SAMSUNG Galaxy C7 Pro - 5.7インチの日本未発売モデルがgeekbuyingで販売開始!

公開日: : Android , ,

SAMSUNG Galaxy C7 Pro
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。Androidスマホでは世界トップシェアを誇るSamsungの製品は、日本ではキャリアモデルしかなく、基本SIMフリー機のみを紹介しているウインタブではあまり記事になることがありません。しかし、ライターのかのあゆさんはGALAXY S8のユーザーで、ライター記事としてS8をレビューしてくれています。

スポンサーリンク

今回紹介する「Galaxy C7 Pro」ですが、失礼ながら私はこの製品のことを全く知りませんでした。2017年1月に中国でリリースされたモデルとのことで、日本では未発売です。また、少し確認してみたらインドでも販売されていました。LenovoのZUKブランドと同じような新興国向けの製品なのかもしれませんが、スペックのほうはミッドハイクラスですし、Samsung製ということで筐体品質もかなりのもの、と感じました。

1.スペック

SAMSUNG Galaxy C7 Pro スペック表

クリックで拡大します

OSはgeekbuyingではAndroid 6.0と表記されていましたが、現在販売されているC7 ProはAndroid 7になっていますので、購入するとAndroid 7にアップグレード済みか、もしくはショップカスタムROM(可能性は低いと思います))でなければアップデートで7が降ってくると思われます。

CPUはSnapdragon 626でSnapdragonシリーズとしては中位クラスとなりますが、Antutuベンチマークのスコアは6万点台半ばから後半くらいです。また、RAMは4GB、ストレージは64GBなので、総合的にはミッドハイクラス(ウインタブ的には十分ハイスペック)の製品ということができます。

ディスプレイは有機ELで5.7インチ、FHD解像度となります。好き嫌いはあるかもしれませんが、ディスプレイ品質に関しては上位モデルに勝るとも劣らないものになっています。また、カメラはイン/アウトとも16MPで、デュアルカメラは装備されません。特にインカメラは画素数が非常に高いですし、Samsung製ということもあり、自撮りの画質にはかなり期待できそうですね。

サイズも厚さ7ミリとかなりの薄型です。後述しますが「iPhoneそっくり」という声も聞かれますね。ただ、2017年初頭だと、中華スマホの場合は多くがiPhone 7に影響を受けたデザインになっており、この製品のリリース時期を考えれば、「どうしてもそうなっちゃう」ということなのかもしれません。

2.筐体

SAMSUNG Galaxy C7 Pro 筐体色
リリースから日が経っているということもあり、デザインはS8とか中華の「MIXタイプ」のようなベゼルレス筐体の製品と比較すると保守的に見えます。筐体は「オールメタル」で2.5D曲面ガラスを採用しています。

スポンサーリンク

SAMSUNG Galaxy C7 Pro
geekbuyingで販売されている筐体色は「ブルー」「ゴールド」「ローズピンク」の3色です。

SAMSUNG Galaxy C7 Pro 側面
側面を見ると、やはり薄さを感じます。右側面には電源ボタンとSIMスロット、左側面に音量ボタンがあり、配置はやや独特な感じがします。

SAMSUNG Galaxy C7 Pro 下面
下側面です。この製品はUSB Type-Cポートを備えていますが、それとは別にオーディオジャックがあります。最近はiPhoneの影響を受けてか、USBポートがオーディオジャックを兼ねる構造のものが増えていますが、個人的には独立したオーディオジャックがついているほうが便利だと思います。

SAMSUNG Galaxy C7 Pro
この製品の最大のセールスポイントのひとつが有機ELだと思います。私は有機ELディスプレイの製品を常用していませんが、どのくらい美しいんでしょうね。

3.価格など

SAMSUNG Galaxy C7 Proは中国の通販サイト「geekbuying」で販売中で、10月25日現在の価格は329.99ドル(38,540円)となっています。中華スマホの水準で見るとやや高価ですが、Samsung製ということで比較対象は日本メーカー(外資も含む)になるんでしょうね。また、当然ながらGALAXY S8よりははるかに安価です。

日本ではSamsungファンの人は少ないかもしれませんが、メーカーの責任体制も含め製品の品質は間違いないというか、新興の中華メーカーとは比較にならないでしょう。また、有機ELディスプレイを搭載し、高いカメラ性能(特にインカメラ)を備えていることから、4万円弱を支払う価値は十分にあるのではないか、と思います。

4.関連リンク

SAMSUNG Galaxy C7 Pro:geekbuying

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑