acer Swift 7 - 13.3インチで1センチ切りの超薄型!プレミアムノート、日本発売!

公開日: : acer , ,

acer Swift 7
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。先程acerの14インチ 2 in 1「Spin 7」の紹介記事を書いたところなのですが、acerは同時に「Swift 7」と「Swift 5」という、2つのクラムシェルノートの日本発売も発表しました。この2機種、同じ「Swift」という製品名なのですが、単純に「7が上位で5がその劣化版」とは言えません。筺体構造もシステム構成もかなり異なります。なので、ウインタブでは別々に紹介記事を書きたいと思います。まずは「7」のほうから。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Core i5-7Y54
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 13.3インチFHD(1,920 × 1,080)
入出力: USB Type-C × 2、オーディオジャック
ネットワーク: 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
バッテリー稼働時間: 9時間
サイズ: 324.6 × 229.6 × 9.98 mm / 重量 1,125 g

この製品のCPUはKabylake世代のCore i5ですが、Skylake世代のCore mの流れを汲むものであり、Core i5-7200Uとは異なります。処理性能はCore i5-7200Uよりも若干劣ると思いますが、そのかわりファンレス構造になっています。

RAMは8GBで固定(増設不可)、ストレージは256GBとなっており、ビジネスマシンとしては十分な性能になると思います。また、Spin 7と同様、入出力ポートの数は非常に少なく、USB 3.1 Gen1 Type-Cが2つのみです。そのため、映像出力やUSB機器をたくさん接続するような場合は多機能ハブ(ドッキングステーション)が必要になるでしょう。

バッテリー稼働時間は公称値で9時間ということですが、これって実際の利用シーンだと結構ブレが大きくなってしまうので、ちょっと微妙な感じがします。もちろん公称値通りであれば文句ないんですが、どうでしょうか?

そして、この製品の最大の特徴は13.3インチのクラムシェルノートでありながら厚さ1センチを切る、超薄型筺体であることです。また、重量も1,125 gと、最軽量とは言えないまでも十分すぎるくらい軽量ですね!

2.筺体

acer Swift 7 正面
アルミ製の筺体は非常に美しいですね。「黒金」のカラーリングといい、超薄型筺体といい、「HP Spectre 13」を思い出します。Spectreも黒金カラーで新発売時に最薄部10.4 mmということで「世界最薄」を謳ってましたが、Swift 7はそれよりもさらに薄いです。

Spin 7のスペック表と比較してみたのですが、Swift 7とSpin 7はタテ・ヨコが全くの同寸です。しかし、Swift 7は13.3インチ、Spin 7は14インチなんですよね。このことはベゼル幅を比較してみるとピンときます。Swift 7もご覧のように非常にスタイリッシュですが、ベゼル幅はSpin 7よりもかなり太いんです。

スポンサーリンク

acer Swift 7 天板
天板はブラックでキーボード面がゴールド、という配色になっているので、Spectreとはちょっと異なりますが、イメージがかなり近いです。

acer Swift 7 側面
側面です。ご覧の通り入出力ポートが非常に少ないですね。端子の形状をUSB Type-Cとしたことが薄型化を可能にした要因になっている、ということがよくわかります。

acer Swift 7 キーボード
キーボードです。上の画像は英語配列になっていますが、日本モデルは日本語配列に変更されます。Spin 7と同様に、タッチパッドが非常に大きくなっていますが、このタッチパッドはメーカーご自慢の高品質(高感度)なもので、ジェスチャ対応もしています。

acer Swift 7 前面
前面です。やはりこの製品を一番よく語ってくれるアングルはここかな、と思います。これだけ薄いと乱暴にバッグに放り込んだら「折れちゃう!」なんて心配になりますよねw でもアルミ筐体ですし、耐久性は問題ないでしょう。

3.価格など

acer Swift 7は2月16日の発売予定ですが、ビックカメラなどでは予約注文を受付中で、ビックカメラでの価格は税込み194,173円(ポイント10%つき)となっています。Spin 7よりは若干割安ですね。この製品も標準でOffice Home & Business Premiumが付属するのですが、HP Spectre 13と比較すると、やはり若干割高感があります。製品コンセプトが良く似ているため、どうしても比較したくなるんですよね。

Swift 7とSwift 5だと、どう考えてもSwift 7のほうが高級な響きがありますし、実際価格もSwift 7のほうがずっと高額なのですが、Swift 7のほうは薄型にすることに多大な努力をした結果、ビジネス用というよりはプライベート用っぽい性格を持っているような気がします。また、Spin 7の方もSwift 7と同じ匂いがする、というか、やはりスタイリッシュに、軽量に仕上げることに重点が置かれた製品なのかもしれません。

4.関連リンク

Swift 7:acer公式サイト 製品紹介
Acer Swift 7 シェールブラック:ビックカメラ
icon

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest Easter promotion


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑