Ajazz AK33 RGB Mechanical keyboard - サクサク打てる!コンパクトだけど実用性抜群のメカニカルキーボード!(実機レビュー:ふんぼ)

Ajazz AK33 メカニカルキーボード
どうも、三度の飯よりキーボードが大好き!と言いたいけれど、やっぱりご飯のほうが大好きなふんぼです。やっぱり、ご飯って美味しいですよね。私なんかご飯とお漬物があったらもう何もいらないです。新潟コシヒカリ最高です!

スポンサーリンク

ということで、今回の記事ははいかにご飯が素晴らしいかでした!、・・・・というほど世の中とウィンタブ読者は甘くない(当たり前ですが)ですよね。今回は、皆さんお察しの通りキーボードのレビューです。私は三度の飯より好きとまではいかないですが、無類のキーボード好きで家に使っていないキーボードがゴロゴロ転がっています(アキバに行くとつい買ってしまうんですよねw)。

そして、今回レビューするのはAjazz AK33 RGBというメカニカルキーボードです。実機はgeekbuyingより提供していただきました。geekbuyingにはこの場を借りてお礼申し上げます。

1.スペック

Ajazz AK33 メカニカルキーボード スッペック表
まず、スペックですが特に尖った点もなく「普通のテンキーレス」といった感じです。軸は中華軸で軸色は青となっています。この製品はゲーミングを謳っており、確かに青軸の軽快なクリック感はゲームにはもってこいだと思います。

ちなみに、ケーブルは着脱式で端子は昔懐かしいMini USBです。個人的にはMicro USBは耐久性に欠けると思っているので、Mini USB大歓迎です。

2.外観

Ajazz AK33 メカニカルキーボード 同梱物
まず、内容物はキーボード本体、マニュアル(中国語)、キー引き抜き具、掃除用のハケです。メンテナンス用の道具が同封されているのはありがたいです。

Ajazz AK33 メカニカルキーボード
見て下さい!このキーが直接机から生えているかのようなフォルムを!!このキーボードはフレームレスデザインになっており、一般的なキーボードよりもコンパクトに感じます。また、重量的にも(他のメカニカルキーボードと比べれば)軽い方なのでギリギリモバイルできるサイズだと思います。

配列はやや特殊でEnterキーの横にキーが並んでいます。また、そのせいかShiftキーがやや内側に配置されており、少し使いづらい印象を受けました。

Ajazz AK33 メカニカルキーボード 底面
底面はピアノブラックとなっています。つるつるテカテカで高級感がある反面、ホコリや指紋がつきやすいです。

Ajazz AK33 メカニカルキーボード 背面
背面にはMini USB端子があります。自分でケーブルを交換できるので、ケーブルの長さを変えたり、色を変えたり色々できます。

Ajazz AK33 メカニカルキーボード
エッジはダイヤモンド加工されており、高級感があります。

Ajazz AK33 メカニカルキーボード 軸むき出し
ゲーミングキーボードによく見る、軸むき出しのスタイルです。掃除が楽なのはもちろんのこと、キーボードが汚れているか確認できるので便利です。そして、何よりメカメカくて格好いいです。

また、本キーボードはステップスカルプチャー構造になっており、安いキーボードでよくある「キーが遠くなる感覚」がなく、長時間使用しても疲れにくくなっています。

スポンサーリンク

Ajazz AK33 メカニカルキーボード
角度調節用の脚は1段階で、立てると結構角度がつきます。ちなみに私は立てた状態で使っていますが、程よく角度がついて打ちやすいです。

Ajazz AK33 メカニカルキーボード
軸はZoero製(詳細不明)Cherry MX互換軸の青軸です。私自身メカニカルキーボードは初めてなのですが、打っているときのサクサク感がとても気持ちいいです。ただ、めちゃくちゃうるさいです。多分外で使ったら、白い目で見られること間違いなしですw

Ajazz AK33 メカニカルキーボード バックライト
また、中華メカニカルおなじみのバックライトも搭載しており、発光パターンは全8種類です。ただ、ゲーミングを謳っているだけに、WASDキーだけを発光させるモードがないのが残念です(ぶっちゃけ、バックライトが必要かと言われればそうでもないんですが・・・)。

3.使用感

まず、このキーボードで文字入力をしてみて「めっちゃ気持ちいい!」です。このスイッチ感がたまりません。「カチャカチャカチャ、ターン!」とかやっているだけで、ウィンタブの記事を書いているだけなのに、気分は天才ハッカーですw

ただ、気持ちいいのとは裏腹にやっぱりうるさいです。一人暮らしとかだったら別に大丈夫でしょうけど、そうでない場合は同居者から苦情が出ること間違いなしです。ただ、タイプ音が超絶うるさいのがメカニカルキーボードのアイデンティティみたいなところもありますから、一概に悪いとはいえないんですが・・・・。悩ましいですねw

Ajazz AK33 メカニカルキーボード
そして、このキーボードの最大の利点は何と言ってもコンパクトさでしょう。私のリアルフォース(91key)よりも一回り小さいです。世の中にはもっと小型なキーボードがわんさかありますが、使い勝手が悪かったり、操作性が独特すぎて使う前に挫折してしまったりと、実用的なものはほんの一握りです。その点、本製品はある程度小型でありながらキーの省略がなく、実用に耐えうると私は思います。

Ajazz AK33 メカニカルキーボード
ただ、小型化のせいで右Shiftキーなどの一部のキーの配列が変則的になっていますが、一部の中華ノートPCような実用性を大きく欠くようなものではありません。慣れれば全然気にならないレベルです。

また、ゲーミングと謳っているだけあってWinキーロックや矢印キーをWASDキーにアサインする機能が盛り込まれています。実際ゲームも幾つか試してみましたが、やっぱりメカニカルというだけあって、結構プレイしやすかったです。また、テキスト入力のときは目障り以外のなんでもないようなキーボードイルミネーションも、ゲームのときはテンションを上げるのに一役買ってくれます。(ゲーム中のテンションはめっちゃ大事ですw)
多分ゲームに限定すれば、リアルフォース確実に超えてます。最近、ゲーミング用のリアルフォースなんかも出ていますが、やっぱりゲームにはメカニカルですね。(そして、キーボードイルミネーション!!)

テキスト入力においても、リアルフォースにはかなわないにしろ、メンプレンキーボードよりは数倍いいです。何と言っても、キーを押したらちゃんと戻ってくる感覚というのは打っていてとても楽しくなります。例えるなら、プチプチを潰している感覚に近いですね。とにかく、気持ちよくて楽しいんですよ!

4.価格など

Ajazz AK33はgeekbuyingにて、12月19日現在53.99ドル(6,267円)で販売中です。ちなみに、今回レビューしたのはバックライト付きモデルですが、バックライトなしモデルは若干お安くなっており軸色も選べます。

今回、初めてメカニカルキーボードをじっくりといじってみた感想としては、やっぱり打ってて「超気持ちいい!」です。あまりにも気持ちがいいもので思わず、記事の中で何回も「気持ちいい」を書き連ねてしまいましたが、そのぐらい気持ちが良かったです、

ただ、若干配列が特殊なのと、流石に文字入力ではリアルフォースには及ばないと感じたので私のメインキーボードには残念ながらなりませんでした。しかしながら、コンパクトなサイズ感やゲームとの親和性などリアルフォースにはない利点もたくさんあるキーボードなので、ゲーム用途などのサブキーボードとしてバリバリ使っていけたらなと思っています。

お手頃価格のコンパクトなメカニカルキーボードがほしいという方は検討してみてはいかがですか?

5.関連リンク

Ajazz AK33RGB 82keys Anti-ghosting Ergonomic Mechanical Wired Gaming Keyboard:geekbuying
Ajazz AK33シリーズ:geekbuying

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑