて記事を書きたいと思っています。

関連リンク

OneDrive:Microsoftストア

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑