Onda V18 Pro - 10.1インチの「ゲーミングタブレット」、Allwinnerの最新CPUを搭載!さて、性能は?

公開日: : Android , ,

Onda V18 Pro
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中国メーカーのOndaについては実機レビューも久しくしておらず、製品紹介の記事も最近はほとんど書いていません。「お元気ですか?」という感じなのですが、どうやらお元気なようで、新しいAndroidタブレットを発表しています。「V18 Pro」という10.1インチの製品で、12月3日現在製品ページを作っている中国の通販サイト「geekbuying」では、「Gaming Tablet」と称しています。

スポンサーリンク

1.スペック

Onda V18 Pro スペック表
まず、この製品は少し前にリリースされた「Onda V10 Pro」によく似たスペックです。V10 ProもAndroidタブレットとしては高性能な部類に入る製品と言えますが、日本ではイマイチ話題になりませんでしたよね。でも、V18 Proはスペック表で見てもV10とは重要な部分が異なります。

OSはAndroid 7.1で、V10 ProがAndroid 6.0 + Phoenix OSという、ちょっと奇抜なデュアルブート機であったのに対し、シンプルになっています。そしてCPUです。「Allwinner A63」という聞きなれないものが搭載されています。このCPUは「本当に最新」でして、Webで検索してもAntutuスコアなんかは全然見つかりません。でもメーカーとしても処理性能にはかなりの自信があるらしく、geekbuyingだけでなくOndaの公式サイトでもこの製品の紹介画像はほぼすべて「ゲーム画面」です。なお、Allwinner A63についてはメーカーのデータシートが公開されていますので、詳しくはこちらでご確認ください。

A63のデータシートを見ると、この製品(Onda V18 Pro)が「このCPUありき」の製品であるということがよくわかります。OSのAndroid 7.1、RAMの3GBというのはCPU側の制約によるものですし、2,560 × 1,600解像度のディスプレイというのはこのCPUのセールスポイントでもあります。当初「ゲーミングタブレットを謳いながらRAMは3GBなの?」って思いましたけど、A63というCPUを搭載する以上、4GBとか6GBのRAMは搭載できない、ということですね。

ということで、CPU性能については何とも言えませんが、メーカーのアピールを信じればかなり期待できそうな気はします。また、シングルブートに戻ったOSとか、高解像のディスプレイというのも魅力的なパッケージングと言えるでしょう。

スポンサーリンク

2.筐体

Onda V18 Pro 前面
正面から見ると、何の変哲もないタブレットですね。V10 Proにはホームボタンのような指紋センサーがついていましたが、この製品には指紋センサーはありません。

Onda V18 Pro 背面
背面です。見た感じOndaらしいというか、中華っぽいというか、そんなデザインですね。この製品にはカラーバリエーションはなく、ブラック/シルバーのみとなります。また、メーカーによれば筐体はCNC加工のオールメタル製ということです。

Onda V18 Pro 底面
V10 Proと同じく、この製品にもキーボード接続用のコネクタがついています。しかし、V10 ProにせよこのV18 Proにせよ、専用キーボードというのは販売されている気配がないんですよね。将来的に中国の通販サイトで購入できるようになるのかもしれませんが、現状だと外付けのキーボードを使う必要があると考えたほうがいいです。

3.価格など

Onda V18 Proは中国の通販サイト「geekbuying」でプレオーダー中で、12月3日現在の価格はストレージ32GB版が159.99ドル(18,461円)、64GB版が179.99ドル(20,769円)となっています。

この製品の評価は「Allwinner A63の性能」をどう見るかに尽きると思います。仮にAntutuスコアが6万点くらい出るような実力があるとしたら、高精細なディスプレイも合わせて考えれば、かなりお買い得感があります。また、CPU性能が「思ったほどではない」としても、32GBで18,000円台、64GBで2万円強という価格なのであれば、それほど悪い買い物にはならないのでは?と思います。

2017年の中華Androidタブレットだと、個人的にはTeclast T8T10が最も魅力的に感じられるのですが、「OndaのVシリーズ」もなかなかのものですね!

4.関連リンク

Onda V18 Pro Gaming Tablet:geekbuying

Comment

  1. alpha より:

    Allwinner A63って聞いたことないなと思って調べても英語と中国語の検索結果しか表示されなかったから全くわかんなかった…

  2. H.B より:

    タブレットでiPadが一人勝ちなのは、ハイエンドCPUを積んだ機種が他にないというのもあると個人的には思うのです。
    Antutu10万以上のマシンがあれば、ノートPC代用としてAndroid機も名乗りを上げられると思うのですが・・・。そういう意味でこの謎CPUに期待したいところです。

  3. 匿名 より:

    Allwinner A63のCPUはCortex A53*4、GPUはMali-T720MP2と書いてありますね。
    全く同じ構成のMT6737がAntutu3万点前後ですから、タブレット用に高クロックで動かすにしても、3万から4万の間になるのではないでしょうか。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑