acer Aspire 7 & Aspire 5 - 15.6インチでGeForce搭載のスタンダードノート、最近こういうの増えてきたよね

公開日: : acer , ,

acer Aspire 5 & Aspire 7
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。acerが15.6インチサイズのスタンダードノート2機種を発表しました。「Aspire 5」と「Aspire 7」で、サイズやデザインはよく似ていますが、Aspire 7のほうがスペックが高く、Aspire 5のほうがやや低くなっています。しかし、2機種とも外部GPU(NVIDIA Geforce)を搭載していて、特にグラフィック性能が非常に高い製品となっています。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Windows 10
CPU: Intel Core i5-7200U/i5-7300HQ
GPU: NVIDIA GeForce MX150 / GTX 1050 Ti
RAM: 8GB
ストレージ: 1TB HDD / 128GB SSD + 1TB HDD
ディスプレイ: 15.6インチ(1,920 × 1,080)
ネットワーク:  802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
カメラ: インのみWebカメラ
入出力: USB 3.1 Type-C、USB 3.0、USB 2.0 × 2、HDMI、LAN(RJ45)、SDスロット、オーディオ
バッテリー稼働時間: 約7時間
サイズ: 
(Aspire 7)381.6 × 262.8 × 23.95 mm / 2.4 kg
(Aspire 5)381.6 × 263 × 23.95 mm / 2.2 kg

Aspire 7は「Core i5-7300HQ/GTX1050 Ti/RAM8GB/ストレージ128GB SSD + 1TB HDD」、Aspire 5は「Core i5-7200U/MX150/RAM8GB/1TB HDD」という構成になります。なので、7のほうはちょっとしたゲーミングノート並みの処理性能ということになりますし、5のほうは、比較的スペックのよいスタンダードノートに外部GPUを搭載したもの、という位置づけになります。

ディスプレイは共通で、15.6インチサイズのFHD解像度なので、スタンダードノートとしては十分なものといえます。2機種とも「Acer Color Intelligence」機能を搭載し、コンテンツに合わせて最適な色彩を再現してくれるとのこと。また、入出力ポートについてもUSBが合計で4つ、HDMIと有線LANもついており、実用性は十分と言えるでしょう。

あと、スピーカーについても「Acer TrueHarmony」機能により、臨場感あふれる音質が楽しめます。また7のみですが、「Dolby Audio Premium」機能も搭載されています。

おそらく7と5で共通の筐体と思われますが、外観は多少異なります。なので、見た目が全く同じということではなく、それぞれに個性のある外観と言っていいでしょう。

2.筐体

acer Aspire 5 & Aspire 7
acer Aspire 5 & Aspire 7
見た目は一般的なスタンダードノートですね。この画像はAspire 7のものですが、このアングルだと5もほぼおなじに見えます。

acer Aspire 5 & Aspire 7
ただし、天板のデザインは異なります。左がAspire 7、右がAspire 5です。5にはくっきりとしたストライプ模様の加工が施されますが、7のほうはそれよりも目ただないヘアライン加工となります。

スポンサーリンク

acer Aspire 5 & Aspire 7
キーボードです。上段がAspire 5、下段がAspire 7です。キートップの装飾が異なりますが、配列は共通で、見た目が少し異なる、というくらいですね。日本向けには日本語配列のキーボードが用意されると思いますが、画像を観る限り使いやすそうに見えます。

また、Aspire 7のタッチパッドの中に指紋センサーが見えます。一方でAspire 5にはそれがありません。つまり、Aspire 7のみが指紋認証に対応します。

acer Aspire 5 & Aspire 7
Aspire 5の側面画像です。おそらく7のほうもこれとほぼ同じ配列になっていると思います。メーカーによれば、ポート類を筐体の後部に配置することにより、筐体をスリムにすることができた、ということです。

3.価格など

acer Aspire 5とAspire 7は9月21日の発売予定で、ビックカメラではすでに予約販売が開始されていました。価格はAspire 7が税込み148,813円、Aspire 5が税込み107,773円(ともにポイント10%つき)です。

最近、非ゲーミングのスタンダードノートに外部GPUを搭載する製品が増えてきました。Aspire 5とAspire 7について、私が個人的に面白いと思うのは5のほうです。7はスペックと価格がゲーミングノートとバッティングしてしまい、その割にCPUがCore i5-7300HQと、一般的なゲーミングノートに搭載されるCore i7-7700HQより低くなってしまっているので、少し中途半端な印象があります。

一方でAspire 5のほうは、GPUを搭載しているという以外は中上位のスタンダードノートと変わらないスペックになっているため、ゲーマーが食指を動かすというよりは、一般的なビジネス利用、エンタメ利用目的で、「一段高い性能を」と考える人に向くと思います。

ノートPCの「スペックの上げ方」っていうんでしょうか、限られた価格上昇幅で、CPUを優先するのか、GPUを搭載するのか、ストレージをSSDにするのか、人それぞれの考えがあると思いますが、Aspire 5の場合、「まずGPUを載せた」ということですよね。グラフィック性能ということに限れば「Core i7 + Intel HD Graphics」の組み合わせよりも「Core i5 + GeForce MX150」のほうが上、というのが私の予想です。一方で、グラフィックに関係のない、高度な数学的演算とか、大きなデータベースへのアクセスとかを考える場合はCPUの型番を上げたほうが快適なのではないか、とも思います。

ただ、GeForceもMX150という、エントリークラスのGPUをリリースしたこともありますし、この先、スタンダードノートではAspire 5のような製品がどんどん出てくるような気がします。

4.関連リンク

Aspire 7:acer 製品ページ
Aspire 5:acer製品ページ
Aspire 7 A715-71G-A58H/K:ビックカメラ
icon
Aspire 5 A515-51G-A58G/K:ビックカメラ
icon

Comment

  1. 匿名 より:

    現状の内蔵GPUはいわゆるメモリ帯域のボトルネックを抱えていて
    ある一定以上の規模の性能を狙う事ができません
    intelは上位iGPUにはeDRAMを載せて一時凌ぎしてますけど
    コスト、電力、容量密度、あらゆる点で厳しいので
    GDDR5を積んだローエンドのdGPUと簡単に立場が逆転してしまいます
    まあこの辺の悩みはAPUも同じですね
    汎用高帯域メモリ(HBM2と言われるもの)の低コスト化が確立するまで
    一般人とdGPUが中々の関係が切れるまではもう少しかかりそうです

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。ウインタブでもオンラインゲームのベンチマークテストをすると、たとえローエンドであっても外部GPUがあるのとないのとではめちゃめちゃスコアが違っちゃいますね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑