UleFone S8 Pro - またまた「S8」こっちはエントリースペックで5.3インチサイズの1万円スマホ!

公開日: : Android , ,

UleFone S8 Pro
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。世界的に人気のあるハイエンドスマホ「Samsung GALAXY」に最新モデル「S8」が登場してからというもの、中華スマホのほうでは「やっぱり」といいますか「インスパイアされました」系の製品が続々と登場しています。今回紹介する「UleFone S8 Pro」もそのひとつなのですが、製品価格がなんと1万円以下なんです!もちろんスペックは本家のGALAXYに及ぶべくもありませんが、パチもん的に見るのではなく「1万円スマホ」として見た場合、すごく魅力的な製品だと思います。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Android 7.0
CPU: MediaTek MT6737
RAM: 2GB
ストレージ: 16GB
ディスプレイ: 5.3インチ(1,280 × 720)
SIM: Micro SIM × 2
通信バンド: LTE B1/B3/B7/B8/B20
ネットワーク: 802.11 b/g/n、Bluetooth4.0
入出力: microUSB、microSD、オーディオジャック
カメラ: イン2.0MP(補間後5.0MP)/アウト8.0MP(補間後13.0MP) + 補間後5.0MP
バッテリー: 3,000 mAh
サイズ: 146.4 x 72.2 x 9.2 mm / 184 g

スペックはCPUがMT6737、RAM2GB、ストレージ16GBと、典型的に「2017年のエントリースペック」となります。ちなみに日本の1万円スマホ「ヤマダ電機 EveryPhone EN」とここまでは全く同じです。エントリースペックだから操作がカクつくとか、まともにアプリが使えない、ということはありません。一部の凝ったゲームをするのが難しいくらいで、例えばサラリーマンの人がメールやSNS、ニュースアプリなんかに使う場合はほぼ支障がないと思っていいです。

ディスプレイは5.3インチと少し変則的なサイズですが、HD解像度なのでエントリースペックのスマホと変わりません。ディスプレイサイズが変則的なのはGALAXY S8のようなデザインだから、という理解でいいと思います。

対応バンドは日本メーカー製品とは異なり、「バンド1頼み」で、このへんはほとんどの中華スマホと同じような感じになります。また、デュアルSIMでDSDS(2枚のSIMによる同時待ち受け)対応ということですが、日本の通信事情だとDSDS対応できるのかはわかりません。それと、デュアルSIMのスマホの多くはSIMスロットのうちの1つがmicroSDスロットを兼ねているのですが、TOMTOPの製品ページを確認すると、SIMスロットと別にmicroSDスロットがあるかのような表記になっていますので、あるいはSIMスロットとmicroSDスロットが別に装備されているのかもしれません。

また、カメラですが、表記上「イン8MP/アウト13MP + 5MP」と記載されているものの、Banggoodの製品ページでは「(ソフトウェア)補間後」と書いてあり、上のスペック表はBanggoodの記載に合わせています。価格が価格なので、おそらくBanggoodの記載が正しいのではないかと思います。

最後にサイズ感です。GALAXY S8のように筐体に対して大きめのディスプレイを搭載しているため、この製品のサイズはほぼ5インチのスマホと同じくらいになります。EveryPhone EN、Elephone P8 Miniと比較してみましょう。

Ulefone S8 Pro:146.4 x 72.2 x 9.2 mm / 184 g
EveryPhone EN:145 x 70.5 x 8.5 mm / 140 g
Elephone P8 Mini:143.6 x 71.8 x 8.1 mm / 133 g

タテ・ヨコサイズはまあ5インチ並みと言っていいですが、若干厚みがあるのと、重量がかなり重いですね…。ElePhone P8 Miniは最近ウインタブで実機レビューをしており、その軽さが好印象だったのですが、この製品はそれよりも50 gも重いということになります。

スポンサーリンク

2.筐体

UleFone S8 Pro 筐体
ご覧のように上下左右のベゼル部分がかなり細くなっていて、前面にはホームボタンがついていません。

UleFone S8 Pro ゴールド
筐体色はブラックとゴールドの2色です。そして、ゴールドの画像のほうが側面のラウンド処理がわかりやすくなっていますね。

UleFone S8 Pro ベゼル
メーカーの説明では側面のベゼル幅がわずかに0.5 mmと、「ベゼルレス」といっていい細さになっています。

UleFone S8 Pro 側面
この画像を見ると側面の形状がよくわかります。また、フレームは「メタル」ということですが、背面素材がメタルであるとは書いておらず、おそらくプラスティック製と思われます。

UleFone S8 Pro 背面
背面です。デュアルレンズカメラと指紋センサーが見えます。この製品は低価格ながら指紋センサーもしっかりついています。

3.価格など

Ulefone S8 Proは中国の通販サイト「TOMTOP」でプレセール中、「Banggood」で「Alert Me on Arrival」というステイタスになっています。TOMTOPの価格がより安くなっており、8月4日現在で84,99ドル(9,774円)と、1万円を切っています。

記事の冒頭に書いたように、この製品はGALAXY S8にインスパイアされました系の製品ですが、スペックをエントリークラスに抑えつつもデュアルカメラや指紋センサー、そしてベゼルレスのデザインを実現し、価格も非常に安く仕上げられています。なので、GALAXYがどうこう、というよりも、純粋によくできたエントリースマホとして評価できますね。

性能面にこだわりのない人やセカンドスマホを探している人にはピッタリなのではないでしょうか?

4.関連リンク

UleFone S8 Pro:TOMTOP
Ulefone S8 Pro:Banggood

スポンサーリンク

Comment

  1. こぶ平 より:

    こんばんわ。
    これはまた安いですね!
    ベゼルレスは気になりますね!

    そして、
    ええい、イメージ写真はいい!ベゼルレスを映せ!公式!
    って、気分になっちゃいます。
    でも、Ulefoneのデザイン割と好きなんです実は。www

    • wintab より:

      こぶ平さん、こんにちは、コメントありがとうございます。遅レスすみません。このデザインで1万円というのはかなり魅力がありますよね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑