Wiko Tommy ー ポップなカラーリングが魅力的な5インチエントリースマホがフランスから!(かのあゆ)

Wiko Tommy
こんにちは。かのあゆです。日本のSIMフリー端末にまた新しいメーカーが参入することとなりました。フランスのスマホベンチャー企業の「Wiko」が2月14日、日本でSIMフリースマートフォンの販売を開始することを発表し、その第一弾として低価格なエントリーモデル「Tommy」を2月25日に発売します。

スポンサーリンク

スペック的にはローエンドモデルながらポップならカラーリングが魅力的な一台となっています。

1.スペック


OS: Android 6.0 “Marshmallow”
CPU: Qualcomm SnapDragon 210 1.3Ghz
RAM: 2GB
ストレージ: 16GB
ディスプレイ: 5インチIPS(1,280 x 720)
ネットワーク: LTE 1/3/8/19、W-CDMA 1/19、802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0
カメラ: イン500万画素、アウト800万画素
バッテリー: 2,500mAh
サイズ: 146 x 71.5 x 8.8 mm / 165 g

スペックは「ローエンドど真ん中」といっていいものになっています。SnapDragon 210は日本でも昨年あたりに発売したローエンド端末で何台か搭載機が登場しましたが、どちらかというと発展途上国向けの低価格エントリー端末用に設計されているCPUです。このCPUの採用機が多かったWindows 10 Mobileの場合はローエンドでもサクサク動くOSなので問題がなかったのですが、Huawei Y6などAndroid機の場合は若干パワー不足感がある印象でした。

ただここら辺に関してはOSのチューニング次第でパフォーマンスも変わってくるので、WikoのOSチューニングに期待したいところです。

同価格帯ではMediaTeK MT6737を採用したFreetel Priori4が存在しますが、CPUの処理性能としては正直Priori4のほうが上と思われます。また低価格モデルでありながらジャイロセンサーは搭載されているため、「ポケモン Go」などは問題なく楽めるでしょう。

ネットワーク的には日本向けモデルということでdocomoの主要バンドはカバーしており、VoLTEにも対応しています。そのほかアウトカメラの性能も近年としては割と抑えめの800万画素だったりとやはりエントリースペックとなっており、メイン端末として活用するにはパワー不足な印象はあります。

スポンサーリンク

2.筐体

Wiko Tommy 筺体
筐体に関して言えば特に最近はやりの2.5Dガラスを採用しているわけでも狭額縁デザインを採用しているわけでもなく、ベゼルも太めではあるものの、リアカバーにポップなカラーリングを採用しているのは魅力的です。

Wiko Tommy カバー
リアカバーはトゥルー・ブラックとフラッシー・レッド、クール・グレイ、ブリーン(青緑)、サン・イエロー、ホットピンクの6色を用意。

また素材はソフトタッチ素材と皮仕様のものも用意されているとのことで、この機種は基本スペックの高さよりは筐体のポップさが売りなのではないかなと個人的には感じています。サン・イエローなどは明るいカラーリングで個人的には魅力を感じます。

3.価格など

Wiko Tommy 筺体2
発売は前述のとおり2月25日からで、販売価格は14,800円(税別)となります。この価格帯はASUSのZenfone3 MaxやFreetelのPriori4などライバルが多く、基本スペックに関しては正直ライバル機のほうが高かったりするため、もう少し安め価格設定のほうがよかったような気もします。

ただポップな筐体デザインは持ち歩いて楽しそうですし、何よりこの機種がWiko日本参入第一弾ということで、個人的にはこの一台で終わることなく次の端末の日本投入も期待したいです。

とにかくポップなカラーリングのエントリー機を探しているという方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

4.関連リンク

Tommy : Wiko Mobile
XPERIA X Compactと過ごすかのあゆブログ

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest セール


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑