Mode1 RS - 5インチSIMフリースマホがピーアップから!「スマートフォン × レーシングスポーツ 」ってどんなの?

公開日: : Android , ,

Mode1 RS
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ピーアップの「Mode1」といえば「見た目ガラケー、中身スマホ」の「Mode1 RETRO」の紹介記事を書いたことがありますが、ただの「Mode1」という製品も販売していて、こちらは普通のスマホです。ただしスペックに見るべきものがなく(RAM1GB/ストレージ8GBとか)、これまであまり大きな話題になっていなかったように思われます。

スポンサーリンク

今回紹介する「Mode1 RS」は従来のMode1をスペックアップして実用性を高めた上、「レーシングスポーツ」のテイストを随所に織り込んだ製品となっています。

1.スペック

Mode1 RS スペック表
OSはAndroid 7.0、CPUはMT6737Tで、2017年水準だとエントリースペックのCPUとなります。しかし、以前のエントリースペックとは異なり、Antutuスコアは3万点程度は出ますので、あまり負荷をかけない使い方(ニュースアプリやSNS、パズルゲーム程度)なら問題なく使えるレベルだと思います。また、従来のMode1がRAM1GB/ストレージ8GBだったのに対し、RAM3GB/ストレージ32GBと大幅に増強されており、その点からも高い実用性が確保されていると言えます。

ディスプレイは5インチと最近のAndroidスマホとしてはやや小ぶりです。ただ、誰の手にもなじむ大きさであるとも言えますし、小さすぎるということもないでしょう。解像度はHD(1,280 × 720)どまりで、ミドル・ハイスペック機よりは落ちますが、特に汚いとか見にくいということもないと思います。

カメラはエントリースペックよりもワンランク上で、アウトカメラは13MPありますので比較的きれいな写真が撮れるのではないか、と思います。ただ、大手メーカー製品のように特にカメラ性能に力が入っているとか、どこそこのセンサーを使っているとかのセールスコメントはありませんでした。

バッテリーは3,000mAhあり、メーカーによれは「通常使用で1.5日もつ」とのことです。ディスプレイが小さめ、また解像度もHDですし、CPUもそんなにハイパワーではないので、このくらいのバッテリー容量であれば十分に長時間稼働が可能なんでしょうね。

最後にサイズです。重量178 gというのは5インチサイズのわりに少し重いような気もします。ただ、この製品は筐体も凝っており、その辺が理由で少し重量があるのかな、と思います。

2.筐体

Mode1 RS 筐体
かなり凝ったデザインです。背面はカーボンテクスチャー(カーボン調素材)で、フレームは金属製です。また、この製品にはオリジナルの壁紙(テールライトをモチーフにした3色の壁紙をカラーバリエーションに合わせてプリインストール)が用意されています。

スポンサーリンク

Mode1 RS カラーバリエーション
カラーバリエーションはブラック、レッド、ホワイトの3色。モータースポーツのイメージということなら「赤に跳ね馬のステッカー」なんかがいいんでしょうか。

Mode1 RS 筐体アップ
質感はかなり高そうですね。側面のゴールドが映えます。この製品はCPUのスペックだけで「格」を見定めてはいけないようです。

Mode1 RS 側面
側面画像です。やはり側面の金属部分に高級感があります。なお、従来機のMode1はmicroSIMに対応し、SIMスロットにmicroSDカードも一緒に挿入する構造でしたが、この製品は側面にSIMスロットらしきものが確認できず、背面カバーを開けてSIMやmicroSDをセットするタイプと思われます(ただし、SIMのサイズは不明です)

また、スピーカーはステレオっぽく見えますけど、画像左側のほうはちゃんと穴が開いていないように見えますので、実際はモノラルである可能性が高いと思います。

Mode1 RS イメージ
この製品は「音」にもかなりのこだわりがあります。「実際に録音したバイク、クルマのエンジン音をRacing Soundとして着信音にプリセット。 またDigital-Rockをモチーフにしたスピード感を表現する音源をオリジナル作成。」とあり、着信音が「ブルーン!」とかになるようです。自動車好き、バイク好きにはかなり魅力的かもしれませんね。

3.価格など

Mode1 RSは11月11日の発売予定で、Amazonとテルル(ピーアップが運営する携帯ショップ)で販売されます。Amazon、テルルとも11月1日から予約販売がスタートしており、11月1日現在のAmazonでの価格は税込み24,624円です。

CPUにMT6737Tを搭載する製品としては特に低価格とは言えませんが、この製品は筐体品質がかなり高く、モータースポーツに関係するギミック(着信音や壁紙など)も満載です。そのため好みがはっきりわかれるかもしれませんが、「合う人には合う」のではないか、と思います。特に自動車、バイク、またそれらのレースに関心が高い人にとっては決して割高とはいえないでしょう。というか、他に置き換えができない製品特性だと思います。

4.関連リンク

SIMフリースマートフォン Mode1 RS:Amazon

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑