DOOGEE S60 - 5.2インチの本格アウトドアスマホがDOOGEEから!SOSボタンもついてるよ!

公開日: : Android , ,

DOOGEE S60
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ここのところ、「CAT S60」と「Ulefone Armor 2」という2つのアウトドアスマホがかなり気になっています。特に中華スマホではアウトドア向けの製品が増えており、この先日本でも人気が再燃するかもしれないなあ、と思います。今回は「Ulefone Armor 2」のライバルになりそうな中華スマホ「DOOGEE S60」を紹介します。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Android 7.0
CPU: MediaTek Helio P25
RAM: 6GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 5.2インチ(1,920 × 1,080)ゴリラガラス5
SIM: MicroSIM × 2
通信バンド: LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
ネットワーク: 802.11 b/g/n(a/ac規格対応不明)、Bluetooth4.0
入出力: USB(microUSBかType-Cかは不明)
カメラ: イン8MP / アウト21MP
バッテリー: 5,800 mAh
サイズ: 164 x 81 x 15.5 mm / 337 g

この製品はOS/CPU/RAM/ストレージまではUlefone Armor 2と同一で、CAT S60よりは明らかに高性能です。Antutuスコアも6万点以上となるはずですので、ヘビーなゲーマー以外は性能面で不満を感じることはないでしょう。ディスプレイサイズは5.2インチと、アウトドアスマホとしては大きめでFHD解像度を確保した上、「ゴリラガラス5」が使われています。中華スマホでゴリラガラス5というのは初めてみました。

SIM通信に関してはUlefone Aromor 2と同様に、バンド19にも対応します。また、SIMはMicro SIM × 2となっており、最新の主流であるNano SIMではありません。個人的にはSIMスロットのサイズが大きいぶんには「下駄(アダプター)」を使えばいいだけなので、MicroSIMのほうが好みです。また、DSDS(2枚のSIMによる同時待ち受け)にも対応しますが、日本の通信環境でDSDSが使えるかは不明です。

カメラについてはアウト側が21MPと、アウトドアスマホとしてはかなり高性能になっています。一方インカメラの方は8MPと、水準はクリアしていると思いますが、セルフィー(自撮り)に関してはUlefone Armor 2(イン側13MP)のほうが上かもしれません。

バッテリーは5,800mAhと大型のものが搭載され、クイックチャージ(Pump Express)に対応し、さらにワイヤレス充電も可能です。ただ、ワイヤレス充電の方式がメーカーサイトなどには記載されておらず、海外のニュースサイトなどで「Qi(最も一般的なタイプ)」ということでした。

DOOGEE S60 アプリとセンサー
Ulefone Armor 2と同様に、アウトドア利用を意識したプリインストールアプリがたくさん入っていますし、もちろんセンサー類も充実しています。

スポンサーリンク

2.筐体

DOOGEE S60 筐体
さすがは中華、期待を裏切らないゴツさです。この製品はディスプレイサイズが5.2インチとやや大きめなこともあり、全体的にサイズが大きいですし、重量なんて337 gと、8インチのWindows タブレットに匹敵してます。コンパクトなAndroidスマホ2台分ですね。

筐体の素材は「メタルフレーム」ですが、背面素材については不明です。ポリカーボネイト製だろうと思います。また、防水・防塵についてはもちろん最上級の「IP68」となっています。

DOOGEE S60 カラバリ
カラーバリエーションは「シルバー」「ブラック」「ゴールド」の3色が用意されます。この記事では一番ディテールがわかりやすい「ゴールド」の画像を使用しています。

DOOGEE S60 背面と側面
背面と側面です。背面の下部にスピーカー穴が見えますが、この製品はステレオスピーカーが搭載されています。メーカーによれば音質にも自信があるようですが、それよりも「102デシベル」の音量がアピールポイントになっています。これでキャンプやハイキングでも便利に使える、ということですね。

また、側面のボタンですが、Ulefone Armor 2と同様に「PTT」と「SOS」ボタンがついています。ただねえ、PTTについては日本で使う場合、どのくらいのメリットがあるのか、例えばPTTボタンのついたスマホが2台あったとして、トランシーバーみたいに対話ができるのか、そのへんがよくわかっていません。

また、SOSボタンについてはUlefone Aromor 2のように詳しい説明がなく、おそらく「長押しすると自分のGPS情報を指定した連絡先にメールする」という機能だと思います。とりあえず、「いろんな意味で安全な場所から」SOSボタンを試してみたいですよね。

3.価格など

DOOGEE S60は中国の通販サイト「TOMTOP」でプレオーダーを受け付けており、9月25日にプレオーダーが終了する予定です。なお、Banggoodやgeekbuyingなど、いつもウインタブで紹介している中国通販では、9月2日現在だとまだ取り扱いが開始されていませんでした。価格は299,99ドル(33,299円)なので、9月2日時点だとUlefone Aromor 2よりも5千円くらい高いですね。

DOOGEE S60はUlefone Armor 2と並び、中華のアウトドアスマホとしては「超本格派」と言える位置づけになります。この場合、価格差も機種選びの要因になると思いますが、「見た目」とか「バッテリー」とか「サイズ」とかも重要な要素になるでしょう。普通のスマホ選びなら「軽いほうがいい」に決まってますが、このタイプだと「重いほうがいい」と思う人もいたりしてね…。

4.関連リンク

DOOGEE S60 4G Smartphone:TOMTOP

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    ケースに入れるとすごく中途半端というか残念に思う事ありますよね
    いっその事タフスマホの方が機能的で合理的かもしれない・・・と思うこの頃

  2. Ulefone Armor 2やCAT60とどっちが良いか、という比較記事もお待ちしております。
    普段iPhoneとの2台持ちなので、一台は遊びたいところです。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑