サンコー ミンタブ(LDDWTB22) - 21.5インチの液タブ、中華の並行輸入品より安いよ!

公開日: : アクセサリ ,

サンコー ミンタブ LDDWTB22
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ウインタブではペンタブレット(イラスト用に使用する周辺機器としてのタブレット)の紹介にも力を入れたいと思っており、これまでに中華の液タブ(液晶ペンタブレット)2機種と板タブ(ペンタブレット)1機種の実機レビューをしています(ただし、私ではなくライターと読者の方によります)。
Ugee HK1560 ― 3万円台で液タブを使える日が来るとは! 安価で十分な性能を持ったジャストサイズの液晶タブレット(実機レビュー:natsuki)
UGEE UG – 1910B P50S - 19インチでなんと3万円台!の中華液タブ、「これで十分」と思いました(実機レビュー:あおぴ)
UGEE UG – 1910B P50S - 19インチの液晶ペンタブレット(液タブ)、今回は少しネガティブなことも書くよ!(実機レビュー:あおぴ)
HUION New 1060PLUS ー ハイコスパで使いやすいペンタブレット、ワコムのIntuos Pro Mediumとくらべてみた(読者レビュー:るーしぁさん)

スポンサーリンク

ペンタブレットに関してはワコム製のものが高評価ながら価格も非常に高く、中華製品は実にその「数分の1」くらいの価格で入手できるため、これらのレビュー記事は読者のみなさんに注目をいただいています。もちろん安いなりの難点もあり、レビュー記事でもそれらの問題点について指摘しています。ただ、「価格が価格だからなあ」と言って納得できる部分もありますし、イラスト初心者には中華製品は強い味方になってくれる可能性もあります。

今回紹介する「サンコー ミンタブ(LDDWTB22)」はベースは中華製品ですが、日本企業が日本向けに1年間保証をつけて販売しているもので、この記事で品質面までは言及できないものの、並行輸入品と比較してもはるかに安心できるものとなっています。そして驚くべきは価格で「21.5インチの液タブが税込み49,800円!」です。これ、中華の並行輸入品より安いですよ。

1.スペック

サンコー ミンタブ LDDWTB22 スペック表

クリックで拡大します

この製品は21.5インチのIPS液晶でFHD解像度のディスプレイをもち、2,048段階の筆圧に対応します。上を見ればキリがないですし、私自身はイラストを描かないので無責任なことは言えませんけど、エントリーユーザーであれば十分な品質なのではないかと思います(あくまでスペック表上の話)。

この製品には前面に「BOSTO」のロゴが入っており、中国メーカー「BOSTO」の製品であることがわかります。また、Twitterでは「BOSTO 22U mini」と同型であろう、というツイートが見られ、実際に「22U Series」と書かれたマニュアルの画像がアップされていました(個人の方のツイートなので引用は控えます。Twitterで「BOSTO」と検索してみてください)。

スポンサーリンク

ただ、22U miniと同寸で見た目がそっくりではありますが、日本企業が中国製品を自社ブランドで販売する場合ディテールを変えてくることが多く、この製品についてもペンが充電式(22U miniはバッテリー式)だったり、前面のデザインが若干異なっていたりと、私から見て22U miniと全くの同型品とは思えません。

また、大切なのは品質であり、この製品の場合、サンコーが責任を持って製品保証をしていることから、元モデルと全くの同品質ではない可能性もあります。あと、「22U miniよりも低価格じゃん」というのも大きいですよね。

2.筐体

サンコー ミンタブ LDDWTB22
21.5インチなので、サイズはかなり大きいです。それと、重量が3.7 kgということにも注意が必要ですね。置き場所に困る、という人も出てくるかもしれません。BOSTO 22U miniとの比較では前面右下の処理とペンのデザインが少し異なります。

サンコー ミンタブ LDDWTB22
スタンドはフレキシブルに角度調整が可能です。最近だとMicrosoftのSurface StudioやSurface Pro(新型)がディスプレイを水平近くまで寝かせることができる構造に改善されており、角度調整ってイラストを描く人には重要なんだろうと思います。

サンコー ミンタブ LDDWTB22
筆圧は2,048段階です。ただ、描き味についてはカタログスペックだけでは不十分で、実際に使ってみないと正しい評価は出来ないですね。

3.価格など

サンコー ミンタブ(LDDWTB22)は「サンコーレアモノショップ」で販売中で、価格は税込み49,800円と破格ながら、初回ロットはすでに完売となっており、次回入荷(11月上旬予定)に向けて予約注文を受け付けています。

少なくとも価格に関しては中国の通販サイトでの価格より安いです(BOSTOそのものではなく、21.5インチクラスの中華液タブと比較しています)。なので、スペック表から見たコストパフォーマンスの高さには疑いの余地はありません。しかも日本企業が1年間保証をつけてくれていますし、故障時の窓口も日本なので、安心感も非常に高いです。

一方で、ウインタブが過去にレビューした中華液タブ(UGEE)に関しては、ライター陣が必ずしも100点満点の評価とはしておらず、特に大型サイズ(19インチ)の製品に関しては「ディスプレイのアラ」が多少気になったようです。ただし、BOSTO製品に関してはウインタブでレビュー実績がないので、この製品の使い勝手については言及することはできません。誰でもわかることですが、この価格でワコム製品以上の品質を求めるのはさすがに酷でしょうし、ある程度妥協し、そのかわり激安価格で日本向け製品を入手できるというのは素晴らしいことだと思います。

4.関連リンク

★予約商品★21.5インチ液晶ペンタブレット「ミンタブ」:サンコーレアモノショップ

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    あースレでも話題になってました
    BOSTO旧モデルの在庫なんで売り切り御免系の奴ですね
    XP-PenやYiynova、Huionなどは日本でもサポートが安心だけど
    BOSTOは日本は眼中に無いんで情報共有の点で若干上級者向けっぽいですね

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。「旧モデルの在庫」なのかもしれませんが、ウインタブとしてはそうは断定できません…。ただ、だとしても激安もいいところですよね!

  2. ハードはともかく、ソフト面ではどうでしょうか。気にはなります。

    • wintab より:

      PYUさん、こんにちは、コメントありがとうございます。BOSTOってどうなんでしょうね?私にもよくわからないです。また、このジャンルは使いこなすというか、レビューが容易ではないんで、ライターさんにおまかせするしかないです…。

  3. natsuki より:

    安ッ! いくらワケアリといえども、中華液タブの不安点であるサポート部分をそれなりに引き受けてこの価格は、そりゃ完売するわ。にしても、BOSTOは本家Amazonで見かけるんで名前だけは知ってましたけど、その品質のほどは気になりますね。

    • wintab より:

      natsukiさん、そうですよね、サポートを引き受けてこの価格はすごいと思います。サンコーさん、すごく忙しくなるのかも!?

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑