acer Predator Triton700 - GTX1080搭載の超ハイエンドゲーミングノート、50万あったら欲しい!

公開日: : acer , ,

Acer Predator Triton700
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回はハイエンド中のハイエンドと言っていいいゲーミングノート「acer Predator Triton700」を紹介します。個人利用という観点では「ハイエンドなゲーミングノート≒ノートパソコンジャンル全体でのハイエンドマシン」と考えていいと思います。Predator Triton700はコアなゲーマーにとって非常に魅力的なだけでなく、非ゲーマーであるノートパソコンユーザーから見てもとんでもなく魅力的な製品と言えるでしょう。

スポンサーリンク

1.スペック

Acer Predator Triton700 スペック表

クリックで拡大します

この製品の凄みはスペック表を見ただけだと不十分なんですが、一応数値としてわかるところを見ていきます。CPUはKabylake世代のCore i7-7700HQです。型番末尾「HQ」の高性能モバイルCPUはまだ第8世代に切り替わっておらず、第7世代のものが搭載されています。RAMは16GBもしくは32GBとなりますが、RAM容量のバリエーションはストレージ構成とセットになっており、16GBを選ぶとストレージは512GB SSD(型番がPT715-51-A76Y)、32GBを選ぶとストレージは1TB SSD(型番がPT715-51-A73Z)となります。

なお、ストレージ1TBは512GB SSDを2基搭載し、RAID 0で仮想的に1基のストレージとして運用します。RAIDというのは本来ストレージ障害に備えて複数のストレージに同じデータを保存する(RAID 1など)機能ですが、RAID 0というのは障害に備えて、と言うものではなく、「ひたすら高速に」データの読み書きをするための仕様(ストライピング)です。Wikipediaにわかりやすい説明がありますので、詳しくはそちらをご覧ください。
RAID:Wikipedia

GPUはGeForce GTX1080が搭載されます。ノートPCの場合GTX1080を搭載する製品はまだ少なく、事実上GTX1070でハイエンド、と言っていい状況です。この製品に外観が少し似ているハイエンドなゲーミングノート「ASUS ROG ZEPHYRUS GX501VS」でもGTX1070ですし、最近だと「HP OMEN X」にはGTX1080が搭載されています。

ディスプレイは15.6インチのIPS液晶、FHD解像度となっており、これだけ見れば普通ですが、NVIDIAのG-Syncに対応し、リフレッシュレートが120Hzと高速です。ちなみに私のThinkPad 13のリフレッシュレートは60Hzです。リフレッシュレートというのは「1秒間に何回画面を更新するか」という数値で、60Hzだと60回、120Hzだと120回画面を更新します。つまり、この数値が大きいほうがゲームなどの際、動きが滑らかに見えますし、画面のチラツキも感じません。特に3DとかVRコンテンツを楽しもうとする場合、ディスプレイのリフレッシュレートは重要になります。YouTubeで動画を観る程度なら60Hzでも問題はありませんけどね。

あと、バッテリー稼働時間は「2時間」と、極めて正直な数値が記載されています。ただ、ここを突っ込むのはやめておきます。仕方ないよね、と思いますし。

最後にサイズです。これだけの高性能マシンでありながら筐体の厚さは18.9 mm、重量も2.45 kgに抑えられています。これは「NVIDIA Max-Q Design」が採用されているためですし、acer独自の薄型ファン(AeroBlade)など最新の技術によって実現されています。

2.筐体

Acer Predator Triton700 正面
筐体の四隅をスパッと切り落としたような、ゲーミングPCらしいデザインです。筐体素材は不明ですが、かなりの薄型に仕上がっている上、冷却系も強力なので、おそらくアルミなどの金属製と思われます。

スポンサーリンク

Acer Predator Triton700 天板
天板には大きく「Predator」のロゴが入っているものの、造形と配色はごくシンプルで、ゲーミングノートによく見られる「赤いアクセント」などはありません。このアングルからだとハイスペックマシンには見えません。

Acer Predator Triton700 キーボード
この製品の外観上の最大の特徴はキーボード面です。キーボードが手前側にありますし、これ、メカニカルキーボードです。筐体が非常に薄いため、一般的なメカニカルキーボードと少しタッチが異なると思いますが、きっとすごく打鍵感がいいんだろうと思います。それと、日本向けの製品でも配列は「英語」のみとなります。また、バックライトはブルーのみのようです。

で、タッチパッドなんですけど、キーボードの上のほうにガラスの窓みたいなのがありますよね。この窓はゴリラガラスが張られていて、ここがタッチパッドになるとのことです。ただ、この窓のどこからどこまでがタッチパッドなのかはわかりません。また、この窓から製品の冷却システム(ファンや5基のヒートパイプなど)が目視できます。

非ゲーミングの用途で使うとする場合、キーボードの使用感は非常にいいと思いますが、タッチパッドの位置が通常と逆(キーボードの下ではなく、キーボードの上にある)なので、タッチパッドを常用している人にとっては、そう簡単には慣れることができないんじゃないか、と思います。ただ、中二的な魅力に溢れているので、これは好意的に評価したいですねw

Acer Predator Triton700 前後面
Acer Predator Triton700 側面
前後面と底面です。やはり超ハイスペックなゲーミングノートとしては驚異的に薄いですね。そして、さすがにあちこちに通気口が開いてます。それと、ポートは両側面だけでなく、背面にもDC-IN、HDMI、USB 2.0が回り込んでいます。個人的にはDC-INが背面というのはいいと思いますね。

3.価格など

acer Predator Triton700は10月17日の発売予定で、Amazonやビックカメラなどではすでに予約販売が開始されています。10月7日現在、Amazonでの価格はRAM16GB/512GB SSDのPT715-51-A76Yが税込み442,584円、RAM32GB/1TB SSDのPT715-51-A73Zが税込み539,784円となっています。

「安いわけない」ですが、上級ゲーマーはもちろんのこと、薄型筐体やキーボードのギミック、強力な冷却システムなどを見ていくと、ゲーマーでなくとも「欲しい」と思えるような製品だと思います。「すげえPC」ですよね!

4.関連リンク

Predator Triton700:acer製品紹介ページ
Acer Predator Triton700 PT715-51-A76Y:Amazon
Acer Predator Triton700 PT715-51-A73Z:Amazon

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑