Windows タブレットにしっかりしたキーボードを!

公開日: : 最終更新日:2014/10/27 アクセサリ ,

タブレットで使うキーボード
私が使っているのはELECOMのTK-FCP066BK(レビュー記事はこちら)です。Windows タブレットと外付けキーボードの関係については何度もいろんな記事で触れていますが、

スポンサーリンク

Windows タブレットはiPadでもAndroidでも真似ができない「本物のパソコン」である。カジュアルな使い方がメインであっても、本格的なPCとしての作業がいつでもできるような体制を取っておきたい。したがって、外付けキーボードとマウスを用意しておくべきであり、キーボードにせよマウスにせよ携帯性一辺倒ではなく、PCの一部として使える「本物」を選ぶべきである。

というのが私の見解です。ELECOMのTK‐FBP066BKは携帯用としてはかなり大きく、重い部類に入りますが、半据え置き型で使うことを念頭に設計されたタブレット専用キーボードであり、携帯性に劣る分、キーボードとしての本格機能を備えており、買って満足できる製品だと思っていますし、実際私は満足しています。

そういう「しっかり使える」観点でおすすめできそうなキーボードをいくつか探してみました。ちなみに私、「キーボード愛」が強いらしく、近々もう一つキーボードを購入する予定です。マウスのほうは割と無頓着なんですけどねえ。

1.ELECOM Bluetoothキーボード TK-FBP067BK

ELECOM TK-FBP067BK
私の使っている066BKのBluetooth版です。使用感は同じだと思うので、こちらの記事を参考にしてください。ちなみにAmazonにレビューがあり、AcerのIconia W700にこれを使っている人が5点満点をつけていました。また、Asus Vivotab Note 8, Lenovo Miix2 8, Acer Iconia W4-820を使っている人のレビューを見つけましたが、いずれも問題なくBluetooth接続ができているようです。

スペック

(1)サイズ:295×166×23.5mm
(2)重量:約440g(電池除く)
(3)接続:Bluetooth 3.0
(4)キー配列:87キー(日本語配列)
(5)キータイプ:パンタグラフ、アイソレーションキーボード
(6)キーピッチ:17.5mm
(7)キーストローク:1.7mm
(8)実売価格:4,763円(Amazon・2014/4/25)

※パンタグラフとは:キーをX字型のパンタグラフで支えたもので、快適な打鍵感が得られる
※アイソレーションとは:隣接するキーと間隔を設け、独立した配置にしたもの。ごみが入りにくく、誤操作(引っ掛かりなど)が少ないとされる

関連レビュー

8インチWindowsタブレット向けキーボードを買ってみた:新 masafumi’s Diary
自宅や会社でタブレットを使う必殺キーボード!エレコム『TK-FBP067』:ASCIIネット

2.ThinkPad Tablet 2 Bluetoothキーボード

ThinkPad Tablet 2 Bluetoothキーボード
こちらはWindows タブレットとセットにして使っている人がすごく多いですね。TK-FBP067BKと同じく本体に溝がついていてタブレットを立て掛けて使えます。溝のサイズですが、Amazonのレビューを見ていると8インチタブレットでも厚みのあるVivotab Note 8 やdynabook Tab VT484 でちゃんと使えるようなので、ThinkPadでなくても大丈夫そうです。

見るからにThinkPadなデザインとトラックポイント(ThinkPadシリーズのそれとは違っていて、タッチパッドを小型にしたような機能のもの)がついているので、マウスが不要になるというのも魅力ですね。ただ、サイズは10インチのThinkPad Tablet 2 用なので8インチタブレットで使うとサイズが合いません(キーボードのほうが大きすぎる)が、携帯性はありますし、本格的にキー入力をするのならこのくらいのサイズのほうがいいでしょう。残念なのはお値段だけですね。

スポンサーリンク

この製品はめちゃめちゃレビュー記事が出回っていて、私がいまさらとやかく言うようなもんでもなさそうです。8インチタブレットは全部ちゃんと動くみたいですし。

スペック

(1)サイズ:262.6×164.6×9.5mm
(2)重量約:353グラム
(3)接続:Bluetooth 3.0
(4)キー配列:80キー(日本語配列)
(5)キータイプ:不明(パンタグラフ?)
(6)キーピッチ:約18ミリ
(7)キーストローク:約1.5ミリ
(8)実売価格:10,580円(Amazon・2014/4/25)

関連レビュー

ThinkPad Tablet 2専用のBluetoothキーボードを使ってみたのです (1/2):ITmedia PC USER
Thinkpad Tablet 2 Bluetoothキーボードがやってきた:Dream Seed

3.マイクロソフト ウエッジモバイルキーボード U6R-00022(U7R‐00022)

Wedge Mobile Keyboard U6R-00022
この製品、型番がU6RとU7Rの2種類ありますが、U6Rが個人向け、U7Rが法人向けとで、中身は同じものということです。したがって、その時々で値段の安いほうを買えばいい、ということになります。Microsoftのハードウェアって、実はデザインもいいし評判もいいんですよね。重さがキーボードカバー込みで400g台の後半と、やや重いですが、キーボードカバーがタブレットスタンドになるというのは便利です。個人的な好みとしては、タブレットに溝がついていて、余計なパーツなしにタブレットを立て掛けられるタイプの方が好みですが、このキーボードはすんごくデザインがいいので、ちょっと考えちゃいます…。

スペック

(1)サイズ:101×21×257mm
(2)重量約:439g(バッテリなし)、約462g(バッテリあり) カバーなしだと254g(電池込み)
(3)接続:Bluetooth 3.0
(4)キー配列:84キー(日本語配列)
(5)キータイプ:パンタグラフ
(6)キーピッチ:18mm前後
(7)キーストローク:約1.5ミリ
(8)実売価格:5,000円(Amazon・2014/4/25)

関連レビュー

モバイルキーボード買うたったww ・・・で、U6R-00022とU7R-00022は何が違うのか?:まったりこんふぃでんしゃる
Microsoftの小型Bluetoothキーボード Wedge Mobile Keyboard U6R-00022 レビュー:おshinoブ

4.ミヨシ(MCO) 有線+Bluetooth両対応の折りたたみ式キーボード TOR-BT02

ミヨシ 折りたたみキーボード TOR-BT02
はいこれ、私が今本命としているキーボードです。折り畳み式キーボードではリュウドというメーカーの製品をよく目にしますが、残念ながらVivotab Note 8 で正常に動かない、というレビューを目にしましたので断念、かわりに見つけたのがこれです。BluetoothとUSB接続の両方に対応しているので、Bluetoothの相性問題も気になりません。Amazonでのレビューも好評のようです。ELECOMのTK-FCP066BKをすでに持っているという前提で、今度は携帯性が高く、それでいてしっかり入力できるものを、ということを考えてました。パンタグラフ式キーボードにアイソレーション・レイアウト、そして145gの超軽量というのがすごい!難点は私が裸族であるということ。タブレットを立て掛けるスタンド類を一切持ってないんですよね。余計なパーツも買いたくないですし、もうちょっと考えようかな、と。スタンド兼用のカバー(スリーブ)持ってる人にはおすすめかも。

スペック

(1)サイズ約W290.7mm × H92mm × D12.1mm(展開時)約W145.7mm × H92mm × D17.5mm(折りたたみ時)
(2)重量約145g
(3)接続Bluetooth 3.0
(4)キー配列79キー(日本語配列)
(5)キータイプ:パンタグラフ
(6)キーピッチ約16.8mm
(7)キーストローク不明
(8)実売価格:7,300円(Amazon・2014/4/25)

関連レビュー

有線。:A Dormouse In The Teapot

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑