Blackview BV8000 Pro - 中華のアウトドア・スマホにハイスペックモデルが登場!

公開日: : Android , ,

Blackview BV8000 Pro
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。先日中国のアウトドアスマホ「Zoji Z7」の実機レビューをして以来、このジャンルがすっかり気に入ってしまいました。個人的にはZojiのようにMT6737クラスのCPUであっても十分に実用的、と思っているのですが、そのへんのご判断は人それぞれ、アウトドア系のスマホであってもできるだけハイスペックなほうがいい、という人も多いと思います。

スポンサーリンク

今回紹介する「Blackview BV8000 Pro」はアウトドア系のスマホとしてはかなり性能が高くなっていますし、デザインも相当カッコいいので、読者の関心も高いだろう、と思っています。というかですね、そもそも私が欲しいですわ、これ。

1.スペック

OS: Android 7.0
CPU: MediaTek MT6757(Helio P20)
RAM: 6GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 5.0インチ(1,920 × 1,080)ゴリラガラス 3
LTEバンド:  B1/B2/B3/B4/B5/B7/B17/B19/B20
ネットワーク: 802.11 a/b/g/n、Bluetooth 4.0
入出力: USB Type-C、オーディオジャック、MicroSIM + MicroSIM
カメラ: イン8MP / アウト16MP
バッテリー: 4,180 mAh
サイズ: 156.2 × 79.2 × 13.2 mm / 233 g

OSはAndroid 7ですが、UIのほうが素のAndroidと少し異なっているようにも見えます(詳細はわかりません)。CPUはMT6757となっていて、BanggoodのみMT6757Vという表記になっていました(Vつきについては情報が取れませんでした)。MT6757というのはHelio P20のことだと思うのですが、メーカーサイトではHelio P25と表記されています。Blackviewが自分で公開している紹介動画を見るとMT6757CHとなっていて、Antutuスコアが66,000点でしたから、どっちにせよ2017年水準ではミッドハイくらいの性能ということになります。

RAMは6GBでストレージは64GBとなっていますが、CPU性能から見てRAMは6GBもいらんのではないか?と思うくらいで、実用上不足感はないと思います。そしてディスプレイはFHD解像度でゴリラガラス 3が使われています。

あと、通信バンドなんですけど「あれ?バンド19が使える…。」と少し新鮮な驚きがありました。ただし、この製品は技適マークがついていないと思います。また、カメラ性能も画像数だけ見れば十分満足できる水準かと思います。中華の場合、カメラがイマイチなことが多いので数字だけだとなんともいえませんけどね。

サイズはさすがにゴツいですね。厚さが13.2 mmもありますし、5インチにも関わらず重さも233 gあります。ただ、これはIP68の防水・防塵性能を実現するためにはやむを得ないと思います。実際「いかにも」な雰囲気がある筺体なんで、OKということにしましょう。

スポンサーリンク

2.筺体

Blackview BV8000 Pro 筺体
「いかにも」ですよね?Blackviewはこれまでもアウトドア系のスマホをいくつかリリースしており、この「BV8000 Pro」はその中のフラッグシップモデルという位置づけなので、質感なども相当高いのではないかと思います。また、上にも書きましたが、この製品はIP68等級の防水・防塵性能(工業製品としては最高レベルです)を確保しています。

Blackview BV8000 Pro 展開図
展開図です。画像が不鮮明なので詳しいことはわかりませんが、厚みはかなりのものですね。また、側面には指紋センサーがついています。

Blackview BV8000 Pro カラバリ
カラーバリエーションです。基本的にブラックが基調色で、アクセントカラーにゴールド、シルバー、グレーを選ぶことができます。

参考までにBlackviewの紹介動画を掲載します。各種ベンチマークスコアも公開されていますし、サイズ感もよくわかりますのでぜひ観てください。

3.価格など

Blackview BV8000 Proは中国の通販サイト各社で販売中もしくはプレセール中で、6月15日現在、ドル建ての価格が最も安いのがBanggoodで249.69ドル(27,840円)、ついでGearbestが249.99ドル(28,168円)geekbuyingは259.99ドル(29,410円)となっています。このくらいの価格差だと「贔屓にしているところから買っていいでしょう」と思います。

だいたい3万円弱、という理解でいいと思いますが、この価格は先日レビューしたZoji Z7の3倍弱くらいになります。もちろんこの製品のほうが圧倒的に高性能なことは間違いないので、だから高い、ということはありません。アウトドアスマホの場合、「本当にアウトドア用として使う」人もいるでしょうし「ファッションとして普通のスマホと同じように使う」人もいるでしょう。より高いスペックを期待する人もいれば、普通に使えて防水・防塵機能があり、衝撃に強ければいい、という人もいると思います。そのへんの価値観はいいも悪いもないですね。

ただ、この製品が登場し、アウトドアスマホの選択肢が広がったというのは間違いないと思います。

4.関連リンク

Blackview BV8000 Pro:Banggood
Blackview BV8000 Pro:Gearbest
Blackview BV8000 Pro:geekbuying

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest セール


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑