NuAns NEO Reloaded ー キープコンセプトでOSはAndroid 7に!既存のWindowsモデルは値下げして販売継続!

公開日: : Android , ,

NuAns NEO Reloaded
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。NuAns NEOでおなじみのトリニティ株式会社が、新しいスマホ「NuAns NEO Reloaded」を発表しました。本日(2月20日)新製品発表会が開催され、参加させていただきましたのでご報告します。結論から言うと「完全キープコンセプトで、CPUやRAM、ストレージ、ディスプレイなど主要なパーツをスペックアップし、OSをAndroid 7とした」ということなのですが、発表会で説明していただいた内容も含め、記事内で説明したいと思います。

スポンサーリンク

1.Reloaded開発のポイント

NuAns NEO Reloaded 星川社長
製品説明はトリニティ株式会社の星川 哲視社長(画像中央)がご自身でされました。ただ、新製品の説明に入る前に既存のNuAns NEOの製品コンセプト説明に長時間をかけており、「?」と思いましたが…

NuAns NEO Reloaded 冒頭のボケ
Reloadedの説明に入る前に一発ボケをかまして…

キープコンセプト
NuAns NEO Reloaded キープコンセプト
Reloadedが「キープコンセプトで、ほぼ同じデザイン」であるということが発表されました。NuAns NEOといえば背面の着せ替えカバー「TWO TONE」が強烈なインパクトを放っていますが、Relaodedについてもそこは変わらない、ということですね。また、カバーが使いまわし可能ということは、従来モデルのNEOとほぼ同サイズである、ということを意味します。

NuAns NEO Reloaded 新素材
ただし、木材など、およそスマホとは縁のなさそうな素材を活用して作られたカバー類に新たな素材が追加されることも発表されました。児島デニムのほか、「コルク」「パンチングウルトラスエード」「ストーン(石っす。本物の)」が紹介されました。

NuAns NEO Reloaded OS変更
そしてOSの変更です。この画像が全てを物語っていて、もはや説明は不要か、と。星川社長いわく、「NuAns NEOは完全なるプロダクト・アウトの手法で開発された。つまり、マーケットリサーチなどをせず、自分達が一番いいと思うOSなり筺体なりを採用した。しかし、NEO発売から1年が経過し、ユーザーニーズを吸い上げることができるようになり、マーケット・インの手法を取り入れた結果がOS変更」ということです。

NuAns NEO Reloaded Androidの弱点
しかし、トリニティではNEO開発時に感じていたAndroidの弱点、「機種ごとにUIがカスタマイズされ、一貫性がないこと」「OSのアップデートが端末メーカーの責任によって行われること」について、Reloaded開発の際にしっかりクリアできる体制を構築しています。

この後、Reloadedのスペックなどについて説明がありましたが、ここからはスペック表を見ながらの説明とさせていただきます。

2.スペック

OS: Android 7.1
CPU: Qualcomm Snapdragon 625(2.0 GHz、オクタコア)
RAM: 3GB
ストレージ: 32GB
ディスプレイ: 5.2インチ(1,920 × 1,080)
対応バンド: 1/3/4/5/7/8/9/12/17/18/19/26/28、VoLTE対応(現在はauのみ)
無線LAN等: 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
カメラ: イン8MP / アウト13MP
入出力: USB 3.0 Type-C(QuickCharge 3.0対応)、オーディオジャック
バッテリー: 3,450 mAh
サイズ: 141 × 74 × 11 mm / 重量は後日公表

従来モデルNEOと比較しながら説明します。これまで書いてきたとおりOSはAndroid 7.1となり、CPUはSnapdragon 617から625に変更されています。このCPUはASUS Zenfone 3(無印)にも搭載されており、Webで検索するとAntutuスコアは6万点程度のようです。Snapdragon 650とか820には及びませんが、ミッドハイスペックくらいの性能ですね。RAMは2GBから3GBに、ストレージは16GBから32GBに、それぞれ増量されました。このあたりのスペックを見ても、Android機としてはミッドハイクラス、という理解でいいと思います。

というかね、この製品、カリカリに処理性能を競う、っていうコンセプトじゃないんですよね。皆さんとっくにおわかりだと思いますけど。

スポンサーリンク

ディスプレイは5インチから5.2インチに拡大され、解像度もHDからFHDとなりました。筺体サイズがほぼ同じでディスプレイが大きくなった、ということは「お約束の」挟ベゼル化」がなされた、ということを意味します。もともと独特で美しいデザインだったNEOが一段とスタイリッシュになった、ということです。

NuAns NEO Reloaded LTEバンド
Reloadedは3G / LTE対応のSIMフリー機ですが、3大キャリア(ということはMVNOも含む)のバンドに完全対応し、VoLTEにも対応します。ただし、今のところauのみ対応、と発表されています。

また、ディスプレイはSHARP、ガラスは旭硝子のDragonTrail Pro、カメラのセンサーはソニーと、それぞれ高性能・高品質なものを使用している、とのアピールもありました。

それと、「Androidになったから」というわけでもないでしょうが、指紋センサー、Felica(おサイフケータイ)も装備され、特におサイフケータイ機能については、トリニティでは日本人に必須の重要な機能を実装、という位置づけのようです(私おサイフケータイ使わないんでピンとこないですけど)。

筺体の防水・防塵についてはIP54規格となっており、日常の利用では十分な性能になっていると思います。

3.筺体

NuAns NEO Reloaded ディスプレイ
新製品発表会ではロック画面までは見ることができました。ご覧のように従来のNEOそっくりで、挟ベゼルとは言うものの、独特のデザインのほうが先に目を引いてしまいます。

NuAns NEO Reloaded 筺体背面
NuAns NEO Reloaded 筺体背面2
背面です。TWO TONEが装着されています(これがないとバッテリーとかが剥き出しに…)が、こうしてみると従来機NEOと見分けがつきません。

NuAns NEO Reloaded 右側面
右側面です。薄さを追求せず、手触りとか握った感触の良さを重視しているので、かなり厚みがあります。また、こんなデザイン、他にはどこにもありませんよね。

NuAns NEO Reloaded 底面
底面にはスピーカー、オーディオジャック、USB Type-Cポートがあります。NEOもUSB Type-Cですが、ReloadedはUSB3.0規格となっており、QuickCharge 3.0にも対応するので、「1時間で70%まで」充電が可能です。

NuAns NEO Reloaded 左側面
NuAns NEO Reloaded 上面
左側面、上面にはなんにもついていませんね。

NuAns NEO Reloaded
新素材「ストーン」です。触ってみましたが、「たしかに石w」でした。NuAns NEOにせよ、Reloadedにせよ、自然な素材をカバーに使っていて、握った感触を楽しめるっていうのがいいですよね。

4.価格と発売時期

NuAns NEO Reloadedは2月20日18時よりトリニティの直販サイトやAmazonなどで予約注文を受付開始し、5月より出荷が開始されます。価格は税込み49,800円です。また、既存モデルであるNuAns NEO(Windows 10 Mobile)は販売が継続され、価格が税込み29,800円と大幅値下げされます。

また、3月31日までの期間、トリニティ直販サイト「Trinity NuAns Store」でReloadedを予約すると、もれなくTWO TONE(上下セット)もしくはFLIPケース(手帳型のケース)がプレゼントされます。通常であればこの製品はTWO TONEかFLIPが必須(でないと背面が剥き出しになる)なのですが、本体(CORE)のみの価格でケースがついてくるので、非常にお得です。

以上、駆け足となりましたが、個人的には「Reloadedもいいけど、値下げされたNEOもいいよなあ」などと考えております。

5.関連リンク

Trinity NuAns Online Store

Comment

  1. 匿名 より:

    Andoroid版とW10M版のセット割引とか無いんですかねえ。両方持ってこそ価値が高まる製品という感じになってきたので……

  2. 匿名 より:

    いやいやAndroidでわざわざNuAns買わないだろ…

  3. 匿名 より:

    予約しないと別途ケース代かかるのもあって高い
    ただその分、値下げしたWin10M版は一気にお得だね

  4. いつもウインタブみてるおじさん より:

    Androidにしたことによって他のAndroidの戦いの土俵に乗ってしまいましたよねぇ
    嬉しいんですが価格を見てしまうとねぇ…(悲)

  5. 匿名 より:

    ちょっと割高感が強くて微妙な感じですねぇ
    この値段だとzenfone3に勝てない気がする・・・

  6. 匿名 より:

    値下げしたW10買おうか検討するけど新しいハードが羨ましい
    これからのW10Mはmouseが最後の希望だなー

  7. 匿名 より:

    Winスマホでなかったので,やっぱりWinスマホは先が見えないなぁ,と感じました。とても残念。
    値下げされた先代のマシンを買うしかないかな。次のVAIOフォンの登場はいつくらいになるかな?

  8. 匿名 より:

    Androidだったら買うと言われてAndroidにしたら他とくらべて値段のわりにスペック低いと言われる

  9. あるえふ より:

    Windows Phone は昨年の”他社を含めての”売れ行きからしても”今のタイミングでは”無いかな、とは思ってました。
    もし出すにしても、ちょうど MADOSMA Q501 が出たときと同じように「もうすこししたら次のバージョンが来そうなのに今のハードウェア用件満たす程度で出した」って半端な時期になっているから。

    それに以前の機体も普及価格に落とすものの併売するし(Windows Phone としては)スペック的にはまだまだミドル、それに外装も新型との互換ありでぼくとして は Windows 10 Mobile の先行きもまだ悲観はしていないです。

  10. 匿名 より:

    Android だったらとか値段のわりにスペックがとか言ってるやつはアホか。

    NuAns NEO みたいな端末を求める層っていうのは、高級料理店でもコスパ抜群の大衆食堂でもなく、製作者のアート的なこだわりが見えるモダンなお店を求めてるんでしょ。そういう人たちにとっては、ボッタクリな値段でなく当たり前に使えれば、十二分に価値のある製品になるし、ターゲットもそこでしょ。

  11. 匿名 より:

    msとクアルコムはw10mでの600番台のSnapdragonのサポートを中止したみたい
    今後600番台での新規端末は開発不可とのこと
    800系のみに絞るみたい

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)


Gearbestセール

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑