ASUS Zenfone AR ー AR/VR技術に対応した超高性能端末が登場!ただし価格設定もハイエンドクラス(かのあゆ)

ASUS Zenfone AR
こんにちは。かのあゆです。ASUSが4月13日に新製品発表会を開催し、1月に開催されたCES 2017で発表されたAR対応ハイスペックスマートフォン「Zenfone AR」を日本向けに正式投入することを発表しました。GoogleのVR(仮想現実)技術「Daydream」とAR(空間認識)技術「Project Tango」に対応するだけでなく、スマートフォンとしては初となる8GBの内蔵メモリを搭載するなど非常に高性能な端末となっています。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Android 7.0 “Nougat” With Zen UI 3.0
CPU: Qualcomm SnapDragon 821
RAM: 6GB/8GB
ストレージ: 64GB(RAM 6GB搭載モデル)/128GB(RAM 8GB搭載モデル)
ディスプレイ: 2,560×1,440 WQHD (Super AMOLED)
ネットワーク: 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
カメラ: イン800万画素、アウト2,300万画素
バッテリー: 3,300mAh
サイズ: 158.67 x 77.77 x 4.6~8.95mm / 170g

端末名の通り、AR対応ばかりが注目されそうなZenfone ARですが、純粋にスマートフォンとしてみた場合もハイエンドと言っていい性能となっており、CPUにはSnapDragon 821を搭載し、メインメモリは6GB、もしくはスマートフォンとしては初採用となる8GBを搭載します。日本で販売されているSIMフリースマートフォンの中では現状間違いなく最も高性能な端末と言ってしまってもいいでしょう。

液晶はSamsung Galaxyなどにも採用されている有機EL「Super AMOLED」を採用しており、解像度もWQHDとなっているため写真なども美しく鑑賞できそうです。

Zenfone AR カメラ
カメラは「Tango」に対応するため、メインカメラのほかに動きを追尾するセカンドカメラ、接写深度を図るサードカメラを搭載しており、メインカメラにはソニー製2,300万画素CMOSセンサーを採用するなど純粋にスマートフォン用のカメラとしても力を入れたものになっています。

「Daydream」に関しては残念ながら現状日本で対応する「Daydream View」が販売されていないため、対応コンテンツを楽しむことはできませんが、組み立て式のVRゴーグル自体は製品に標準添付されるため、購入してすぐVRコンテンツを楽しむこと自体は可能となっています。

スポンサーリンク

またオーディオ面でもハイエンドモデルらしくハイレゾ音源の再生やバーチャルサラウンドシステムであるDTS HD Premium Soundにも対応してます。

2.デザイン

ASUS Zenfone AR 前面
背面に指紋認証センサーを設置したZenfone 3シリーズとは異なるデザインを採用しており、前面に指紋認証センサーを内蔵したホームボタンを搭載した、近年のスマートフォンとしては一般的になりつつあるデザインを採用しています。ナビゲーションボタンはほかのZenfoneシリーズ同様、ソフトウェア式ではなくハードウェア式となっています。

ASUS Zenfone AR 背面
背面も滑り止め加工がなされていおり、シンプルなものになっていますが、AR対応のトリプルカメラが目立つデザインになっています。筐体の色はグローバル版同様ブラックのみが用意されています。

3.価格など

Zenfone ARは今夏発売予定となっており、販売価格はROM 64GB/RAM 6GBモデルが82,800円、ROM 128GB/RAM 8GBモデルが99,800円に設定されています。AR/VR技術に対応しただけでなく、スマートフォンとしてもハイエンドモデルとなっているため、日本で販売されているSIMフリースマートフォンとしては最も高価で、キャリアで販売されているハイエンド端末とほぼ同価格となります。

かつては低価格で十分な性能を持った端末として日本でも大ヒットとなった初代Zenfone 5時代から位置づけがだいぶ変わってきたような印象ですが、高価な分スマートフォン単体としても長期間安心して使えるものとなっているのではないでしょうか。VRコンテンツも充実してきていますし、「SIMフリーでキャリアモデルに負けないハイエンドな端末が欲しい!」という方は大いに検討する価値はある端末となっています。

4.関連リンク

Zenfone AR ZS571KL : ASUS USA
CES 2017で発表された、日本でも発売されそうなスマートフォンを紹介します!(かのあゆ)

Comment

  1. 匿名 より:

    画面サイズは?

  2. 匿名 より:

    821で大丈夫なのかなぁ。
    発表時期的に仕方なかったのかもしれないけど、835の事とか聞いちゃうと心配。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。リプライが難しいコメントですが、イノベーターとかアーリーアダプターなら心配されるのも事実か、と。私なんて全然気にしないわけですけど。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest Easter promotion


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑