ASUS ZenFone Live - 5インチ、エントリークラスのZenFone、「美人エフェクト」使ったLive配信が可能!

公開日: : Android , , ,

ASUS ZenFone Live
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。おそらく日本で最もメジャーであろうSIMフリースマホ「ZenFoneシリーズ」から、最新モデル「ZenFone Live」が登場しました。この製品は今年3月に海外(台湾)で発売されているもので、日本でもその後を追って7月14日から発売となります。ZenFoneシリーズ内での位置づけは「エントリーモデル」となりますが、ちょっとおもしろい機能が搭載されています。

スポンサーリンク

1.スペック

ASUS ZenFone Live スペック表

クリックで拡大します

おおもとの発売時期が3月ということもあり、スペック面ではあまり新しいとはいえないですね。OSはAndroid 6.0.1で7ではありません。ただし、ASUSはタイミング的にはやや遅くなるものの、OSのOTAアップグレードをしてくれるので、この製品もいずれはAndroid 7にアップグレードができると思います。ちょっと解せないのがCPUでSnapdragon 400という、結構古いものが搭載されています。このCPUだとAntutuスコアは2万点前後になってしまいますし、最新の430とは言わずとも、410くらいにはならなかったのかな、と思います。

RAMは2GB、ストレージは16GBですから、CPUの性能イメージと合わせ、エントリークラスの製品ということができます。ディスプレイは5インチと現行のZenFoneシリーズとしては最小サイズで、コンパクトさがセールスポイントとなります。解像度は1,280 × 720なので、価格相応、というところでしょうか。

ただし、カメラはいいです。イン5MP/アウト13MPで、「美人エフェクト」機能を搭載しており、さらに「美人エフェクト」で補正しつつSNSなどにライブ配信が可能になっています。そういう趣味のある人にはうれしい機能と言えそうです。

SIMはNano SIMを2枚挿せ、DSDS(2枚のSIMカードによる同時待ち受け)が可能となっています。

また、サイズ感はいいですね。5インチサイズで厚さも7.9 mmとなっており、重量もわずか120 gです。特にAndroidではディスプレイサイズがどんどん大型化する傾向が以前から見られますが、小ぶりなスマホを好む人も多いと思うので、このサイズ感は歓迎できます。

スポンサーリンク

2.筐体

ASUS ZenFone Live 前面と背面
筐体はシンプルでプレーンな印象です。特にベゼルが細いとか、デザインギミックがあるというわけでもなく、それでいてダサい感じもしません。誰にでも使いやすいものになっていると思います。

ZenFoneの上位モデルに採用されている背面の「スピンメタル加工」はありません。というか、背面素材はプラスティックとのこと。一方で前面には2.5D曲面ガラスが採用され、決して安っぽくない質感を実現しているようです。

ASUS ZenFone Live カラーバリエーション
筐体色は「シャンパンゴールド」「ネイビーブラック」「ローズピンク」の3色展開となります。このカラバリだと男性、女性、年齢問わず好みのものが選べるのではないでしょうか。

3.価格

ASUS ZenFone Liveは7月14日の発売で、ASUSの直販サイト「ASUS Shop」ではすでに予約注文を受け付けています。ASUS Shopでの価格は税込み21,384円で「ASUS純正ミニ三脚」がプレゼントされます。

SIMフリーのスマホも最近は数が増えており、この製品のCPUやRAM、ストレージのスペックだと、同レベルでもっと低価格なものが購入できます。しかし、美人エフェクトとLive配信にフォーカスしてみるとお買い得感が出てきますね。なので、カメラまわりの機能充実を期待する人にはいい選択肢になると思われます。

4.関連リンク(ASUS Shop)

ASUS ZenFone Live(ネイビーブラック)
ASUS ZenFone Live(ローズピンク)
ASUS ZenFone Live(シャンパンゴールド)

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑