Tomons AD2001 アロマディフューザー - 乾燥する冬場にピッタリのスグレモノ(実機レビュー)

公開日: : アクセサリ ,

Tomons AD2001 アロマディフューザー
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。PCやタブレットに関係ない製品の実機レビューとなります。USBハブやBluetoothスピーカーなどをウインタブに提供してくれるinateckさんの新製品「Tomons AD2001 アロマディフューザー」です。私は日頃このようなジャンルの製品には無頓着なのですが、偶然にもつい最近別のアロマディフューザーを購入していて、使用感の違いなどを試せるということで、畑違いなんですがレビューをさせていただくことにしました。といいますか、ガジェット好きなので、面白そうな製品を試用できるとなったら、とりあえず飛びつく、というのはあります。しばしお付き合いください。

スポンサーリンク

1.スペック

サイズ: ⌀11.6 x 15.1 cm / 514.8 g
コード長: 150 cm
電源: AC100-240V50/60Hz(入力)/ DC24V500mA(出力)
消費電力: 9 W
タンク容量: 150 mL
材料:スモークガラス、木材、PP(プラスチック)

これを見てもあんまりピンときませんね。サイズと消費電力9Wということくらいでしょうか、気になるのは。

2.筺体、使用感

Tomons AD2001 アロマディフューザー 同梱物
同梱物です。本体のほか、計量カップ、電源コード、日本語の記載のある取扱説明書が付属します。

Tomons AD2001 アロマディフューザー サイズ
サイズは予想していたよりも大きくて重いです。5インチサイズのスマホと比べるとこのくらいの大きさになります。また、見た目よりも重く感じますが、これは筺体素材にガラスとか木材が使われているためでしょう。製品の形状はタマゴ型で、癒やし系だと思います。

Tomons AD2001 アロマディフューザー カバー
カバー部分はガラス素材です(スモークガラス)。上面に穴が開いていますが、ここから霧(ミスト、水蒸気)が出るようになってます。

Tomons AD2001 アロマディフューザー 本体
カバーを開けると、中に水を入れるタンク(プラスティック製)があります。また木目調の台座部分は「本当に木材」です。つまり、この製品が重いのは、目に見える部分、手で触れる部分がガラスや木材でできているためで、少し重い分だけ手触りもよく、高級感もあります。

Tomonsのロゴの下にボタンがありますが、センサーボタン(と言っていいのか少し不安)になっていて、左側がライト(後述します)のオン/オフで、右側は電源オン/オフとライトの明るさ調整に使います。

Tomons AD2001 アロマディフューザー 底面
底面です。ここはプラスティック製ですね。また、DC-INが見えます。

スポンサーリンク

Tomons AD2001 アロマディフューザー 電源オン
タンクに水を入れ、アロマオイル(付属しません)を垂らして、電源を入れてみます。ご覧のように、すぐに「霧」が出てきます。

ここで私の家族の感想です。この製品の「霧」は非常に穏やかで柔らかい出方をします。一方我が家で購入したばかりのアロマディフューザーの場合、霧が勢い良く出過ぎるため、長時間使うと周囲が濡れてしまう上、タンクの水が1時間くらいでなくなってしまいます。また、霧の勢いは調整できません(この製品も同様で、調整することができません)。ちなみにこの製品の場合、タンクいっぱいに水を入れると公称値で4時間使えるということですが、自宅で実際に試してみた結果、「3時間使って4分の1くらい水が残っていた」ので、公称値はほぼ正確だと思います。

また、この製品(というか一般的なアロマディフューザー)は熱を使わない構造なので、筺体は熱くなりませんし、霧も熱くないです。メーカーによれば超音波振動で霧を生成するんだそうです。また、タンクの水がなくなっても、過熱することはなく、自動的に電源がオフになる設計なので、安全性にも不安はなさそうです。

Tomons AD2001 アロマディフューザー ライト
また、この製品にはライトが内蔵されており、しかも6色の切り替えが可能です。明るさ調整は2段階だけですが、ガチで電灯として使わないのであればこれで十分かな、と思います。

Tomons AD2001 アロマディフューザー イメージ画像1
Tomons AD2001 アロマディフューザー イメージ画像2
これはメーカーによるイメージ画像なのですが、なかなかいい感じですよね?

この製品はアロマディフューザーとしても、単なる加湿器(性能は控えめですけどね)としても使えます。冬場は室内が乾燥するので、自宅にひとつくらいあってもいいかな、と思います。

「Tomons AD2001 アロマディフューザー」はAmazonで発売されたばかりで、価格は3,999円(税込み)です。ここでまた私の家族が登場します。いわく「最近買ったアロマディフューザーはもともと6千円くらいするのをセールで4,000円弱で買った。タイマーが付いていたりするけど、実際にはタンクの水が1時間くらいしか持たないので意味がない。Tomonsにはタイマーなんてついていないけど、霧の出方が穏やかだし、長時間(4時間くらい)放置していてもタンクの水が持つし、ウッド調の落ち着いたデザインなので、こっちのほうが断然いい!」ということでした。

3.関連リンク

Tomons AD2001 アロマディフューザー:Amazon
inateck社は日本で直販サイトを運営しておらず、Amazonのみに出店しています。

スポンサーリンク

Comment

  1. Eila より:

    超音波式電気代が安くて良いですよね。寒い時期に二台ぐらい付けておきたいです。

    • wintab より:

      Eilaさん、こんにちは、コメントありがとうございます。私はこのたぐいの製品には十分な知識がなく、興味本位なところがあったのですが、この製品は使っていてなかなか気持ちが良かったです。冬場は活用したいと思いました。

  2. 匿名 より:

    超音波式は雑菌が繁殖しがちなので、ちゃんとお手入れはしてくださいねー。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。はい、この種の製品は初心者なので、アドバイス通りに注意しますわー。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)


Gearbestセール

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑