Android 8.0 Oreoへアップデートが予定されている端末について ー 中華メーカーではElephoneが採用端末を発売予定(かのあゆ)

公開日: : Android , ,

Open Wonder
こんにちは。かのあゆです。先月Android OSの最新バージョンとなるVersion 8.0”Oreo”がリリースされました。まずはGoogleが販売しているNexusシリーズとPixelシリーズに向けて配信が開始されますが、そのほかソニー・モバイルやSamsung、シャープなどのメーカーもアップデートに向けて準備を開始しています。

スポンサーリンク

この記事ではウインタブで取り扱った中華メーカー、並びに日本で端末を販売しているメーカーでアップデート、あるいはAndroid 8.0をプリインストールした端末を出荷することを正式に発表しているメーカーを紹介したいと思います。なお今後アップデートを発表するメーカーは増えていくものと思われます。それと、一部端末はキャリアによってアップデート予定が異なる可能性があります。また日本で端末展開しているメーカーに関しては日本未発売の端末をリストから省いています。

ASUS

ASUS Zenfone 4(2017)
ASUSは先日発表された「Zenfone 4」及びその前モデルである「Zenfone 3」シリーズに関してAndroid 8.0へのアップデートを正式に発表済みとなっています。ただしZenfone 4に関しては当初はAndroid 7.1”Nougat”で出荷され、準備ができ次第アップデートが開始される予定となっています。

日本モデルに関してもアップデートは配信されるものと思われますが、全体的にグローバルモデルの正式配信から半年遅れて配信される傾向にある点には注意が必要です。

Zenfone 3シリーズ
Zenfone 4(2017)シリーズ

Elephone

Elephoneは中華スマートフォンの中では最も早くAndroid 8.0 “Oreo”端末を今後発売することを発表したメーカーです。またウインタブでもレビューを取り上げた「Elephone S7」など一部の機種はAndroid 6.0からAndroid 7.1へのメジャーアップデートが行われており、今回も一部の既存機種へのアップデートが期待できそうです。全体的に中華スマートフォンメーカーの中ではOSのメジャーアップデートにも真剣に取り組んでいる印象で好感が持てるメーカーとなっています。

Essential

Essensial Phone PH-1
「Essential」はAndroidの生みの親であるアンディ・ルーピン氏が設立した会社です。現在最初の端末である「Essential PH-1」を販売しており、Googleの公式ブログでアップデート予定のメーカーの一つにリスト入りしていることからAndroid 8.0 “Oreo”へ正式にアップデートされるものと思われます。

Essentialの公式サイトはすでに日本語サイトも用意されているため今後日本で正式展開を行う可能性があり、大いに期待ができそうです。

Essential PH-1

Motorola

Moto G5 Plus
現在はLenovoのスマートフォンブランドとなっているMotorola。日本でも正式販売中となっている「Moto G5/G5 Plus」に関しては発表時点でAndroid 8.0へのアップデートを行うことを正式に発表しています。近年のMotorolaスマートフォンは「Pure Android」搭載を特徴としてうたっており、ソフトウェアに関してはほぼ素のAndroidそのものとなっているためアップデートも早いうちに行われそうです。

Moto G5
Moto G5 Plus

スポンサーリンク

Samsung(日本ではキャリアから販売)

Ga;axy S8
日本国内ではキャリアモデルとして販売されているGalaxyシリーズでは最新のフラッグシップモデルであるGalaxy S8/S8+向けにすでにOSアップデートの開発が開始となっており、先月発表されたGalaxy Note8もまだ正式発表は行われていませんがアップデートが行われるものと思われます。

日本独自仕様としてドコモ向けに投入されている「Galaxy Feel」に関しては元となっているGalaxy A3(2016)がアップデート打ち切り予定になっているため、実際にアップデートが行われるのかどうかはキャリアであるドコモの判断次第ということになりそうです。

Galaxy S8
Galaxy S8+

Sony Mobile(日本ではキャリアから販売)

XPERIA XZ1
日本ではドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアからフラッグシップモデルが販売されているXPERIAシリーズ。先日発表されたばかりの新型XPERIA XZ1とXPERIA XZ1 Compactでは早くもAndroid 8.0をプリインストールした状態で出荷され、そのほかXPERIA Xシリーズに関してもアップデートを行うことが発表されています。国内キャリアモデルに関しては最新モデル以外のアップデートに消極的なソフトバンクを除きグローバルに準じてアップデートを行っているため、リストに入っている機種に関しては今回もグローバル版に準じてアップデートが行われるものと思われます。

XPERIA X Performance
XPERIA XZ
XPERIA X Compact
XPERIA XZs
XPERIA XZ1(初期搭載済み)
XPERIA XZ1 Compact(初期搭載済み)

シャープ

Android One X1
シャープはワイモバイル向けにNexus/Pixelと同じ水準のアップデートを提供する「Android One」端末を販売しており、これらの機種に関してはAndroid 8.0のアップデートが配信される予定となっています。同社が販売するAQUOSシリーズに関してはキャリアモデルはアップデートが行われる可能性がありますが、SIMフリーモデルに関しては現在メジャーアップデートが行われた端末が存在しないため、Android 8.0に関してもアップデートが行われるかどうかは微妙なところです。

507SH Android One
Android One S1 604SH
Android One X1

京セラ

Android One S2
シャープと同じく国内メーカーである京セラもワイモバイル向けに「Android One」プログラムに準拠した端末を投入済みとなっており、Android 8.0へのメジャーアップデートが行われる予定となっています。同社がキャリアやSIMフリー端末として販売している「DIGNO」シリーズや「TORQUE」シリーズなどに関してはメーカー自体があまりメジャーアップデートを行うことに積極的ではないため、Android 8.0に関してもアップデートが行われる端末は限定される可能性があります。

Android One S2

まとめ

今回現在アップデートを行うことを正式に発表している端末のみリストに取り上げましたが、独自UIを採用しているHuaweiやXiaomiなどのメーカーもアップデートに向けて準備を行っており、近いうちにアップデートを行う機種を正式に発表するものと思われます。

Android 8.0では動画を小窓表示できる「ピクチャー・イン・ピクチャー」の搭載など新機能が搭載されたほか、動作パフォーマンスに関してもAndroid 7.xと比べると高速に動作するようチューニングされています。

今後新規発売する端末も順次Android 8.0を搭載したものが増えてくるものと思われ、これからの新製品の発表が楽しみになりそうです。

関連リンク

Android 8.0 “Oreo” ー Android OSの最新バージョン、ついに登場!(かのあゆ)
Android 8.0 Oreo のご紹介 – Google Develpers Japan
ガジェットと過ごすかのあゆブログ

Comment

  1. あるえふ より:

    Elephone はホントによくやってくれますね。
    おかげさまでうちにある Android 機で 7 以上になってるのは Elephone S7 だけです。

    壊してなければ g07+ もそろそろ 7 だったかもしれませんが・・・。
    本体色と価格から DM-01H にしたけど、我慢して兄弟機の SH-02H にしておけば良かった・・・。
    (ストレージとメモリーの圧迫具合とOSをアップグレードしてくれるかの違いがあった。当然どれも良かったのは SH-02H のほう。)

    • かのあゆ より:

      >>あるえふさん
      DM-01Hはかのあゆも持ってるんですけどベースモデルのAQUOS Compactと異なりストックのAndroid 5.1で打ち切りになっちゃってるんですよね・・・
      基本性能は今でも高いコンパクトモデルなので非常にもったいないですよね・・・

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑