CES 2017で発表された、日本でも発売されそうなスマートフォンを紹介します!(かのあゆ)

CES2017 ロゴ
こんにちは。かのあゆです。ラスベガスで今年最初のデジタル機器関連の大型イベントである「CES 2017」が開催され、その中で各社が新型スマートフォンを発表いたしました。日本でも正式に端末をリリースしているASUSやHuawei、ZTEも新端末をいくつか発表していますので、その中で日本で投入されることが予想される(または確定済み)の端末たちを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ASUS Zenfone AR

ZenFone AR

OS: Android 7.0″Nougat” With Zen UI 3.0
CPU: Qualcomm SnapDragon 821
RAM: 6GB/8GB
ストレージ: 32GB/64GB/128GB/256GB
ディスプレイ: 5.7インチIPS(2,560×1,440)
ネットワーク: 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
カメラ: イン800万画素 / アウト2,300万画素
バッテリー: 3,300 mAh
サイズ: 158.67 x 77.77 x 4.6~8.95mm / 170g

Zenfone ARはGoogleのAR技術である「Tango」と「DayDream」の2つの技術に両対応したスマートフォン。LenovoのPhab2 Proに続く、Tangoに対応するスマートフォンとしては第2弾ということになります。

AR技術に対応するだけでなく、リアカメラに2,300万画素のソニー製CMOSセンサーを採用し、この解像度の画像を4枚合成してなんと9,200万画素という超高解像度の写真を撮影できる機能も搭載。さらに搭載CPUはQualcomm SnapDragon 821を採用するなど端末としての性能も間違いなくハイエンドモデルといっていいものです。

発売予定は今年の4~6月を予定。日本での発売は特にアナウンスされていませんが、Zenfoneシリーズは基本的にほぼすべてのモデルが日本で投入されていますので、おそらく本機もほぼ投入されることは確実なんじゃないかと思われます。

Zenfone 3 Zoom

ZenFone 3 Zoom

OS: Android 6.0 “Marshmallow” With Zen UI 3.0
CPU: Qualcomm SnapDragon 625
RAM: 4GB
ストレージ: 32GB/64GB/128GB/256GB
ディスプレイ: 5.5インチIPS(1,920×1,080)
ネットワーク: 802.11 b/g/n/、Bluetooth 4.2
カメラ: イン1,300万画素 / アウト1,200万画素x2
バッテリー: 5,000 mAh
サイズ: 154.3 x 77 x 7.99mm / 170g

スポンサーリンク

同じくZenfoneシリーズの新モデルとなる「Zenfone 3 Zoom」は現在日本でも販売されている「Zenfone Zoom」の後継モデルとなります。現行Zenfone ZoomはレンズメーカーのHOYA製カメラレンズを採用し、機械式光学ズームのモデルとして話題になりましたが、本機は一転して近年のHuawei機やAppleのiPhone 7 Plusのようにデュアルカメラを採用し、疑似的に光学ズームを実現したモデルになります。

初代Zenfone Zoomの本格的な機械式光学ズームを実現したカメラというコンセプトはあまり類を見ないもので、個人的にも気になっていたので後継機でも続けてほしかったとは思うのですが、本モデルでも「Zoom」という名称を継承している通り、カメラのズーム性能に力を入れたモデルになっているので期待したいところです。こちらは公式サイトのスペック表にJPモデルが用意されていることから日本でも正式に投入されるものと思われます。

ZTE Blade V8

ZTE Blade V8 Pro

OS: Android 7.0 “Nougat”
CPU: Qualcomm SnapDragon 435
RAM: 2GB/3GB
ストレージ: 16GB/32GB
ディスプレイ: 5.2インチIPS(1,920×1,080)
ネットワーク: 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
カメラ: イン1,300万画素 / アウト1,300万画素+200万画素
バッテリー: 2,730 mAh
サイズ: 148.4 x 71.5 x 7.7mm / 185g

日本でも最近ドコモ向けにオリジナル端末「mono MO-01J」を投入し、SIMフリー端末も積極的に投入しているZTEのBladeシリーズの新モデルとなります。こちらは正式に日本での投入も決定しており、近々ZTEから日本への投入時期が発表されるものと思われます。

こちらもリアカメラに1,200万画素と200万画素のデュアルカメラを搭載しており、5.2インチフルHD液晶に指紋認証も搭載するなど、近年のスマートフォンに搭載されているものはほぼすべて網羅しています。

CPUがミッドレンジ向けのSnapDragon 435であることやBladeシリーズの日本での販売価格などから、おそらく本機も購入しやすい価格帯で投入されることが予想されます。価格帯によってはかなり魅力的なミッドレンジモデルになりそうで、こちらも期待できそうです。

ちなみに同会場ではSnapDragon 625にCPUを変更し、アウトカメラを1,300万画素x2デュアルレンズ仕様にした上位モデル「Blade V8 Pro」も発表されていますが、日本で投入が確定しているのはスタンダードモデルの「V8」となります。

関連リンク

ASUS ZenFone AR ZS571KL(ASUS US)
ASUS Zenfone 3 Zoom ZE553KL(ASUS US)
ZTE Blade V8 製品発表プレスリリース(ZTEジャパン)
XPERIA X Compactと過ごすかのあゆブログ

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑